TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】スプリンターズS予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】スプリンターズS予想

馬キュレ
覆面馬主・妄想の2号です。

いよいよスプリンターズSですね!
土曜日のシリウスSは〇→◎→☆の1・2・3着でど本線寄りの決着にもかかわらず、買い方を間違えましたね…トリガミです。
それにしても、アウォーディー強かったですね。武豊騎手も重賞300勝の区切りの勝利。明日はどんなレースを見せてくれるのか楽しみですね!それにしても、ダノンリバティの戸崎騎手は何故あんなに前に行ったのか?距離的な問題もあったのですから、もう少し後ろから進めると思ってたんですが…。イマイチ乗れてないような気がするんですよね…。

そんな土曜日の流れも含めて、妄想開始です。

ハクサンムーンが何が何でも逃げる!という宣言をしていますが、本当に逃げられるんですかね?おそらく、テンのスピードはアクティブミノルの方が早いと思います。そうすると、ミッキーアイル、コパノリチャードはアクティブミノルを見ながらの3・4番手。仮にハクサンムーンが逃げるとすると、アクティブミノルの内側からしごいてしごいてハナ先をねじ込んで、先頭に立てるのは、2ハロン地点くらいか?となると、どう考えてもハクサンムーンだけにはハイペースで、アクティブミノル・ミッキーアイル・コパノリチャードにとってはミドルペースという事になります。アクティブミノルは番手でも競馬出来ますし、行きたいなら行けば…という形でハクサンムーンに誘導を任せるかもしれませんね。となると、その後ろの番手ポケットにベルカント。その外にアクティブミノル、その外にコパノかミッキーアイル。ハクサンが行けないとすると、アクティブミノルがハナ、ベルカントがポケット、ミッキーアイルがその外。

なんですかね?これ。
正直、超ハイペースというより、ハクサンムーン以外はミドルペース。
人気馬ウリウリ・ストレイトガールは後ろからの馬。
これ、実は、前のこっちゃいませんかね?
しかも、武豊を囲んで栗東の若手ジョッキーがまるで露払いでもするかのような隊列になりますね。

ベルカントは買えない!というデータは沢山あります。
・バクシンオー産駒はスプリンターズSで不振…
・サマースプリントの王者はスプリンターズSを勝って無い…
揃えて行けばきりは無いんですが、上記の隊列が敷かれるのであれば、なぜ武豊がコパノリチャードではなくこちらを選んだのか?という事に加えて、さらにその判断に女神が付いた!と思わざるを得ないのかな?と感じます。

というのも、ベルカントは結構モタレ癖がある馬で、基本的にはラチを頼りながら走りたいタイプだと思います。本来こういう追いづらい馬に武豊騎手は合わないと思うのですが、コパノリチャードよりこちらを選びました。

コパノリチャードにしても、GI馬です。
ムラはあるとは言え、まだまだ見限るのには早いと思うんですよね。確かに武豊騎手が乗ってからはGI馬の実績には遠く及ばない結果しか出ていませんが、それでも今回ミルコが乗る訳ですからジャッジは間違えたくなかったはず。

武豊になりきって、こう妄想しました。
コパノは確かにうまく行けば上位には食い込めるかもしれない。しかし、勝つまでのレースは出来ないだろう。しかし、ベルカントならもし内枠が引けてラチを頼りにレースが出来れば勝ちもある!外枠を引いたら惨敗もあるかもしれないが、その運に賭けてみよう!

と、こう考えたんじゃないかな?と。

あくまで妄想ですが、武騎手にとって上位という結果は必要ないと思います。それよりも、大きく負ける可能性も有るけど、勝てる可能性のある馬に乗る。こういう事だと思います。シリウスSでのアウォーディ―も前田オーナー武豊コンビでの勝利。ベルカントも前田オーナー武豊騎手のコンビ。厩舎はそれぞれ、元騎手の松永幹、角田晃一。一発ありそうで狙ってみたくなりました。ただし、中山全く合わず…という事も考えられるので、来るなら頭。負けるなら馬券圏外と考えているので、2パターンの馬券で行きます!


結論です。

◎7ベルカント
〇2ストレイトガール
▲12ウリウリ
☆9アクティブミノル
△6ウキヨノカゼ
△13ミッキーアイル
△16ティーハーフ
△1リッチタペストリー

買い方

パターン1
ベルカントハマった!の巻き。

ベルカントの単勝を本線に

3連単フォーメを少々
1着 ◎
2着 〇▲☆
3着 〇▲☆△△△△
の18点。

パターン2
ベルカント沈没ですか…の巻き。

戸崎騎手捌ききれず、伸びてきましたが〇ストレイトガールの2着!と読みました。
実際内枠は馬券圏内には来るのですが2着…というケースがここ10年でも多いんですよね。

〇2着固定で1着に▲☆△△△△の6点。

2号はこの2パターンの馬券を買います!

以上です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line