TOP > 予想/馬券 > 【第19回シリウスステークス】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第19回シリウスステークス】最終追い切り情報&タイムまとめ

10月3日(土)に行われる阪神競馬場のメーンレース【第19回シリウスステークス】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 ダノンリバティ&ランウェイワルツ

inyofu 音無厩舎の2騎が坂路で併せ馬を行った。を追いかける形でスタート。ダノンは馬なりのままラスト300メートルぐらいで早々に並びかけ、一杯に追われるランウェイをグイグイ突き放して3馬身先着した。時計も4ハロン51秒7-12秒8と優秀だ。
inyofu 音無調教師はダノンについて「具合はいいし、スピードがあって攻めも走りすぎるぐらい。ただ、それだけに2000メートルまで距離が延びてどうかだね。ダートの適性は十分」と見通しを語った。 ランウェイの方は「攻めより実戦タイプ。今後のためにも何とか賞金を加算したいし、2000メートルという距離ならこっちの方が向くかも」

アウォーディー

inyofu 初ダートの前走を快勝したアウォーディーはCWコースで半弟ラニ(2歳未勝利)と併せてビッシリ追われると、貫禄の7馬身先着。 松永幹師は「稽古は目立って動く方じゃないし、十分でしょう。順調ですよ」と納得の表情を浮かべた。

ナムラビクター

inyofu ナムラビクターは、坂路単走でラスト2F12秒6→13秒6をマーク。稽古駆けせず1F14秒台が当たり前のタイプだったが、この中間は動けるようになっている。 福島師も「しっかり追えたし素直になっているね。3週間前から、この感じが続いている」と満足げ。

ニホンピロアワーズ

inyofu 阪神開催時代のJCダート勝ちがある古豪ニホンピロアワーズは、栗東ポリトラックコースで酒井騎手を背に長めスタートから終い重点で追われ、ラスト1F11秒4(強め)をマーク。年齢的に絞りにくくなっているのか、いくぶん太く見せるが中間も含めて好調時と遜色ない動きを見せている。いい状態にありそうだ。

トウケイヘイロー

inyofu 今回初のダート挑戦となるトウケイヘイローは黒岩騎手(レースは松若騎手)が騎乗し、栗東坂路を単走。終いの伸びだけ確認する内容となり、4F55秒2-1F12秒4(馬なり)を楽にマークした。夏に連戦をこなしており、年齢的なものもあって上積みこそ強調できないがこの馬なりのいい状態は維持できているようだ。

マルカプレジオ

inyofu ベテルギウスS、仁川Sと阪神ダート2000mのオープン特別で2勝を挙げているマルカプレジオは荻野琢騎手(レースは福永騎手)を背に栗東坂路を単走。序盤から積極的に進み、ラストはステッキが入るハードな内容を消化し、4F52秒3-1F12秒9(一杯)をマークした。一見平凡だが、坂路で走らないこの馬としては自己ベストに0秒2迫る好時計。帰厩後の初時計は9月13日で、いささか急仕上げな感は否めないが、格好のつくデキには仕上がっているようだ。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆アメリカンウィナー・戸田師 「使ってよくなり、いいときの感じに戻ってきた。ハンデ(54キロ)も手頃だし、ここでも見劣りはしないと思う」

◆キクノソル・北出師 「もう少し全体の時計が速くてもよかったが、ルメール騎手には感触をつかんでもらえたと思う。前回より積極的な競馬をしたい」

◆キングヒーロー・大橋師 「先着して具合はよさそう。初の2000メートルになるから、54キロでどこまでやってくれるか」

◆グランドシチー・相沢師 「休ませたので歩様は柔らかくなっていますが、久々は走らないタイプ」
inyofu ◆トウケイヘイロー・清水久師 「4走目となるので、しまいだけ。芝スタートは絶好だし、初のダートは血統的にもこなせそう」

◆トウシンイーグル・和田騎手 「追走して遅れたが、変わりない状態。条件は合うのでモタれず走れば」

◆ナムラビクター・福島師 「ここ3週はスムーズに追い切れているし、大人になったのかな。夏の放牧からも10キロほど増えて帰ってきた。昨年の2着時よりメンバーも楽になっている」

◆ニホンピロアワーズ・大橋師 「攻めはサッと。距離は長いほどいいから、雨で時計の速いダートになってくれれば歓迎だが…」

◆マルカプレジオ・今野師 「休み明けでもいい形で仕上げられてきたし、今週も好調教。久々もいいタイプで、今回のベスト舞台なら楽しみ」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アウォーディー 牡5 55 武豊 30日栗C良:84.4-68.8-54.0-39.9-12.4:一杯
アメリカンウィナー 牡6 54 *幸英明 30日美ポ良:68.7-53.2-38.8-12.7:強め
キクノソル 牡5 55 *ルメール 30日栗坂良:55.6-40.0-12.6:強め
キングヒーロー 牡6 54 小牧太 30日栗坂良:53.4-38.5-12.3:馬也
グランドシチー 牡8 58 津村明秀 30日南w良:69.0-54.5-40.6-14.1:強め
ダノンリバティ 牡3 55 *戸崎圭太 30日栗坂良:51.7-37.9-12.8:強め
トウケイヘイロー 牡6 58 *松若風馬 30日栗坂良:55.2-39.1-12.4:馬也
トウシンイーグル セ7 55 *和田竜二 30日栗坂良:53.1-38.1-12.6:一杯
ナムラビクター 牡6 58 M.デム 30日栗坂良:54.3-39.4-13.6:一杯
ニホンピロアワーズ 牡8 58.5 酒井学 30日栗ポ良:81.4-65.4-51.0-37.3-11.4:強め
マルカプレジオ 牡7 57 福永祐一 30日栗坂良:52.3-38.5-12.9:一杯
ランウェイワルツ 牡4 56 *浜中俊 30日栗坂良:52.4-38.6-13.4:一杯

うまキュレ班のおススメ好調教馬は、ダノンリバティ、ナムラビクター、アウォーディー、キクノソル、ニホンピロアワーズ。特にダノンリバティは、併走馬ランウェイワルツを煽って仕掛けるとあっさり抜き去ってしまった。元々調教では動くタイプだが、1週前追い切りで自己ベストを更新。更に状態は上向きの印象だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line