TOP > 騎手 > 謎に包まれた騎手の一日の過ごし方とは?
騎手

謎に包まれた騎手の一日の過ごし方とは?

競馬騎手は騎乗の無い日、どういった一日を過ごしているのか。謎に包まれた競馬騎手の一日を追う。
休日

騎手の朝は早い

朝5時頃から朝調教が毎日あるので騎手はかなり早起きをしなくてはならない。
動画を見る
inyofu 今は冬時間なので、起きる時間は遅いんですが、
それでも普段は5時ごろ起きて、
6時には馬に跨っています。
多いときは7~8頭の調教に跨るので、
そんな日は、6時から11時前くらいまで乗りっぱなしです(T_T)。
調教が終わった後に、朝昼兼用のご飯を食べます。

昼間は暇?

朝調教が終わると騎手はしばらく自由時間になるようである。
inyofu だいたい3時くらいまで、寮にいる人と
ゲームをやったり
将棋をしたり、
睡眠をとったり…
リラックスタイムですね。
inyofu その後は、軽く昼寝をします。
昼からは、お世話になっている厩舎をまわったり、トレーニングしたり、テレビゲームをしたり(笑)ですね…。
朝が早い分ここで睡眠やリラックスする時間を取るようだ。

夕方までは日によってマチマチのスケジュール

inyofu 前の週に乗せてもらった馬や、
それが終わった3時からは、
その週に乗せてもらう予定の馬、
調教をつけて気になる馬などの様子を見に厩舎に行きます。
木曜には出馬投票があるんですが、
競馬に乗せてもらう厩舎に行って勝負服を受け取ったりもします。
だいたい5時か6時くらいまでかかりますね。

夜はけっこう自由な騎手

騎手としての仕事があるのも夕方まで。一般的な社会人と同じくアフター5が存在するようだ。
inyofu 平日の終わった後は、本当に日によって違います。
テニスだったり、
フットサルだったり、
厩舎の人と食事しにいったり。。。
騎手の先輩後輩と食事しにいったりもします
けっこう自由ですね。

騎手の生活は朝がとても早く、昼前に朝調教が終わり自由時間。その後それぞれ厩舎に行ったり、勝負服を受け取りにいったりといった仕事をこなし、夜は自由になるというのが一般的な過ごし方のようである。自由時間は筋トレやスポーツをしてリフレッシュする人、リラックスに重点をおいてのんびり過ごす等ひとそれぞれだが、共通するのは彼らはアスリートとして騎乗のある日に向けて万全の状態を作るために騎乗の無い日を過ごしているのだということである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line