TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】10月3日(土)シリウスS予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】10月3日(土)シリウスS予想

馬キュレ
覆面馬主・妄想の2号です。

さて!世間は盛り上がっているのか盛り上がっていないのかイマイチよく分かってはいないんですが、GIシリーズ開幕ですよ!と、僕の中ではかなり盛り上がっている2号です。

え?なに一人でそんなにはしゃいでいるのか?ですって?

もしかすると、この秋のGIシリーズ中のとあるGI戦に、仲間内で持っている馬が出走するかもしれないからなんです!ま、色々クリアしなければならない条件はあるのですが、次走、京都のとあるレースを勝ってくれれば!そんな夢のような話も、具現化してくるんですよね!

正直、地方GIには何度か持ち馬を出走させた事はありましたが、実はワタクシ中央のGIには馬を出した事がありません。そういう意味では、どんなGIレースよりも、次の京都のとあるレースに出走を予定している持ち馬のレースが気になっている状況です。

まぁ、まだ先の話なんですが、仲間内でも非常に盛り上がっていますし、調教師も「勝ち負けになると思いますよ!」と言ってくれているので、完全に妄想が暴走している状況です。調教師のコメントはリップサービスかもしれないですが、それでも結果が出るまでは夢を見ていたいので信じておく事にします(笑)

僕は、馬の成績もさることながら、こういった妄想をする事で「元を取る」タイプの馬主ですから、最大限の妄想を楽しんでいます。惨敗したときには、妄想が走りすぎてしまった分、反動も大きくなるんですが、大体タラレバ三昧の反省会をして一日寝ると、次の妄想に突っ走れるタイプです。

馬主にもいろんなタイプの馬主がいますが、僕はそんなタイプです!

覆面馬主軍団のコラムを読んで馬主になりて~な~と思っている皆様!是非馬主になって欲しいと思います。そして、一緒にここでコラム書いてください(笑)

さて、今週はシリウスSにスプリンターズSに凱旋門賞ですね!

今日は、シリウスS!

元々地方馬主が長かったワタクシとしては、ぶっちゃけダート競走大好きです!とは言ったものの現実は、ダート競走が好き・・・というよりも、セリなどで「この馬いいなぁ~と思う馬のほとんどが、ダート向きの馬ばかり・・・」という大変偏った相馬眼の持ち主なわけです。となると「あのセリで良い!と思った馬デビュー後どうなってるかな~」なんていう感じで、レースを追いかけていくと結局ダート競走ばかり集中して見てしまう・・・と言う結果に陥るわけですよね。なので、ダートの予想も好きなんですが、砂の6号にその分野のコラムは取られてしまった・・・という感じで今に至ります。がしかし、重賞ならワタクシもダート競走の予想を担当できる!ということで、シリウスSは実は楽しみにしていたんですよね!

ということで早速予想!

今回は中々面白いメンバーになったと思っています。
準OPを初ダートで勝ち上がったアウォーディー、良馬場のパサパサ馬場ならやはりGI好走レベルにあるナムラビクター、ダート路線への変更がドンピシャなダノンリバティ、それ以外にも伏兵候補は沢山いるので、色々な入り方の出来るレースですね。

もちろん、各馬一長一短は有るんですが、僕の中で良馬場ならこの馬!と言う意味で言えばナムラビクターです。
週末の天気予報とにらめっこした限りでは雨は降りそうも無いんですが、金曜日正午のJRA発表の阪神競馬場の馬場状態を見てみると、ダートは不良。これが、当日どこまで回復するのか???という点に関しては現時点では予測が付きませんので、良馬場は難しい・・・という観点で予想を組み立てます。

となると、狙うは元芝での好走組。
時計への対応はお手の物と言うわけですから、しまった馬場でスムーズに走れれば時計対応には一日の長があると見ています。

◎8ダノンリバティ
〇2アウォーディー
▲5トウケイヘイロー
☆3ナムラビクター
△10ランウェイワルツ
△9マルカプレジオ
△12キクノソル

これで行こうと思います!

ダノンリバティの戸崎騎手に関しては、2走前のレパードSで2着に取りこぼしているんですが、あの時のレースを見ると砂をかぶるのに慣れていない事でダノンリバティ自身も「イヤイヤ」をしていたように見えました。前回はそのあたりも気をつけて丸山騎手が上手く乗っていたと見ますし、ダートも3戦目なら多少は砂をかぶる事にも慣れてきたのではないでしょうか?今回も外目の枠ですし、スムーズなレースが出来ると見て本命にしました!〇のアウォーディーに関しては前走がお見事!と言うレース。確かに上手く行き過ぎた感は否めませんが、パワフルな走りはむしろダートの方が合ってる!と思わせてくれるものでした。▲のトウケイヘイローが今回の僕の伏兵馬の筆頭ですね。芝スタートの阪神2000mは実は試してみる価値あるのでは?と以前から思っていた条件。父ゴールドヘイローはダートで好走する産駒を数多く出してますし、すんなり逃げられて、尚且つ馬場が締まっているなら一発有るかもしれません。粘り自体は全盛期のそれではないですが、楽しみはあると思っています。実力馬ナムラビクターには☆を。これ以上評価は下げられないですが、馬場が締まっているレースよりは良馬場でのパワー勝負型なので、☆が妥当かと。△3頭に関してはより一長一短はあるのですが、ハンデ戦であるなら一発の魅力があります。展開や位置取り次第にはなりますが押さえたいと思います。

買い方
勢いのある音無厩舎のダノンリバティは3着以内はハズさなそうな気がしています。ただし、伏兵の一発の魅力も十二分に兼ね備えたメンバー構成に見えますし、ダノンリバティ自体の距離適正の問題もあるので、取りこぼす可能性はもちろんあります。ということで、3連単の軸1頭マルチ90点で買いたいと思います!

2号、シリウスS以上です!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line