TOP > 予想/馬券 > 【第1回サウジアラビアロイヤルカップ】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第1回サウジアラビアロイヤルカップ】最終追い切り情報&タイムまとめ

10月10日(土)に行われる東京競馬場のメーンレースで新設重賞の【第1回サウジアラビアロイヤルカップ】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 アストラエンブレム

inyofu アストラエンブレムは坂路単走。小島茂師自らが手綱を取り、終始馬なりで4F56秒6、1F13秒4。 時計も見た目の動きも軽く流した程度だが「1週前も先週末もしっかりやっているし、直前は気持ちを整えるだけ。これで十分。前回(未勝利V)の追い切りはシュッと軽い動きだったが、今回はグッとくるというか、圧力のようなものを感じた」と仕上がりに自信を見せていた。

イモータル

inyofu タイムの出やすい馬場開門直後だったとはいえ、坂路4ハロン51秒6、ラスト1ハロン12秒3の数字は今の時期の2歳馬としては優秀。500キロを超す大型馬とは思えない素軽い動きで、アドマイヤゴッド(1000万下)と併入した。 榎本助手は「調教を積むたびに、よくなってきました。戸崎騎手も『前回と比べて一歩、一歩が力強くなっている』といってくれました」と気配のよさを強調した。

ブレイブスマッシュ

inyofu Wコースで古馬に楽々と先着した追い切りを見届けると、小笠師の姿を追って厩舎へと急いだ。 横山典を背にした最終追いは切れのある動き。小笠師は高木の問いかけに「楽な手応えで、しまいはしっかり。ジョッキーとうまくコンタクトできていた」と納得の表情。

マコトルーメン

inyofu 新潟2歳Sで3着だったマコトルーメンは1週前にしっかり追われているため、美浦ウッドでの最終追いは勝浦騎手が伸びを確認する程度の内容。前向きさにあふれており上々の行きっぷりを見せ、軽くだけ促されたラストも上々の伸びを見せた。高いレベルの好調をしっかりキープできているようだ。

ハレルヤボーイ

inyofu デビュー3戦目の前走未勝利戦が5馬身差の大圧勝だったハレルヤボーイは、江田勇騎手(レースは北村宏騎手)が跨り美浦ウッドで3歳1000万下タケルラムセスと併せ馬を行った。余力十分のまま素軽い切れを披露し、同入。久々の前走を快勝した反動はなく、勢いを持続して臨んできそうだ。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆アポロジョージア・尾形和師 「中1週なのであれくらいで十分。状態はバッチリ。相手は強いが、がんばってほしい」

◆クラウンスカイ・小野師 「前走は調教で攻め切らずに使ったが、いい脚を見せた。新馬戦のあとより落ち着いている」

◆コスモプロテア・柴田大騎手 「動きは抜群だった。状態はいいし、落ち着いている。すごく素直で乗りやすい」

◆ゴッドカリビアン・角田師 「ラストをサッと乗った。前回で馬群からつかず離れずの競馬ができたし、牡馬相手でも走ってきているから」

◆シトロン・嘉藤騎手 「動きは良かった。夏の疲れもなく、調子は問題ない。東京もいいと思う。もっと良くなりそう」

◆トウショウドラフタ・松下助手 「きょうのひと追いでどれだけ仕上がるか。能力は足りると思うが、けいこ量が少ないのがどうか」

最終追い切りタイム一覧

inyofu トウショウドラフタ 牡2 55 (美)萱野浩二 07日北C良:69.4-53.3-38.5-12.9:馬也
アポロジョージア 牡2 55 (美)尾形和幸 07日美坂良:55.8-40.6-12.8:馬也
リセエンヌ 牝2 54 (栗)荒川義之 07日栗ポ良:67.2-51.9-38.0-12.2:馬也
マコトルーメン 牡2 55 (美)水野貴広 07日南w良:68.8-53.9-39.8-13.3:馬也
ゴッドカリビアン 牝2 54 (栗)角田晃一 07日栗坂良:54.0-39.2-12.5:一杯
ブレイブスマッシュ 牡2 55 (美)小笠倫弘 07日南w良:67.1-52.5-38.7-12.5:馬也
クラウンスカイ 牡2 55 (美)小野次郎 07日南w良:67.5-52.0-38.6-13.9:馬也
コスモプロテア 牡2 55 (美)高橋義博 07日美坂良:56.6-41.1-13.0:馬也
ハレルヤボーイ 牡2 55 (美)田村康仁 07日南w良:67.9-52.5-38.4-13.3:馬也
シトロン 牝2 54 (美)田中清隆 07日美坂良:54.8-39.7-13.0:強め
アストラエンブレム 牡2 55 (美)小島茂之 07日美坂良:56.6-41.6-13.4:強め
イモータル 牡2 55 (栗)須貝尚介 07日栗坂良:51.6-37.0-12.3:馬也

うまキュレ班のおススメ好調教馬は、ブレイブスマッシュ、イモータル、アストラエンブレム、クラウンスカイ。特にブレイブスマッシュは、仕掛かけられるとスッと反応。力強いフットワークで2馬身ほど差のあった相手をゴール前きっちりとらえて1馬身先着。キャリア4戦で連対率100%ここでも十分勝負になりそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line