TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】10月3日(土)阪神9R・中山12R・シリウスS予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】10月3日(土)阪神9R・中山12R・シリウスS予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

エンパイアメーカー、米国に凱旋帰国決定

いやー、このニュースには驚きましたね。
今年、アメリカンファラオが37年ぶりに米国三冠馬に輝いた時点で、その祖父にあたるエンパイアメーカーに“買戻しのオファーがあるのでは”という噂が私のような弱小馬主の耳にも入っていました。

今回は、まさにそれが現実となった訳ですが、エンパイアメーカーは日本でも絶賛活躍中の人気種牡馬。
特に最近では、菊花賞に出走を予定しているワンダーアツレッタや、新馬戦で鮮烈なデビューを飾ったダンスインザムードの娘カイザーバルなど、芝でも優れたパフォーマンスをみせる産駒が続々と登場してきた矢先でした。

私6号も、重度の“エンパイアメーカー産駒が欲しい病”に掛かっていましたが、弱小馬主には共同購入するにしても少々お高い価格。
これからは、そのチャンスもどんどん減るだけに、産駒の活躍を見守るだけで終わってしまいそうな雰囲気です。。


さて。
土曜日の予想に行く前に、阪神メインのシリウスS(GIII)について少しだけ。
近5年のレース傾向では、1着馬に共通するデータが2つあった。

・1つ目は、5頭全てが7月以降のレースに出走していたこと
・2つ目は、5頭全てが前走が重賞なら5着以内、それ以外のレースなら1着、という成績を残していたこと

今年のメンバーでこれをクリアするのは、アウォーディーとダノンリバティの2頭。
パドック気配や当日の馬場次第で、どちらかをアタマに狙ってみてはいかがでしょうか。


それでは、明日の予想に参りましょう。
土曜日のターゲットは、ダート1400mで行われる阪神9R『ヤマボウシ賞』(2歳500万円以下)。
待ちに待った、今年最初のダートによる2歳特別戦です。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

阪神ダート1400mのスタート地点は2コーナー奥のポケット地点。京都1400mや東京ダート1600mのように芝コースからのスタートとなるため、外枠に芝がダメな馬が入ると行き脚がつかない。
スタートしてから暫くは平坦。残り1000m付近からは下り坂になるため、芝部分の距離が長くスピードに乗りやすい外枠にアドバンテージがある。
また、最初のコーナーまでが500mと距離があるため、ペースが速くなってハイペースになりやすいのも特徴。
したがって、最後の直線で上がりが掛かるようなタフな展開になることも少なくない。
ダート競馬らしく基本は先行馬が有利だが、ペース次第では差し馬が届きやすいコースといえる。


このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★阪神ダート1400m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:ミスプロ系キングカメハメハ (17勝)
・勝率 :ミスプロ系キングカメハメハ (約12%)
     :ミスプロ系プリサイスエンド (約12%)
・連対率:サンデー系アグネスタキオン (約24%)※複勝率も37%で1位
・単回収:サンデー系ダイワメジャー  (回収値250)
・複回収:サンデー系プリサイスエンド (回収値113)

勝ち数ベスト10のうち5頭を占めるサンデー系が好相性。
その他ではキングカメハメハ、プリサイスエンド、アグネスデジタルの3頭がランクインしているミスプロ系。
短距離でもややタフなコースで、東京1400mや京都1400mでベスト10に入っているサウスヴィグラス産駒は、このコースでは(3-5-0-39/47、勝ち数24位、連対率17%)という成績で、あまり得意ではない印象だ。


★☆土曜阪神9R・『ヤマボウシ賞』の予想☆★

参考にするのは、2012~14年に同条件で行われたヤマボウシ賞。

①傾向
過去4年の馬連平均配当は1,730円。
新しい順に390円、2,820円、1,960円。

すべて5番人気以内の決着だが、配当はそれなりにつく印象。

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2014(1→3人気)
2013(4→5人気)
2012(4→2人気)

1番人は(1-0-2-0/3)、2番人気(0-1-0-2/3)。

③位置取り
連対馬4頭の4角位置  ※括弧内は左が1着
2014(7→3番手)
2013(3→1番手)
2012(8→4番手)

逃げ馬の連対は、2013年の2着馬のみ。
差し馬も2連対しており、注意が必要。

④所属
連対馬のうち5頭が関西馬。

⑤種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない。
なお、過去3年では外国産馬が必ず1頭は連対しており、引き続き注目。

⑥騎手
相性の良い騎手は浜中騎手で1勝、2着1回、3着1回。

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑦前走間隔
連対馬6頭すべてが、前走7月以降のレースに使われていた。

⑧前走コース・距離
連対馬6頭の前走コースと距離は以下の通り。

新潟ダ1200m :2頭
中京ダ1400m :1頭
中京芝1400m :1頭
阪神ダ1200m :1頭
阪神ダ1400m :1頭

前走1000mに出走した馬の連対がない点に注意。

⑨前走クラス
連対馬6頭の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。

前走・芝OP:1頭(7) ※中京2歳S
前走・新馬 :5頭(すべて1着)

前走新馬組が5頭で優勢。

⑩キャリア
連対馬6頭全てのキャリアは1~2戦。
また、ダート未経験馬の連対はなかった。


データは以上。

まだキャリアの浅い2歳馬同士の一戦だけに、能力の比較は難しいイメージ。
ただ、このレースで連対した馬の中には、のちの2歳交流重賞で掲示板に載る活躍をした馬が3頭おり、要チェックのレースであることは間違いない。

データから重視したいのは、⑨前走クラスと⑩キャリアの2項目。
過去の連対馬6頭は、すべてダートのデビュー戦で快勝しており、今年これに該当するのはプレスティージオ、コラッジョーゾ、ゴブレット、エポックの4頭。
ただし、1000mでデビューした馬の連対例はなく、コラッジョーゾは減点。
残りの3頭の中から本命を選ぶことに。

☆阪神9R・結論☆
 ◎⑯エポック
 ○⑫ゼンノサーベイヤー
 ▲⑩ゴブレット
 △③プレスティージオ
 △⑦キーロフ
 △⑪バデル
 △⑭コパノリスボン

今回、本命に推したいのは◎エポック。
前走は芝の重賞に果敢に挑戦したが、殿負けを喫してしまった。ただ最後は流していただけに着差はそれほど気にする必要はないだろう。
当然、前走の結果は“芝のマイル戦が合わなかった”だけであり、度外視可能。
それでも、スタートしてから楽に好位につけられるスピードは見せており、芝スタートとなる今回へ向けての収穫はそれなりにあったといえる。

デビュー戦では、このレースで人気を集めるゼンノサーベイヤーを競り負かしており、このメンバーでも能力は1枚上の感がある。
さらに、直前の調教を見る限り当時よりパワーアップしていることは間違いなく、再度ゼンノサーベイヤーを返り討ちにすることも十分に可能だろう。

○は、外国産馬のゼンノサーベイヤー。
過去3年で毎年連対馬を出しているように、このレースでは仕上がり早の外国産馬には注意が必要。
また、今回と同じコースで行われた前走を好時計勝ちしている点も強調できる。
ただ、デビュー戦では前述のエポックに直接対決で敗れており、臨戦過程の良さとコース経験の有無だけで逆転できるかは疑問。
よって、今回は2番手評価まで。

▲は、交流重賞のエーデルワイス賞と両にらみだったが、こちらを選択してきたゴブレット。
能力的には前記2頭に遜色ないと思われるが、直前の追い切りが今ひとつだった印象で少し割り引いた。

△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は単勝と馬連

 単勝⑯
 馬連⑯ = ⑫⑩③⑦⑪⑭

少額で2頭軸の3連複

 ⑫⑯ = ⑩③⑦⑪⑭


-----------------------
★☆おまけ、の土曜中山12R『3歳上500万下』の予想☆★

おまけは、中山ダート1200mで行われる『3歳上500万下』をピックアップ。

このレースで注目したいのは、チェリークラウン産駒のチェリーサマー。
そのマイナー血統ぶりは、先日中央初勝利で話題となったオウケンマジック産駒のオウケンダイヤにも引けを取らない。

こういう馬主愛に溢れる血統の馬に頑張って欲しいと願うのは、同じ馬主ならずとも競馬ファンなら皆同じはず。

チェリーサマーは、中央転厩初戦でいきなり0.1秒差の2着に好走した。
そのときの勝ち馬は、後の兵庫チャンピオンシップ3着、関東オークス2着のポムフィリアだけに価値は高い。
その後は、惜敗が続き未だに中央初勝利を挙げられてはいないが、能力的には500万下なら十分に足りそうだ。

今回は休養明けで古馬とは初対戦になるが、課題とされる気性面の成長が見られれば、十分に好勝負できるだろう。

鞍上の松岡騎手は、このコース(27-26-32-207/292、勝ち数7位、連対率18%)という成績。それなりだが、決して悪くはない数字だ。

○は、前走が惜しい競馬だった3歳馬アサマ。

▲と△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

☆中山12R・結論☆
 ◎⑩チェリーサマー
 ○①アサマ
 ▲⑥イアペトス
 △⑤デュナトス
 △⑧ツクバインパクト
 △⑨カイマノア
 △⑭ウインオベロン

馬券の本線は単勝と馬連

 単勝⑩
 馬連⑩ = ①⑥⑤⑧⑨⑭

少額で3連複フォーメーション

 1頭目 ⑩①
 2頭目 ⑩①⑥⑤⑧⑨⑭
 3頭目 ⑩①⑥⑤⑧⑨⑭

※実績データは2010/01/01~2015/01/01に行われた中山ダート1200mが対象

チェリーサマーは少し応援馬券のきらいはありますが、気になった人はぜひ1票投じてみてくださいね。
以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line