TOP > 予想/馬券 > サマースプリント組が中心!?【第49回スプリンターズステークス】予想まとめ
予想/馬券

サマースプリント組が中心!?【第49回スプリンターズステークス】予想まとめ

10月4日(日)中山競馬場で行われるメーンレース【第49回スプリンターズステークス】は秋のGIシリーズ開幕戦。今年は王者不在の混戦模様だ!今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向(2014年新潟競馬場の開催含む)

inyofu 同年の実績に注目

過去10年の連対馬延べ20頭中12頭は、同年のJRAのGI またはGII において連対経験のある馬だった。該当馬は連対率30.0%、3着内率35.0%と好走率でもその経験がなかった馬を大きく上回っている。年明け以降にJRAのGI またはGII で連対した実績を持っている馬は比較的信頼できるようだ。
inyofu 前走で先行していた馬は堅実

前走がJRAのレースだった馬について、そのレースでの4コーナーの通過順別に成績を調べると、前走の4コーナーを「3番手以内」で通過していた馬が3着内率40.5%をマークしているのに対し、「4番手以下」だった馬は3着内率10.5%とやや苦戦している。馬群の中団や後方からレースを進める馬よりも、先行力が高い馬を重視すべきだろう。
inyofu 前走が芝1200m以外のレースだった馬は不振

過去9年の3着以内馬延べ27頭中、2010年3着のサンカルロを除く26頭は前走で「芝1200m」のレースに出走していた。ちなみに、10年前の2005年の3着以内馬はいずれも前走で芝1600mのレースに出走していたが、それ以降は「芝1200m」のレースからの臨戦馬が圧倒的に優勢だ。
inyofu △単勝50倍以上
(0-0-2-47)
×7歳以上で当日4番人気以下
(0-0-0-34)※外国馬除く
△牝馬で当日4番人気以下
(0-0-3-25)
△追い込み
(0-1-3-36)
×前走10着以下で当日7番人気以下
(0-0-0-21)※外国馬除く
△明け6戦以上
(0-0-2-35)

中山1200m騎手&種牡馬別成績(2010年以降)

inyofu 横山典弘(17-6-11-49) 20.5% 27.7% 41.0%
蛯名正義(14-8-10-69) 13.9% 21.8% 31.7%
北村宏司(10-14-5-96) 8.0% 19.2% 23.2%
三浦皇成(6-8-8-69)  6.6% 15.4% 24.2%
戸崎圭太(5-4-7-37)  9.4% 17.0% 30.2%

ルメール(4-0-0-4)  50.0% 50.0% 50.0%
武豊  (3-2-1-9)  20.0% 33.3% 40.0%
岩田康誠(3-0-0-13)  18.8% 18.8% 18.8%
M.デム(1-2-0-6)  11.1% 33.3% 33.3%
川田将雅(1-1-1-4)  14.3% 28.6% 42.9%

四位洋文(1-1-0-5)  14.3% 28.6% 28.6%
国分優作(1-0-0-2)  33.3% 33.3% 33.3%
酒井学 (0-3-0-6)   0.0% 33.3% 33.3%
浜中俊 (0-0-2-4)   0.0% 0.0% 33.3%
松山弘平(0-0-1-3)   0.0% 0.0% 25.0%

藤岡康太(0-0-0-3)   0.0% 0.0% 0.0%
inyofu サクラバクシンオー(23-13-12-154)11.4% 17.8% 23.8%
サクラプレジデント(7-3-3-28)  17.1% 24.4% 31.7%
ネオユニヴァース (6-3-0-29)  15.8% 23.7% 23.7%
ダイワメジャー  (5-10-5-55)  6.7% 20.0% 26.7%
アドマイヤムーン (5-2-4-31)  11.9% 16.7% 26.2%

ディープインパクト(4-1-5-22)  12.5% 15.6% 31.3%
フジキセキ    (3-9-5-43)   5.0% 20.0% 28.3%
アドマイヤコジーン(3-5-4-24)   8.3% 22.2% 33.3%
ストーミングホーム(0-2-2-19)   0.0% 8.7% 17.4%
オンファイア   (0-1-0-10)   0.0% 9.1% 9.1%

スタチューオブリバティ(0-0-1-5) 0.0% 0.0% 16.7%
Closing Argument (0-0-0-1)   0.0% 0.0% 0.0%
Holy Roman Emperor(0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%

敵は他馬というより初の中山 ベルカント

inyofu 敵は他馬というより初の中山1200でしょう。 アイビスSDは快速馬らしく久しぶりの勝利。 問題は次だな、と思っていましたが強かったですね。 テン3F32.7という小倉らしい前傾ラップで 先行馬が1頭、また1頭と潰れていくなか、 1頭だけ後続を突き放す横綱相撲。 ラップも減速しているどころか加速しています。 下手に息を入れるより、むしろ一本調子で 走った方がいい血統(+戦績)なので坂をこなせれば 中山はむしろ得意な部類に入るはず。 阪神の重賞勝ってますしこなせると信じています。
前々走のアイビスサマーダッシュと前走の北九州記念を連勝して、サマースプリントシリーズのチャンピオンの座に輝いた。過去に本レースを連覇した父サクラバクシンオーから受け継いだ非凡なスピードを武器に、父仔制覇を目指す。

好勝負になる ストレイトガール

inyofu 前走は強い競馬とは言えないが久々の前哨戦としてはまずまずの好内容だった。過去はぶっつけも多かった中で今回はきちんとトライアルを使えたことに価値がある。器用な印象もあるが窮屈な競馬になると伸びのあるフットワークを発揮できないので、多少外枠で伸び伸び走れた方が良い印象も。急坂コースも問題ないかむしろプラスで、ここも好勝負になる。
前々走のヴィクトリアマイルを優勝して、念願のGIタイトルを獲得。約4か月の休み明けで臨んだ前走のセントウルSでは、終始馬場の外めを回る距離ロスがありながらも、4着まで追い上げた。実戦を1度使われた上積みが見込めるだけに、昨年の本レースで2着に敗れた雪辱を果たしたい。

王者になれるだけのモノがある アクティブミノル

inyofu 前走は遅い流れに見えるが、番手のハクサンムーンが失速し、後方待機のウリウリやマヤノリュウジンがそこそこ来ているように数字以上に厳しいレースだったはず。それを休み明けで勝ち切ったこの馬に自信の本命。好位からでもレースはできるがスタートの出足は現役では間違いなくトップ。枠次第だが、また逃げの作戦をとってほしい。斤量増も57キロで2着があるので問題なし。 王者不在のスプリント界だが、この馬には王者になれるだけのモノがある。
前哨戦のセントウルSをマイペースで逃げ粘って優勝。1200mの距離は3戦3勝と、まだ一度も負けていない。まだまだ成長の見込める3歳馬だけに、今回、強力メンバーに入ってどこまで通用するのか、試金石の一戦になりそうだ。

速い流れが希望 ウリウリ

inyofu 他馬と比べるとトモが弱く、スプリント戦の速い流れだとスタートダッシュが効かないウリウリ。また同馬にとって最大の武器である一瞬の切れを生かすには後方からの競馬が一番合っている為、やはりある程度は前崩れが見込める速い流れが希望だろう。追い込み馬と言っても捲くっていくタイプではなく、直線まで死んだ振りをして最後ズドンと来るタイプだけに他馬以上に展開には左右されるタイプだが・・・。流れが向けば非常に鮮やかな追い込み劇を演じる可能性は結構高いはずだ。
初めて1200mの距離に参戦した前々走のCBC賞を優勝すると、前走のセントウルSでは、スタートで出遅れながらも、出走メンバー中最速となる末脚を駆使して追い込み、勝ち馬とハナ差の2着まで追い上げた。今回、持ち味の瞬発力をフルに生かせるハイペースの展開になれば、最後の直線で前にいる馬をまとめて差し切るシーンが見られるかもしれない。

休み明けはプラス ミッキーアイル

inyofu 休み明けはプラスで、1200mもまだ2戦目なので、距離鮮度も残っていると思います。前に行く馬も多く展開的には厳しくなるかもしれませんが、前走差す競馬をしたので、今回前に行くレースをすればチャンスはありそう。
前走の安田記念で好スタートを決めたが、道中で掛かり気味に追走した分最後の直線で余力が残っておらず、15着と大敗。前走を見る限り、折り合いに欠く馬で基本的にマイルは長い。今回は約4か月ぶりの実戦になるが、休み明けでも力を発揮できるタイプで巻き返したい。

侮れない存在 サクラゴスペル

inyofu この馬の父サクラプレジデントとこの馬の騎手である横山典騎手は中山1200mの好走率が非常に高いという組合せです。 これはやや怖い存在だなと思いますが、サクラゴスペル自体が速い時計勝負に厳しいところがあります。 ただこの馬は今年に入って2勝も重賞を勝っており侮れない存在であるのは確かかなと思います。
戦績を見れば中山1200巧者。7歳馬ながら抜群の安定感を示している。ロードカナロアがいた2年前よりもメンバーレベルが落ちている今回、適性の差が或る分、普通に走れば上位争いをして何もおかしくない。

みんなの予想は


過去データ、血統面、充実度を考えると、うまキュレ班の本命はベルカント。過剰人気は否めないが、前走見たらもう折り合いも問題無さそう。夏にCBC賞取消明けでも2戦2勝してきて、馬体重もプラス続きで今回の調教も抜群。不安なのは初の中山と見えない疲れ、坂のあるコースをベストとは思えないが持ち前のスピードで押し切る競馬を期待。対抗はストレイトガール。前走のセントウルSは大外回してタイム差なしの4着は好走と判断したい。馬場が悪くならない限り、馬券内には入ってきそう。印は

◎ベルカント
○ストレイトガール
▲アクティブミノル
△ミッキーアイル
×サクラゴスペル
☆ウリウリ、ティーハーフ、リッチタペストリー

馬券はベルカントとストレイトガールのワイドを厚めに
◎3連複一頭軸に印の馬で勝負だ

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line