TOP > 競走馬 > 【2015年セントライト記念】気性は激しいが指示には従順!ロッカフェスタ
競走馬

【2015年セントライト記念】気性は激しいが指示には従順!ロッカフェスタ

キャリア2戦と経験値は少ないものの、メンバー唯一の無敗馬でまだ底を見せていないロッカフェスタ。春のクラシックの舞台には立つことができなかったがここで結果を残して菊花賞の出走権を手にしたいところ。そんなロッカフェスタについてまとめてみた。
馬キュレ

【新馬戦】2番手からセンスの高さをみせて圧勝!

まずまずのスタートからダッシュがついて2番手を追走。道中は2番手で折り合い、直線コースを迎える。逃げたモアザンソニックと叩き合いを演じると、残り200mで突き放し、最後は2馬身半のリードをとってデビュー勝ちを収めた。
動画を見る
以下はレース後のベリー騎手のコメント
inyofu 1着 ロッカフェスタ(ベリー騎手) 「いい馬です。もっと距離があった方がいいです。スタートも良かったですし、申し分ないです」

【500万下】好位から抜け出し後続を振り切る!

まずまずのスタートから先行する展開。コーナーで前との差を詰めると直線では前に並びかける。残り200mで先頭に立つと、後続の追撃を振り切り、約1馬身の差をつけて先頭でゴールを駆け抜けた。
動画を見る

田村調教師も状態面に太鼓判!

inyofu 田村師は「良くなって帰ってきた。ここまで順調で、動きもいい」と状態面に太鼓判。「いい位置で運べるし、右回りも距離も問題ない。胸を借りるつもりだけど、いいレースができそう」とデビュー3連勝での重賞制覇、そして、菊切符獲りへ期待を込めた。
5か月半ぶりの前走を快勝した後は、2週間の短期放牧に出されてリフレッシュ。キャリア3戦目での重賞挑戦となるが、状態面では他の有力馬とも遜色はない。

父に続き菊の舞台制覇へ!

inyofu 「体質が弱かったが、休ませて強くなったし、芯がしっかりした。以前はカイバ食いが良くなかったが、体質が強くなったことでカイバもよく食べるようになった」と町田助手。前走の馬体重はマイナス2キロの448キロだったが、数字には表れない中身の充実があった。

今年8月に死んだ父のマンハッタンカフェも、春は1勝馬だったが、夏から一気に力をつけて菊花賞馬に輝いた。その遺児であるこの馬も、似たような成長曲線を描いている。「伸びしろはまだあるし、もっと良くなると思う」とあれば、トライアルどころか、菊花賞でも期待は高まる。

町田助手は「器用さがあるから中山は合う。2200メートルも問題ない」とそろばんをはじいた。ダービー2着馬など、そうそうたるメンバーがそろったが、陣営に気後れする様子はない。

春は体質の弱さからクラシック路線を歩むことはできなかったが、ここにきて休んでいたことが成長につながった。父のマンハッタンカフェは菊花賞でG1馬の仲間入りを果たしており、同じ舞台に出るためにも、何としても結果がほしい。過去2走を見ればそれを可能にすることは十分にありえる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line