TOP > 競走馬 > 【2015年セントライト記念】スタミナ十分!春よりブレなく走る!ミュゼゴースト
競走馬

【2015年セントライト記念】スタミナ十分!春よりブレなく走る!ミュゼゴースト

バゴ産駒のミュゼゴーストは、クラシック路線には乗れなかったものの前走のラジオNIKKEI賞で2着に入って賞金加算し頭角を現してきた。成績も昨年暮れから7戦連続して3着以内に入っており、着実に力をつけていることがうかがえる。前オーナーの諸事情で突然別のオーナーへと代わってしまったが、セントライト記念出走予定馬のなかで上昇度一番といえるミュゼゴーストの近3走のレースを振り返ってみよう。
馬キュレ

【セントライト記念】状態はまずまず。次につながる走りを!

inyofu ミュゼゴーストは北C(ダート)でウオーミングアップの後、南坂路を1本。小気味いいフットワークで駆け上がった。
大江原調教師「まだトモに緩さはあるけど、徐々に良くなって力もつけた。先週の坂路でも馬場が悪いのに上出来の時計。目標は菊花賞だけに次がピークになる仕上げだが、スタミナは十分。見どころのあるレースをしてほしい」

【山藤賞】内からするする抜け出し2勝目!

昇級2戦目となったこのレース。序盤は後方3番手に位置取ると、勝負所の4コーナーで内からじわじわ進出。直線で狭いスペースを突いて最内から伸びると、2着に1馬身リードしてゴールした。
動画を見る
inyofu 1着 ミュゼゴースト(柴田善騎手) 「後ろでジッとしていて、いつでも交わせる手応えがありました。直線でも内から抜けて来られました。前回も上手に走っていましたし、今日はそれが生きたのではないでしょうか」

【白百合S】最内を突いて3着

6番人気に推された一戦。スタートするとぴったり6番手に収まる。折り合いバッチリで迎えた直線。ゴーサインが出されると、進路がないため内へ切り込んで前走同様最内から伸びる。しかし、外から切れ味のある馬に差し切られ3着に入った。
動画を見る
inyofu 3着 ミュゼゴースト(柴田善臣騎手) 「まだいい面も悪い面もそれぞれありますが、今日は秋に向けていいレースをしてくれました」

【ラジオNIKKEI賞】しぶとく伸びて2着を確保!

初重賞挑戦では4番人気の高い評価を得た。スタートが切られると徐々に前のポジションを取りに行く。3番手から抜群の手応えで直線に入ると、外から弾けたアンビシャスには屈したもののしぶとく伸びて2着に頑張り賞金加算に成功した。
動画を見る
inyofu 好位インでうまく立ち回った4番人気ミュゼゴーストが、しぶとく伸びて2着確保。ベテランの妙技を披露した柴田善は「歩きが良くなっていたし、スムーズな競馬ができた。きょうみたいなレースができれば、今後が楽しみだね」と収穫ありの表情。
一方、大江原師は「よく頑張っている。賞金を加算できたのも大きい。この後はひと休みして、秋は菊花賞を目指したい」と話していた。

3歳の半ばで早くも中山や京都など5つの競馬場で走っており、非常にタフであるといえよう。現時点での予想オッズは7番人気と伏兵の存在である。しかし、折り合いも抜群であることから、一部では菊花賞で本命にするというような声もあり、非常に不気味である。また、管理する大江原調教師の看板馬、ミュゼスルタンが骨折で休養してしまっているので、無念の思いを本馬が今後晴らしてくれるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line