TOP > 予想/馬券 > 【第61回産経賞オールカマー】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第61回産経賞オールカマー】最終追い切り情報&タイムまとめ

9月27日(日)に行われる中山競馬場のメーンレース【第61回産経賞オールカマー 】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 3枠4番 ヌーヴォレコルト

inyofu Wコースで単走追い。直線で岩田が腰に差していたステッキを抜いた途端、すさまじい加速力で伸びていく。蹄の先まで覇気のこもったストライド。時計(5F67秒5~1F12秒6)はいっぱいに追った1週前(Wコース5F66秒0~1F12秒0)よりも遅いが、変化は歴然としていた。「時計よりも中身。ラスト1Fは凄くいい動きだった」と語る岩田の傍らでは斎藤師が一変した理由を説明する。「先週、騎手が強く追ったことで、レースが近づいていると馬自身が察知したんだと思う。馬房の中の雰囲気まで違う」

4枠6番 ロゴタイプ

inyofu ロゴタイプは坂路単走で4F55秒0。時計のかかる馬場をものともせず、馬なりでラスト1F12秒6はさすがG1馬だ。田中剛師は「余裕のある走りだった。乗った助手も“勝手に馬が走ってくれた”と言っていた」と満足げ。大阪杯(5着)以来5カ月半ぶりとなるが「先週Wコースでしっかり負荷をかけて、きょうの調整もうまくできた」と仕上がりに手応えを示した。

2枠3番 ショウナンパンドラ

inyofu ショウナンパンドラは坂路2本目に4ハロン55秒8-12秒7。馬なり単走ながら軽快な動きで、好気配を伝えた。  「2週前と1週前に騎手を乗せてしっかり負荷をかけているので、きょうはサラッと。変則開催はわかっていたし、金曜日に乗りたいので、きょうやるのは予定通りです」と高野調教師は説明した。

3枠5番 マイネルミラノ

inyofu Wコースで単走追い。主戦・柴田大を背に栗色の馬体が弾んだ。大外を回って5F66秒8。「馬場の真ん中を走っていたら65秒ぐらい出ていた。前走の疲れも取れている」と同師が続ければ、柴田大も「前走時と比べても悪くない動きだし、(新潟よりも)小回りコースの方が合っている」と語った。

8枠15番 サトノノブレス

inyofu サトノノブレスが8カ月半のブランクを感じさせない動きを見せつけた。CWコースで3頭併せを行い、ラスト1ハロン12秒8を馬なりで計時。ラブリーデイ(OP)に1馬身の先着を果たした。 「けいこの動きはよかった。骨瘤の具合もよくなっている」と池江調教師。少しムラな面を持っているが、重賞2勝の実績からも力は間違いない。「まだ体がボテッとしているから、1回使ってからかもしれないが、中山は合うと思うので」

7枠12番 マイネルフロスト

inyofu マイネルフロストは、軽く1本登坂した後にWコースへ。松岡騎手を背に外ラチ沿いを軽快に走り、馬なりで6ハロン85秒1、3ハロン39秒6-12秒7をマークした。  2週連続でまたがった松岡騎手は「先週よりは良化している。ただ、まだ休み明けの感じがあるし、1回使った方がいいタイプだからね。ここを使ってさらに良くなってくれば」とジャッジした。

その他出走馬追って一言

inyofu ▼ミトラ(萩原師)ある程度のところまでは仕上がった。AJC杯(2着)で好走した舞台だし、同じような競馬ができれば。

▼タマモベストプレイ(南井師)北海道から戻ってきてからも順調だね。中山は合いそうだし、ここも自分の競馬をするだけ。

▼メイショウカドマツ(藤岡師)ここ目標に仕上がりはいい。

▼メイショウカンパク(佐藤助手)使った方がいいタイプだし、前進は可能。新潟外回りよりは、中山の2200メートルの方がいい。

▼メイショウナルト(水元助手)小倉記念は少し急仕上げの感じだったし、上積みは見込める。この年でも馬は若いし、あとはレースに行っての気分次第。

最終追い切りタイム一覧

inyofu オーシャンブルー 牡7 56 *三浦皇成 24日栗C良:56.0-40.5-13.1:一杯
サトノノブレス 牡5 56 *内田博幸 24日栗C良:86.9-70.4-55.6-41.0-12.7:馬也
ショウナンパンドラ 牝4 55 池添謙一 23日栗坂良:55.8-40.4-12.7:馬也也
セキショウ 牝5 54 *横山典弘 24日美ポ良:62.6-49.7-36.8-13.0:馬也
タマモベストプレイ 牡5 56 津村明秀 24日栗坂良:54.5-39.9-12.6:一杯
ヌーヴォレコルト 牝4 55 岩田康誠 24日南w良:83.5-67.5-53.0-38.6-12.6:馬也
マイネルフロスト 牡4 56 松岡正海 23日南w良:69.4-54.3-39.8-12.9:馬也
マイネルミラノ 牡5 56 柴田大知 23日南w良:83.0-66.8-52.4-38.6-13.0:強め
マリアライト 牝4 54 蛯名正義 23日南w良:86.4-70.3-55.0-40.3-13.1:強め
ミトラ セ7 56 *柴山雄一 24日美坂良:53.2-39.3-13.1:強め
メイショウカドマツ 牡6 56 *田辺裕信 24日栗C良:81.8-67.0-52.7-37.3-13.7:一杯
メイショウカンパク 牡8 56 *吉田隼人 24日栗坂良:54.1-38.8-12.5:馬也
メイショウナルト セ7 56 *大野拓弥 24日栗C良:84.2-67.6-53.6-40.0-12.9:一杯
レッドレイヴン 牡5 56 *柴田善臣 24日南w良:54.7-40.5-12.9:馬也
ロゴタイプ 牡5 57 *M.デム 24日美坂良:55.0-39.7-12.6:馬也

うまキュレ班のおススメ好調教馬は、ヌーヴォレコルト、レッドレイヴン、マイネルミラノ、ショウナンパンドラ。今週は流した馬が多く評価しずらいが、宝塚記念から久しぶりのヌーヴォレコルトの調子は良さそうだ。1週前に南Wで好時計を出しており、最終は軽め。メンバー的に上位の存在なだけに凡走は考えにくい。ただ、あくまで本番はエリザベス女王杯なだけにメイチでないのは間違いないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line