TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】9月26日(土)大阪スポーツ杯予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】9月26日(土)大阪スポーツ杯予想

馬キュレ
どーも皆さんこんばんは
覆面馬主・データの8号です。

さて、土曜日、阪神のメインは大阪スポーツ杯です。

ダ1400mの1600万下。
比較的平穏な結果の多いレースですが、1番人気の勝率はそれほど高くありません。

そして、今回の狙い目は、近走好走を続けていて、また、厩舎、騎手、血統のデータで、ほぼ「満点」に近い条件の揃う1頭。久々でも仕上げているそうなので楽しみです。

では、どうぞ。
↓↓↓

■阪神11R 大阪スポーツ杯
ダ1400m
コース分析ができれば馬券は当たる!【阪神ダ1400m】
3歳上1600万下

データは07年、09年~14年の7年間です。(08年はダ1800m)

●傾向

1、配当と人気

馬連の平均配当1,240円。最高は09年3,850円。最低は13年170円。3連単の平均配当45,260円。最高は07年171,720円。最低は13年1,930円。単勝人気は、2番人気が最多3勝、4番人気が2勝。一方、1番人気は1勝。1番人気は必ずしも勝率が高くありません。ただ、連対率は70%超と最も高く、この点の信頼度は高いデータです。

2.前走条件

前走条件はクラス別で、同級1600万下組みが最多5勝、2着と3着の回数も最多です。それに続くのは前走1000万下組みで計2勝。ただ、連対率と勝率なら1000万下組みがトップ。複勝率ならオープン特別組みがトップと、必ずしも1600万下組みが飛び抜けて良い成績とは言い切れません。

前走距離は、1400m組みと1200m組みが各3勝。ただ、連対馬の数なら1200m組みの4回に比べて、1400m組みは7回と大きくリードしています。また、前走1800m組みも2頭が連対していますが、全体としては1400m組みが好成績を残しています。

3.前走着順

過去7回の馬券対象馬21頭中で、約半数の11頭は前走で4着以内。好走組みが結果を残しているのは間違いありません。ただ、残りの10頭は、それ以下の着順。前走6着~9着の馬券対象馬は5頭。前走10着以下の馬券対象馬も5頭います。前走で好走していた馬の好走歴は高いですが、それでも半数は前走で掲示板に載っていない馬。あまり前走着順に縛られる必要はないと思います。ただ、前走で1600万下より下のクラスで勝っていない馬は、過去に何頭か出走していますが、1頭も馬券対象になっていません。前走大敗組みを狙う場合でも、現級と同じクラスか、それより上のクラスで走っていた馬を狙うのが無難でしょう。

4.厩舎(阪神ダ1400mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

勝利数(3勝以上)
3勝・西園厩舎
3勝・吉村厩舎
3勝・今野厩舎

複勝率
1位・昆厩舎
2位・松下厩舎
3位・吉村厩舎
4位・今野厩舎
5位・西園厩舎

5.騎手(阪神ダ1400mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

勝利数(10勝以上)
20勝・川田騎手
18勝・福永騎手
12勝・武豊騎手
12勝・和田騎手
11勝・岩田騎手

複勝率
1位・福永騎手
2位・川田騎手
3位・四位騎手
4位・武豊騎手
5位・岩田騎手

6.血統(阪神ダ1400mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

勝利数(2勝以上)
10勝キングカメハメハ
5勝サウスヴィグラス
4勝ケイムホーム
2勝フレンチデピュティ

複勝率(出走数10回以上)
1位キングカメハメハ
2位ケイムホーム
3位フレンチデピュティ
4位サウスヴィグラス

複勝率は産駒の出走数が10回未満は除く。出走予定馬の父の産駒が10回未満は、ハーフアワーズ産駒が1戦1勝、オアシスドリーム産駒が6戦複勝率50%、コリンシアン産駒が6戦複勝率33%になります。割合だけならキングカメハメハの上になります。

以上を踏まえ、最終的な結論は…

◎アルボナンザ
阪神ダ1400mで行なわれた過去7回で合計出走頭数は91頭。前走のクラス別では1600万下組みが最多5勝。一方、勝率と連対率なら前走1000万下組みが最もいい数字を出しています。また、前走の出走距離では1200mと1400mが各3勝を上げています。ただ、連対率なら回数と割合でどちらも1400m組みが優勢。狙いの中心には、やはり前走1400m組みを考えるのがベターでしょう。また、このレースは過去7回の馬券対象馬21頭で約半数は前走4着以内と好走していますので、今回はこれらの条件に当てはまる馬を狙います。

前走1600万下、または1000万下で1400m戦に出走し、着順も4着以内はアルボナンザとサンレーンの2頭。そして、今回本命にするのはアルボナンザです。サンレーンとは甲乙付け難いですが、近3走は現級で連続3着以内と安定した成績は信頼度が高く、魅力的なのは確か。また、休養明け5ヶ月振りですが、もどうやら「出来上がっている」と、しっかりと仕上げて臨むようなので、この点も評価できるポイントです。この辺りは管理する昆厩舎の手腕でしょうし、また、データ的にも前述の通りで同厩舎の複勝率1位はとても魅力的。もちろん、騎乗する四位騎手の複勝率が3位。父キングカメハメハに至っては勝利数と複勝率で1位。データ的にはほぼ満点です。今回は各データを素直に信頼して、アルボナンザに期待します。

◎②アルボナンザ
○③サンレーン
▲⑤コリンブレッセ
☆⑨ダノンクリエーター
△⑦ナリタシーズン
△④コウユーサムライ

≪買い方≫
単複


馬連
②-③⑤⑨⑦④

3連単1頭軸マルチ
②-③⑤⑨⑦④


9月26日(土)中山11R予想はこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】9月26日(土)セプテンバーS予想

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line