TOP > 競走馬 > 【2015年神戸新聞杯】状態よし!無事にゲートを出てほしい!ティルナノーグ
競走馬

【2015年神戸新聞杯】状態よし!無事にゲートを出てほしい!ティルナノーグ

デビューから2連勝で鞍上の武豊騎手に「キズナみたい」と称されたほどの逸材・ティルナノーグ。しかしその後4度重賞に挑戦するも、結果は奮わなかったが、前走1000万下特別で見事復活した。ここで菊花賞の権利取りなるか?この馬についてまとめてみた。
馬キュレ

ティルナノーグの血統!大物が出る成功パターン!

inyofu Mr.ProspecterとSpecial牝系のNorthern Dancer系種牡馬を併せ持つ配合は、ヴィルシーナ、ディープブリランテ、トーセンラー、デニムアンドルビーなどの大物が出ている成功パターンです。

【紫菊賞】当時のレコードタイムを破る好タイム!

動画を見る
シゲルアオイマツリが引っ張るペースは1000m通過が1.01.6とスローペース。どの馬も最後の直線の末脚に懸ける展開。直線ではトーセンバジルが先に抜け出すも、末脚を伸ばし差し切った。
inyofu 1着 ティルナノーグ 武豊騎手 「いいレースでしたね。成長を感じるレースでした。とにかくいい脚を使います。キズナのような脚でした。デビュー前から期待の大きかった馬ですが、2戦目でさらに夢がふくらみました。楽しみです」

【白百合S】後方から脚を伸ばすも、4着止まり...

動画を見る
先頭マイネルサクセサーの1000m通過は1.00.1とスローペース。直線では一瞬前の馬すべてを飲み込む勢いであったが、そこからなかなか伸びきれずに4着。

【信濃川特別】前走からプラス12kgは成長分!後続を見事完封逃げ切り!

動画を見る
前走からプラス12kgと大幅増であった。好スタートから逃げに徹する。1000m通過は1.01.9とスローペースに持ち込み、直線では瞬発力勝負に。一旦他馬に抜け出されそうになるも、二の脚を使い突き放し先頭でゴールイン。
inyofu 1着 ティルナノーグ(石橋脩騎手) 「メンバーを見ても速くなるとは思えませんでしたし、控えて差し届かなくなるわけにもいきませんでしたが、逃げる想定はしていませんでした。先頭に立つのも無理はしていませんし、今後かかるようになることはないと思います。いい馬ですし、乗せていただいた自分としても落とせない一戦でした」

【1週前追い切り】坂路で好タイムをマーク!

inyofu 前走の1000万特別で古馬相手に逃げ切り勝ちをおさめたティルナノーグ(牡)は、坂路で4ハロン51・9―37・6―24・6―12・5秒と好タイムをマーク。
inyofu 松永幹調教師「今週は目一杯やった。前走後も厩舎に置いて順調にきているし、動きもよかった。あとはテンションを上げすぎないようにやっていきたい」

デビューから素質の高さは評価されていたが、なかなか実力を発揮出来なかったティルナノーグ。ようやく前走で古馬相手に逃げ切り勝ちを収めたが、まだまだこれからである。このレースで何とか3着以内に入り、春に出走が叶わなかったクラシックの舞台に立ってほしい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line