TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】仲秋ステークス予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】仲秋ステークス予想

馬キュレ
引き続き、データの8号です。

さて、月曜日、阪神のメインは仲秋ステークスです。

芝1400mの1600万下。

今回の狙い目は過去の出走馬全てが3着以内で複勝率100%の「??組み」。今回はそれに該当する1頭が本命です。将来的には重賞も期待できるようで、今の段階から狙っています。

では、どうぞ。
↓↓↓

■阪神11R 仲秋S
芝1400m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神芝1400m】
3歳上1600万下(ハンデ)

1600万下で行なわれたのは12年~14年です。
全出走馬36頭のデータをベースに結論を出します。

●傾向

1、配当と人気

馬連の平均配当3,333円。最高は12年5,420円。最低は13年730円。3連単の平均配当69,763円。最高は14年124,180円。最低は13年6,750円。単勝人気は、1番人気1勝、2番人気1勝。二桁人気は馬券対象になっていませんが、5番人気~8番人気は馬券の対象になっています。

2.性別と年齢

馬券対象9頭の年齢は、4歳3頭、5歳3頭、6歳2頭です。過去3年は全て5歳が勝っていますので勝率は5歳馬が一番良い成績です。ただ、複勝率を全ての出走馬の割合で世代別に見ると、3歳0%、4歳57%、5歳19%、6歳25%、7歳0%。3歳と7歳は出走頭数が少ないので参考程度のデータですが、5歳よりも4歳と6歳が割合では優勢です。
牝馬が好成績で全36頭中11頭が出走。そのうち3着以内4頭、5着以内5頭。複勝率20%の牡馬に比べて36%と上回っています。

3.前走条件
馬券対象馬9頭で6頭は前走が今回と同級。残りは昇級組みです。ただ、3着以内の回数は出走頭数の多い前走同級組みが多いですが、昇級組みは出走した3頭全てが3着以内と複勝率は100%です。この中には前走で500万下を勝ったばかりの1頭が挑戦したのも含まれていますので、昇級組みを積極的に狙うのも手かもしれません。

4.血統

データは「阪神芝1400mの過去3年の種牡馬成績」です。

(※今回の出走馬の種牡馬に限定)

勝利数(4勝以上)
9勝ダイワメジャー
5勝フジキセキ
5勝マンハッタンカフェ
5勝タニノギムレット
4勝ゼンノロブロイ
4勝サクラバクシンオー

複勝率
1位ファストネットロック
2位スズカマンボ
3位ダイワメジャー
4位サクラバクシンオー
5位タニノギムレット

最多勝利数はダイワメジャーの9勝で1位。連対率と複勝率も3位ですので好成績です。また勝率と連対率と複勝率で1位はファストネットロック。同様にこの3部門で2位はスズカマンボです。ただファストネットロックは産駒の出走回数は3回と少なく、スズカマンボは二番目に少ない13回ですので、そこは考慮する必要がありそうです。産駒が40回以上出走して勝率が最もいいのはタニノギムレット、連対率と複勝率ならダイワメジャーです。

以上を踏まえ、最終的な結論は…

◎ブラヴィッシモ
昇級組みを積極的に狙うなら前走で知多特別を勝ったジルダ、もしくは前走でWASJ3を勝ったブラヴィッシモのどちらかですが、今回は後者を選びます。

この馬の父は前述のファストネットロック。産駒は阪神芝1400mで3戦して(2,0,1,0)ですが、このうち1勝と3着1回はブラヴィッシモの戦績です。データは少ないので参考程度に留めるべきでしょうが、この条件が合うもの事実でしょう。

またジルダも買い目の候補に入れていますが、ブラヴィッシモは4戦出走した芝1400mの全てで馬券の対象になっている所もジルダ以上に評価した材料です。どちらも3歳馬と過去の馬券対象馬の年齢からは外れますが、そもそもの出走数が少ないですから、その点は気にしません。それに、ブラヴィッシモは「いずれは重賞でも!」と期待しているみたいなので、その点も加味しています。

◎⑨ブラヴィッシモ
○⑥ローガンサファイア
▲⑦フォーチュンスター
☆⑧シルクドリーマー
△②ダンスアミーガ
△⑤ジルダ

≪買い方≫
単複


馬連
⑨-⑥⑦⑧②⑤

3連単1頭軸マルチ
⑨-⑥⑦⑧②⑤

9月21日(月)中山11R予想はこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】セントライト記念予想

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line