TOP > 予想/馬券 > 【2015年神戸新聞杯】ヒモ荒れ警戒!買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【2015年神戸新聞杯】ヒモ荒れ警戒!買える穴馬の条件はこれだ!

過去5年の勝ち馬はすべて生涯でGⅠ勝利を経験する馬で、春の実績馬が貫録を見せつけることの多い神戸新聞杯。しかし、ここ3年は2,3着に比較的人気薄の馬が飛び込んできており、一筋縄ではいかない印象もある。果たして今年は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

名手・武豊の手腕に期待!

ここ4年は馬券に絡んでいないが、2005年から2010年までの6年間で5度も3着以内に入った実績のある武豊騎手。先週のローズSでもトーセンビクトリーをきっちり3着に持ってきて秋華賞の権利取りに成功しており、今週も同じような活躍を期待したい。
デビュー2連勝した時期には来年のクラシック候補との声も上がったティルナノーグだったが、その後は精彩を欠いてしまった。しかし、前走の信濃川特別ではこれまでのレースとは一転して、逃げの競馬に出るとラスト3F33秒1の脚を使い、久々の勝利を挙げた。ここにきて脚質に幅が出たのは好材料で、自在なレースぶりで上位進出を狙う。

オープンクラスで勝ち星のある馬を狙え!

過去8回の連対馬16頭中12頭がオープンクラスで勝ち星を挙げたことのある馬だった。上のクラスでもきっちり勝ち切ったことのある馬を評価したい。
皐月賞トライアルの若葉Sを制しながらも、本番は回避になってしまったレッドソロモン。休養明けとなった前走のレースでは0秒4差の3着に逃げ粘った。他の有力馬に比べ1度使った上積みが見込める今回は、得意の先行策から押し切りがあっても驚けない。

日本ダービー出走馬が強い!

日本ダービーに出走していた馬の成績は過去8年で(7.5.2.24)と圧倒的な成績を残している。今年は該当馬が2頭と少なく、狙いは立てやすい。
皐月賞は4コーナーでの不利、日本ダービーでは不運な大外枠と春2冠では十分に力を発揮できなかったタガノエスプレッソ。弥生賞では3着に食い込んでおり、スムーズなレースさえできればこのくらいの距離でも好走は可能だろう。実績の割に人気にならなさそうなここは絶好の狙い時かもしれない。

1番人気が予想されるリアルスティールだが、骨折明けに加え血統から考えるとこの距離は少し忙しい印象もあり、付け入る隙はありそう。この馬の走り次第ではとんでもない配当が飛び出る結果も考えられる。穴馬の好走による高配当を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line