TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝2200m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝2200m】

非根幹距離ながらAJCC、セントライト記念、オールカマーと3つも重賞が施行されるこのコース。果たしてどんな傾向が見られるのか?今回はこのコースを枠、血統、騎手などから特徴を探り出しまとめてみた。データは2010年以降のものに基づく。
馬キュレ

【枠順別成績】2枠の好走確率が高い!

馬キュレ
枠順別成績はご覧の通り。4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端がスタート地点で、1コーナーまでは距離が十分にあるため外枠からのスタートでも狙ったポジションを取りに行ける。好走確率は2枠が最も高い。

【脚質別成績】前に行ける馬が有利!

馬キュレ
向こう正面の坂の頂上から3~4コーナー中間くらいまで緩やかなカーブを通ることになるため、そこでスピードに乗りやすく、直線が短いこともあり前に行ける馬が有利となっている。

【種牡馬別成績】ディープ&キンカメを押さえステイゴールドがトップ!

馬キュレ
最多の10勝を挙げているのはステイゴールド。ネオユニヴァースも複勝率、単複回収率が優秀な成績。切れ味タイプよりも持久力タイプを狙ってみたい。

【騎手別成績】関東のお馴染みの騎手が上位独占!

馬キュレ
やはり関東の中堅~ベテランの騎手が上位を独占している。トップは7勝で北村宏騎手と蛯名騎手だが、回収率で見ると北村宏騎手の方を狙ってみたい。柴田善騎手も回収率が高く、人気より上の着順に持ってきているため頼りになる存在だ。

【厩舎別成績】相沢厩舎を狙い撃て!

馬キュレ
(5,4,0,9)の圧倒的な成績でトップに立つ相沢厩舎。ヴェルデグリーンやクリールカイザーなど重賞勝ち馬を輩出しており今後も注目したい。5位の加藤厩舎もかなりの好成績。リーディング常連の堀厩舎も単勝回収率はプラスでお得な存在だ。

買い続けるだけでもプラスに転じるデータが数多くあり、馬券的中につながるヒントがたくさん見つかった。今回挙げた様々なデータを駆使して、一儲けを狙いたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line