TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】スプリンターズS予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】スプリンターズS予想

馬キュレ
7号だ。

これはやばい。
老馬主からの電話ですっかり青ざめた。

老馬「はいはいおはようございます。所でアンタ。この前仲間内で持つ1歳馬逹のリスト送ってくれたけどさ、一頭忘れてるっしょ」
7号「え?マジっすか?ハーツにボーラーにブラックタイドにキングヘイローにナカヤマフェスタに…、あれ?何か忘れてましたっけ?」
老馬「フレンチ忘れてるっしょ…」
7号「え?フレンチ?あれ?ローエングリンじゃなかったでしたっけ?」
老馬「最初にローエングリン行ったら種とまらなくて、その後フレンチ行ったっしょ!」
7号「あ…あの右前ガッツリ内向してるヤツですね…アレ、モノになりそうなんですか?」
老馬「育成も調教師も気にならないっていってるぞ!」
7号「ホントですか!じゃぁ育成にすぐ移動させなきゃなりませんね。」
老馬「はいはい。皆さんにもすぐに連絡しといてくださいね~」

・・・
あぶね~。
すっかり忘れてた。
機嫌よかったから助かったが、ぶっちゃけ最後に見たのが当歳時の6月だから、かれこれ1年4か月も失念してたわ。
あの内向が気にならないところまで行ったとは、装蹄師も削蹄に相当苦労しただろうな。
つーか、ほんとに削蹄だけであんな内向の脚がそんなに良くなるものなのか…。

ん?
皆さんにもすぐ連絡しといてくださいね?
いつもなら、すぐ行って見てきて!
って言うはずなのに…
さては、良からぬ事でも考えてやがるのか…

老馬主、恐るべし。
ソッコーで飛行機の予約をした。


という事で、スプリンターズS!

秋のGI開幕戦!
スプリンターズSといば、マイネルラヴがタイキシャトルを破った年のレースが俺の中では印象深い。
断然人気のタイキシャトルを危険馬だ!と言い続け、競馬仲間からは「お前あほか?」と言われ続けて、それでも信念を曲げずにマイネルラヴを軸にど本線シーキングザパールでの万馬券的中ではいどーん!したレースな。

今回もそんなズバリ!と行きたいものだが、俺の中で今期の中山の馬場がイマイチ自分のイメージとフィットしない。
どうにもイメージしづらいんだよな…。

まず、スプリンターズSって内枠の馬勝ってねーんだよな。
そして、サクラバクシンオー産駒も勝ってない。
サンデー系種牡馬やサンデー母父もダメなんだよな。

ストレイトガールは内枠。
ベルカントはバクシンオー。
ウリウリ、ミッキーアイルはディープだからサンデー系。

人気馬が全て過去の撃沈データにハマっちまってるじゃねーか…。
1号のアニキは歴史は繰り返す!と言っているが、バカラ的に言わせてもらえば、ここは新目が出るタイミングだろ!

今までのデータ上厳しかった馬の中から逆張りで本命を打つ!
とはいえ、歴史は繰り返すというのはバカにしちゃいけない。
一瞬の踏み遅れや捌き遅れが致命的になるスプリント戦でGIともなれば、距離ロス云々よりも動きたい時に動けて、スムーズに運べるか?という事の方が重要なんだろう。その事が、内枠の成績を悪くしている重要な要因であるなら、そこは歴史は繰り返されるという事かもしれない。

となれば、ストレイトガールは本命に出来ない。

続いて血統。血統は数が揃ってこそのデータだと考えれば、サクラバクシンオーが勝っていないのには様々な理由が考えられる。過去出走したバクシンオー産駒に比べて、ベルカントも期待感はあるが、勝てると言い切れるタイプではない。

となると、ベルカントの本命も無い。

サンデー系と一言で言うが、ディープ産駒と他サンデー系は違うと考える。
つまり、ディープインパクト産駒はサンデー系に組み入れず、完全に独立させてディープ系と考えた方が良い。

となると、本命はウリウリかミッキーアイルのどちらかだ!

牝馬のウリウリか牡馬のミッキーアイルか?
前目のミッキーアイルか?後方からのウリウリか?
ノーザンF産のミッキーアイルか?ノーザンファーム産のウリウリか?

って、またノーザンかよ。
フラアンジェリコなんてここに使ってきたのは、ぶっちゃけ補欠一番手だったビッグアーサーを出走させないための嫌がらせなんじゃねーのかね?でられる権利があるから出ても良いが、この後のローテーションは中距離路線を進む予定らしいじゃねーか。なんだかな。

ってこの話を広げると明日の朝までコラム書いてそうだから、結論。

◎12ウリウリ
〇13ミッキーアイル
▲2ストレイトガール
☆6ウキヨノカゼ
△9アクティブミノル
△15コパノリチャード
△7ベルカント
押さえで1リッチタペストリー

ウリウリの前走は向こう正面で馬体をぶつけられて掛かったよな。あれが無けりゃ突き抜けてた可能性も有る。これだけ先行タイプが揃えばスローは考えづらい。となれば、外目でスムーズに流れに乗れそうなこの馬が本命。対抗は同じくディープ産駒のミッキーアイル。逃げるのか控えるのか?中途半端な立場になっちまってるが、スピードは抜群。前走は度外視して、先行3~4番手からの流れ込みを期待する。▲ストレイトガールは内枠から上手く捌ければ…という条件が付くので出来は良いがこの評価。ウキヨノカゼは母父フサイチコンコルドで引退した藤田伸二の同期四位が乗る。サンデー系オンファイアだが、ディープの全兄弟という事を考えればディープ系に無理やり組み込んでみる。

ということで、老馬主さんからの電話も、母父フレンチのウリウリの存在を忘れるなよ!という啓示だと思えば、今日の流れもきれいに締めくくることが出来る。

買い方
◎ウリウリからの馬連!

少額で3連単フォーメーション

1着 ◎〇
2着 ◎〇▲☆
3着 ◎〇▲☆△△△押さえ

36点。

重賞オフレココラム以上!

じゃーな!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line