TOP > 予想/馬券 > 【2015年セントライト記念】上位人気同士では決まらない!?買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【2015年セントライト記念】上位人気同士では決まらない!?買える穴馬の条件はこれだ!

過去10年、1~4番人気の馬が必ず連対しているものの、ヒモ荒れが目立つこのレース。二ケタ人気の馬も4度馬券に絡んでおり難解な1戦だ。果たして今年は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

ステイゴールド産駒が走る!

過去10年、ステイゴールド産駒の成績は(3,0,0,4)。2010年以降の芝2200mでも最多の10勝を挙げている。要チェックだ。
今年の出走メンバー中、唯一のステイゴールド産駒のジュンツバサ。おじのブラックタキシードは1999年のセントライト記念を制した。 ジュンツバサは新馬戦こそ12着に惨敗してしまったが、間隔を空けて立て直された未勝利・500万を連勝している。未知の魅力に懸けるのもアリだろう。

ラジオNIKKEI賞で連対した関東馬を狙え!

過去10年、ラジオNIKKEI賞で連対した関東馬のセントライト記念の成績は(2,0,1,1)とこのレースと相性は抜群。ぜひとも狙いたい。
前走のラジオNIKKEI賞では内を上手く立ち回り2着を確保したミュゼゴースト。好メンバーが揃った5月の白百合Sでも3着に入っている。今回はメンバーが強化されるが、相手なりに走るタイプなだけにここでも上位争いを期待したい。

前走1000万組が最多連対!

過去10年で最も勝ち馬を出しているのは日本ダービーだが、最多の連対数を誇るのは意外にも1000万下で6連対。軽視は禁物だ。
前走は7着に敗れてしまったレッドライジェルだが、一叩きされてここに臨めるため他の有力馬に比べてアドバンテージは大きい。中山コースは2戦2勝と得意にしており、開幕週ながら差しが決まっていた先週の馬場傾向もこの馬の脚質から考えればプラスに働きそうだ。

6番人気以下の馬が馬券に絡まなかったのは過去10年で1度だけの難解なレース。最低でも1頭は人気薄を押さえておく必要がありそうだ。菊花賞への切符を狙った伏兵陣の好走を警戒したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line