TOP > エンタメ・雑学 > 観戦その後に!競馬場近くの癒しスポット
エンタメ・雑学

観戦その後に!競馬場近くの癒しスポット

レース観戦で熱狂すると、思った以上に体力を使う。そこで今回は、各競馬場ごとのオススメ癒しスポットをまとめてみた。
神社

東京競馬場の癒しスポット【大國魂神社】

inyofu 大國魂神社は
大國魂大神[おおくにたまのおおかみ]を
武蔵の国の守り神としてお祀りした神社です。
この大神は、出雲の大国主神と御同神で、
大昔、武蔵の国を開かれて、人々に衣食住の道を教えられ、
又、医療法やまじないの術も授けられた神様で、
俗に福神、又は縁結び、
厄除け・厄払いの神として著名な神様です。
inyofu 御供田の苗
現在の東京競馬場の敷地内にかつて、神社の御供田があり、そこで "くらやみ祭" の翌日、5月6日にお田植え祭という神事が行われていました。この神事では裸の子供が田植えの終わった田で相撲をとるのが習わしでしたが、翌朝になると、相撲で荒らされた苗が不思議にも真っ直ぐに起き、また収穫時になると農民が持ち寄った各種の苗が、皆一斉に穂を出したと言う事です。
レース観戦後は大國魂大神に行って、心を落ち着かせてはいかがだろうか。
神社の厳かな雰囲気と府中の自然が調和した空間は心を癒してくれる。次回の馬券的中をお願いするのもいいだろう。

中山競馬場の癒しスポット【法華経寺】

inyofu 当山は鎌倉時代の高僧日蓮聖人が最初に開かれたお寺であります。
中山競馬場周辺の隠れ休息スポット法華経寺。本堂以外にも大仏や五重の塔などがあり、敷地も広い。
レース観戦後は霊験あらたかな法華経寺でリフレッシュしてはいかがだろうか。

京都競馬場の癒しスポット【與杼神社】

inyofu 現在の本殿は昭和50年の焼失により昭和55年3月に建立されました。 その間の昭和50年から54年まで伊勢神宮より「由貴御倉」を拝領し元の本殿敷地内に仮本殿として安置、氏子各位の浄財のご寄進を募り建て替えとなりました。三間社流造りで屋根は銅板葺きで床面積46平方メートルとなっています。
重要文化財にも指定され、1000年以上の歴史をもつ與杼神社。その厳かな雰囲気は息抜きをするのにぴったりだ。

函館競馬場の癒しスポット【ホテル雨宮館】

inyofu ホテル雨宮館では、豊富な湯量の「湯の川温泉の源泉を100%利用」し、再利用せず、掛け流しで大変ご好評頂いております。 また、水風呂も井戸水掛け流しとなっておりますので、いつも清潔にご利用頂けます。
宿泊客以外にも400円の入浴料で温泉に入れるホテル雨宮館。
競馬場で流した汗を流すも良し、冷えた体を温めるも良しの癒しスポットだ。

各地にある競馬場周辺の癒しスポットをまとめてみた。
熱気あふれるレースを観戦したあとは、静かな場所で癒されて明日の活力としよう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line