TOP > 競走馬 > 「トーセンバジル」休み明けも状態よし!春よりいい【新潟記念】
競走馬

「トーセンバジル」休み明けも状態よし!春よりいい【新潟記念】

切れ味鋭い末脚が武器のハービンジャー産駒トーセンバジルが新潟記念に出走する。葉牡丹賞を制し神戸新聞杯でも3着と早くから大器の片鱗は見せていたが、脚部不安もあり大舞台に駒を進めることはできなかった。それでも昨年は3連勝でオープン入りを果たし、ジャパンカップにも挑戦した。今年は長距離王道路線でまずまずの活躍を見せ、久しぶりの競馬となるトーセンバジルについてまとめてみた。
トーセンバジル

【ジャパンC】初のGⅠは雰囲気に飲まれ完敗・・・

まずまずのスタートを切ると、中団よりやや後ろの位置で末脚を溜める。しかし、周りはGⅠや重賞で上位の戦いを続けてきた実力馬。切れのある末脚も影を潜め、見せ場なく11着に敗れた。
動画を見る
inyofu 11着 トーセンバジル(内田博幸騎手) 「雰囲気にのまれてしまっていました。今日は相手が強かったです。良い経験になったと思います」

【阪神大賞典】力を付けていることを証明!

道中はシュヴァルグランを前に見る形で後方で脚をじっくりと溜めていく。2周目3コーナーからレースは動き始め、4コーナーで外から徐々に進出し、直線では大外から良い脚を使って3着に入った。
動画を見る
inyofu 3着 トーセンバジル(四位騎手) 「本当はシュヴァルグランを見ながらというオーダーでしたが、テンが思った以上に流れていましたから、この馬のリズムを崩さないように後ろからになりました。リズムを崩してはあまり良くないですからね。前に乗った時より力をつけています。3200mも大丈夫でしょう」

【天皇賞(春)】レコード決着では厳しく...

スタート後1周目から縦長の展開で、11番手あたりの後方馬群に位置取る。勝負所の2周目3,4コーナーでは少し置いていかれ気味で直線コースに向かうが、大外からジリジリと脚を伸ばして8着でゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 8着 トーセンバジル(四位騎手) 「今回はいつもより位置を取りに行ってほしいというオーダーでした。しかし、ペースが速くなると1回置かれてしまうところがあります」

【新潟記念】追い切り 並ぶ間もなく突き放す!

inyofu 天皇賞・春8着以来も動きは上々。栗東CWコースでビッシリと直線を追われ、ラスト1F12秒0の切れ味で並ぶ間もなく、ルペールノエルを1馬身半突き放した。
inyofu 藤原英調教師「いい動き。勝ち負けできる態勢は整った。新潟は内回りで勝っているけど、外回りのほうがいいかな。折り合いは大丈夫。雨さえ降らなければ」

左回りでの実績がある馬にも注目

inyofu 過去10年の新潟記念では、5走前までに左回りの競馬場で「重賞3着以内、もしくは条件クラスで1着」となった経験がある馬が、2013年を除いて連対している。また、該当馬のワンツーで決まった2014年を除けば、該当馬の連対が1頭だけとなっている点は興味深い。

昨年の夏の3連勝の内容としては、いずれも左回りのレースで上がり3F最速のタイムを連発したという好内容。左回りと長い直線はお手の物といったところである。2012年のセレクトセールで億越えで購入された期待馬がここに来て素質開花となれば、レースも大いに盛り上がることであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line