TOP > 予想/馬券 > 【第69回セントライト記念】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第69回セントライト記念】最終追い切り情報&タイムまとめ

9月21日(月・祝)に行われる中山競馬場のメーンレース【第69回セントライト記念】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 サトノラーゼン

inyofu 重賞2勝のオーシャンブルー(OP)を相手に余裕の先着。手綱を取った岩田騎手は、自信満々にいいきった。「ラスト100メートルの反応がよくて、最高の追い切りができた。勝つイメージしか湧かない」 朝一番のCWコースで僚馬を2馬身追ってスタート。ゆったりしたラップを刻んだ序盤は少し力む面を見せたが、我慢して折り合う。楽な手応えのまま差を詰め、4コーナーで内へ。ラスト100メートルで軽く気合をつけられると、アッという間に1馬身抜け出して5ハロン70秒4、3ハロン40秒7-12秒6を計時した。全体時計は遅いが、しまいは確かな伸びを披露。

ベルーフ

inyofu 小倉記念で古馬相手に2着と弾みをつけた京成杯馬ベルーフは、栗東CWコースで単走。向正面から入りゆったりスタート。ゴール前で少し仕掛けられたが、十分に余力を残し4F56秒0、ラスト1F12秒8をマークした。「単走でサッと。上積みは感じられるし着実に良化、トモに丸みが出てきた。腰がしっかりし、前走も思っていたより切れた」と池江調教師。

ブライトエンブレム

inyofu ブライトエンブレム(牡3=小島茂)がセントライト記念(21日、中山)に向けて、最終追い切りを行った。Wコースで僚馬2頭を追う形でスタートし、中ゼンノヒストリエ(4歳1000万)と共に外パリソワール(6歳1000万)に内から1馬身先着した。馬なりながら素軽い動きを見せ、準備は整った印象だ。小島茂師は「乗った田辺もいい印象を受けたみたい。休み明けにしては軽い動きを見せている」と高く評価した。

キタサンブラック

inyofu キタサンブラックは、栗東のCWコースで追い切った。前半に速いラップを刻んだため、ラストは一杯に。6ハロン78秒1、3ハロンは39秒0-13秒1でフィニッシュした。それでも清水久調教師は「テンに速かったぶん最後は時計がかかったけど、休み明けにしてはいい」と、納得の表情をみせた。中山は皐月賞の他、トライアルのフジテレビ賞スプリングSをVと、先行力を生かせる舞台。調教師も「中山は結果を出しているし、輸送にも慣れているからね」と巻き返しを期待している。

タンタアレグリア

inyofu タンタアレグリア(牡3=国枝)はWコースで3頭併せ。直線は最内に入り、鋭く先着した。手綱を取った蛯名は「まだ良化しつつある段階だけど、いい方向できている。本番の菊花賞も右回りだし、ここで慣れてくれれば。いい内容のレースができれば、次が楽しみになる」と好感触を得ていた。

グリュイエール

inyofu グリュイエールは戸崎を背にCWコースでダノンアンビシャス(4歳500万)と併せ、しまい重点に5F67秒0~1F12秒4。鞍上の手はラストまで動かず、余力十分に半馬身かわしてフィニッシュ。 戸崎は「ラスト1Fだけ併せるという指示で最後の反応は良かった。春に比べて落ち着きも出てきた。折り合いを付けてスムーズに運べれば」

その他出走馬追って一言

inyofu ◆ジュンツバサ・勢司師 「今までで一番よかった。成長段階ですが、カイバも食べて体つきもいいですし、かなりポテンシャルの高い馬」

◆スモークフリー・柴山騎手 「後ろから行ってしまいを伸ばす感じ。イメージ通りで、すごく乗りやすくて動きもいい。まだこれからよくなりそうなので楽しみ」
inyofu ◆タケルラムセス・田村師 「夏を越してよくなっていますが、ここは相手も強いですね」

◆ブランドベルグ・牧田師 「やり過ぎるとテンションが高くなるので、余力を残したが、いい感じだった。ひと泡吹かせたい」

◆ミュゼエイリアン・黒岩師 「じっくり乗り込んできたので、これで十分。ひと追いごとに息遣いもよくなった。春に比べパワーアップしているのは間違いない」

◆ミュゼゴースト・柴田善騎手 「馬場が重いから時計は速くないけど、動きは悪くない。春はブレがあったが、今はしっかりしてきた」

◆レッドライジェル・藤沢和師 「雨で馬場が悪かったので、追い切りを坂路から芝に替えてやった。時計は速くないけど、感じはいい」

◆ロッカフェスタ・田村師 「前走後は放牧でリラックスさせた。ローテーションを整えてあげれば、安定して力を出してくれるタイプ」

最終追い切りタイム一覧

inyofu ウイングチップ 牡3 56 田中勝春 16日南w良:70.2-54.5-40.3-13.3:一杯
キタサンブラック 牡3 56 北村宏司 16日栗C良:78.7-64.2-51.5-39.1-13.3:一杯
グリュイエール 牡3 56 戸崎圭太 16日栗C良:67.0-52.2-38.6-12.4:馬也
サトノラーゼン 牡3 56 岩田康誠 16日栗C良:70.3-54.8-40.3-12.5:強め
ジュンツバサ 牡3 56 *石橋脩 17日南w重:53.7-39.1-13.2:馬也
スモークフリー 牡3 56 *柴山雄一 17日美ポ良:65.1-50.4-37.3-12.4:馬也
タケルラムセス 牡3 56 *吉田豊 17日南w重:67.8-52.9-38.8-14.6:強め
タンタアレグリア 牡3 56 蛯名正義 17日南w重:71.2-55.3-40.1-12.9:一杯
ブライトエンブレム 牡3 56 田辺裕信 17日南w重:55.8-40.4-12.8:馬也
ブランドベルグ 牡3 56 *松田大作 17日栗坂良:54.2-39.5-12.3:強め
ベルーフ 牡3 56 *川田将雅 17日栗C良:55.7-40.7-12.6:強め
ミュゼエイリアン 牡3 56 横山典弘 16日南w良:55.0-40.4-13.5:馬也
ミュゼゴースト 牡3 56 柴田善臣 17日美坂重:55.0-40.2-13.3:馬也
レッドライジェル 牡3 56 *四位洋文 17日南芝重:69.5-54.0-39.8-13.5:馬也
ロッカフェスタ 牡3 56 *ルメール 16日南w良:66.8-52.4-38.4-13.3:一杯

うまキュレ班のおススメ好調教馬は、キタサンブラック、サトノラーゼン、グリュイエールの3頭。特にキタサンブラックは、栗CWで78秒台というこの日追い切った馬の中で1番時計。また1週前にもしっかり時計を出している。ここに照準を合わしたかのような追い切りの内容に驚くばかりだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line