TOP > レース > いちょうSから名称変更の新設重賞!第1回【サウジアラビアロイヤルカップ】
レース

いちょうSから名称変更の新設重賞!第1回【サウジアラビアロイヤルカップ】

2015年10月10日(土)に東京競馬場で行われる芝1600メートルの新設重賞、第1回【サウジアラビアロイヤルカップ】。
昨年に新設された2歳重賞であるいちょうSを改称して行うこととなったこのレースを、レース傾向や今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【サウジアラビアロイヤルカップ】歴史!

inyofu 本競走は、2014年に2歳馬の競走体系のさらなる充実およびローテーションを整備する観点から「いちょうステークス」として新設された重賞競走で、東京競馬場・芝1600mを舞台に馬齢重量で行われた。2015年は、日本とサウジアラビア王国の外交関係樹立60周年にあたることから、これを記念してレース名が「サウジアラビアロイヤルカップ」へ改称された。
inyofu 中央競馬特別指定交流競走として3頭までの地方競馬所属馬が出走できるほか、国際競走に指定されており、9頭までの外国馬に門戸が開放されている。
昨年までは【いちょうS】として行われていた【サウジアラビアロイヤルカップ】。近年の【いちょうS】優勝馬には、クラリティスカイやイスラボニータ等、後にGIを制する馬が多かった。

昨年は【いちょうS】として行われていた!

動画を見る
昨年、同時期に同じ舞台で行われていたいちょうSを勝ったクラリティスカイは、今年のNHKマイルCで優勝した。一昨年に勝利したイスラボニータも皐月賞を制しているので、サウジアラビアロイヤルカップも、今後のGI戦線につながる一戦となる可能性は高い。

【サウジアラビアロイヤルカップ】レース傾向

inyofu 前走好走馬が強い
過去10年のいちょうSの優勝馬10頭は、いずれも前走の着順が「1着」か「2着」だった。一方、前走で3着以下に敗れていた馬は優勝例がなく、5着以下に敗れていた馬は3着が最高だ。前走の着順が良かった馬を素直に重視すべきだろう。
inyofu なお、前走の着順が「1着」だった馬のうち、そのレースで2着馬に「0秒1以上」のタイム差をつけていた馬は、3着内率34.6%とより優秀な好走率をマークしている。前走で「1着」だった馬同士を比較する際は、2着馬にある程度の着差をつけて勝利していた馬を重視したいところだ。
inyofu 差す競馬で結果を残している馬が優勢
過去10年のいちょうSでは、JRAのレースで4コーナーを6番手以下で通過して連対した経験のある馬が、3着内率40.5%と高い好走率をマークしている。各馬の戦績を比較する際は、差す競馬で連対した経験がある馬に注目してみよう。
inyofu 左回りでの実績も重要
過去3年のいちょうSの3着以内馬9頭は、いずれもJRAの左回りのレースで連対経験のある馬だった。2012年からは夏季競馬期間中に東京競馬場で2歳馬のレースが開催されていることもあり、今回と同じ左回りコースでの出走経験や実績の重要性が増しているのだろう。
サウジアラビアロイヤルカップは新設重賞なので、昨年まで行われていたいちょうSのレース傾向を基にしてデータが作られている。サウジアラビアロイヤルカップのレース傾向では、【前走の着順が1着か2着・そのレースで2着馬に0秒1以上のタイム差をつけていたらなお良し】【JRAレースで4コーナーを6番手以下で通過して連対した経験あり】【JRA左回りのレースで連対経験あり】の競走馬が好走する傾向にある。はたして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか?

第1回【サウジアラビアロイヤルカップ】登録馬!

inyofu アストラエンブレム 55 浜中俊
アポロジョージア 55 吉田隼人
イモータル 55 戸崎圭太
クラウンスカイ 55 大野拓弥
コスモプロテア 55 柴田大知
ゴッドカリビアン 54 秋山真一郎
シトロン 54 嘉藤貴行
トウショウドラフタ 55 吉田豊
ハレルヤボーイ 55 北村宏司
ファジーネーブル 54 未定
ブレイブスマッシュ 55 横山典弘
マコトルーメン 55 勝浦正海
リセエンヌ 54 蛯名正義
今年の【サウジアラビアロイヤルカップ】は13頭の登録があり、全頭が出走可能となっている。注目はエックスマークの半弟であり、新馬戦圧勝のイモータルであろう。

第1回【サウジアラビアロイヤルカップ】予想オッズ!

inyofu 人気 馬名 予想オッズ
1 アストラエンブレム 2.0
2 イモータル 3.1
3 リセエンヌ 5.6
4 ブレイブスマッシュ 11.6
5 マコトルーメン 11.8
6 ハレルヤボーイ 15.0
7 シトロン 42.9
8 トウショウドラフタ 46.8
現時点での予想オッズでは、イモータルが2番人気、ブライトエンブレムの半弟アストラエンブレムが1番人気となっている。

第1回【サウジアラビアロイヤルカップ】有力馬は!?

【前走の着順が1着・そのレースで2着馬に0秒1以上のタイム差をつけていた】【JRAレースで4コーナーを6番手以下で通過して連対した経験あり】【JRA左回りのレースで連対経験あり】アストラエンブレム
inyofu アストラエンブレム(牡2・小島茂之)も、高い素質を感じる一頭だ。7月5日のメイクデビュー中京(芝1600m)は2着に敗れたが、2戦目の未勝利(新潟・芝1600m)を1分34秒8の走破時計で快勝。本馬は、父がダイワメジャー、母が2008年の秋華賞優勝馬ブラックエンブレムという良血で、1歳年上の半兄ブライトエンブレム(父ネオユニヴァース)は、昨年の札幌2歳S優勝、今年の皐月賞4着などの活躍を見せている。今回は2か月余りの休み明けとなるが、10月1日に美浦南Wコースで行われた1週前追い切りでは、5ハロン68秒9をマーク。折り合い重視の内容で時計自体は目立たないが、全身を無駄なく使ってダイナミックな動きを披露した。今回好結果を出すことができれば、この先はビッグレースでの活躍が見込めそうだ。
【前走の着順が1着・そのレースで2着馬に0秒1以上のタイム差をつけていた】【JRA左回りのレースで連対経験あり】イモータル
inyofu マンハッタンカフェ産駒のイモータル(牡2・須貝尚介)は、8月9日のメイクデビュー新潟(芝1800m)で、2着馬に5馬身差をつける大物感十分の勝ちっぷりを披露した。今回は2か月の休み明けとなるが、9月30日に栗東坂路で行われた1週前追い切りでは、時計の出やすい馬場コンディションだったとはいえ、自己ベストの4ハロン51秒1を計時し、併走馬のオツウ(古馬オープン)に1馬身半ほど先着。躍動感あふれるフットワークを披露しており、一段と迫力が増した印象を受ける。500キロを超える大型馬で、体にはまだ緩さが残り、成長途上の段階だが、ここも勝って通過点にするようなら、今後の活躍がますます楽しみになる。
【前走の着順が1着・そのレースで2着馬に0秒1以上のタイム差をつけていた】【JRAレースで4コーナーを6番手以下で通過して連対した経験あり】【JRA左回りのレースで連対経験あり】ブレイブスマッシュ
inyofu トーセンファントム産駒のブレイブスマッシュ(牡2・小笠倫弘)は、前走となった9月6日の未勝利(札幌・芝1500m)で、後続に5馬身差をつけて初勝利を挙げた。10月1日に美浦南Wコースで行われた1週前追い切りでは、レースに騎乗予定の横山典弘騎手を背に、長めからしっかりと負荷をかけられて、6ハロン85秒0をマーク。併走馬を2馬身ほど追走し、直線で楽に抜き去る迫力満点の動きを披露した。コンスタントに実戦を使われている分、上積みこそ少ないが、状態は高いレベルで安定している。本レースで好結果を出して、今後の活躍につなげたい。

2015年10月10日(土)に東京競馬場で行われる芝1600メートルの新設重賞、第1回サウジアラビアロイヤルカップ。 
1勝馬同士の戦いがメインとなる為、データが少ないが、ここは前走をぶっちぎりで勝利したアストラエンブレム、イモータル、ブレイブスマッシュの3頭を推したい。
特にマンハッタンカフェ産駒イモータルは、父を彷彿とされるダイナミックな走りが特徴で、将来が楽しみな存在。亡き父に勝利を奉げる為にも、ここは好走を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line