TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【血統の1号】9月19日(土)中山11R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【血統の1号】9月19日(土)中山11R予想

馬キュレ
どうも!覆面馬主1号です。

100万馬力だ!鉄腕アト~ム!って古いか、最近、馬力ってあんまり言わないし聞かないな。というより、馬力ってそもそも何だろか?

馬力という単位は、ジェームズ・ワットが蒸気機関の能力を示すのに、標準的な荷役馬1頭のする仕事を基準としたことに始まる。これが英馬力の起源で、数値的には「1秒間につき550重量ポンドの重量を1フィート動かすときの仕事率」
って書かれてたけど、よく分からん。分かるのは、その昔、人に出来ない力仕事を馬に頼んでたから、それを基準に、蒸気機関が〇馬力!って言ったのが始まりなんだな。

にしても、どの馬の力も一緒だって事は、まったくないよな。

さてさて、凱旋門賞の前哨戦、ヴェルメイユ賞。トレヴは、牝馬なのに58,5キロの斤量を背負って、ほとんど持ったまんま、追うところなく大楽勝!化け物だな、この馬。だから、トレヴは普通の馬を1馬力としたら、2馬力とか3馬力とかはありそうだ。
そして、トレヴって馬、いつもすべてのレースで引っかかってるんだよな。どういう事か、ホント理解に苦しむ。

今年の凱旋門賞、フランスダービー馬、ニューベイや、イギリスダービー馬、ゴールデンホーンも、相当に強いな。どちらも強烈な追い込み馬で、あんな馬持ってたら直線は相当ドキドキできそうだよな。

追い込みといえば、今年の中山の芝コースには驚かされるな~!最後方の馬が届く重賞なんて、見たことないぞ。どういう事か分からんが、とにかく差し届く馬場であることは間違いないな。明日は、雨が上がったとしても稍重だろか?だとしても、差しが有利なんだろな。

で、中山メイン、11レース!レインボーステークス!

結論から行こう!

◎9 カムフィー

追い込みといえば、この馬だろうな!この馬、母父が晩成型のノーザンテースト。6歳になった今年から、7歳になる来年、更に円熟味を増してきそうな気がする。レース運びも、4走前のダイヤモンドステークスG3で、斤量51キロとはいえ直線だけで追い込みフェイムゲームの3着は立派だ。前々走の湾岸ステークスも、直線が追いにくくなっての4着。今回のメンバーなら、思い切って外に出して、差しきりまである気がしている。

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝2000m】

◎9 カムフィー
〇8 ライズトゥフェイム
▲5 ダノンフェニックス
☆7 サクラボールド
△3 ダイワリベラル 
△1 レッドセシリア
△10オメガキングティー
△2 ロジサンデー

正直、混戦なので、馬券は、まずカムフィーの単複と馬連、馬単を買う。それと、7枠に2頭入ったので、枠連を押さえに買う。

1号、以上です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line