TOP > 予想/馬券 > 【第66回毎日王冠】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第66回毎日王冠】最終追い切り情報&タイムまとめ

10月11日(日)に行われる東京競馬場のメーンレース【第66回毎日王冠】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 エイシンヒカリ

inyofu エイシンヒカリは、角馬場でじっくり体をほぐした後、CWコースで単走。序盤をゆっくりと進め、ピッチが上がったのは残り3ハロンから。大きなフットワークで6ハロン82秒9、3ハロン36秒9-12秒2をマークした。手綱をとった武豊騎手は「前半から引っ掛かった先週と違い、折り合いもついていい動きだった」と笑みがこぼれた。初の一線級相手になるが、卓越したスピードの持ち主。坂口調教師は「休養明けが苦になる馬じゃないし、試金石の一戦」

スピルバーグ

inyofu スピルバーグは坂路で3頭併せの最終メニュー。内レッドライジェル(3歳1000万)、外ダークファンタジー(4歳500万)の間に入り、余力を持って併入した。 動きを見守った藤沢和師は「帰国した後も順調にきている。調教は地味なタイプだし、古馬(6歳)なので大きくは変わってはないけど、使いたいと思っていたレースに順調にこれたのは何より」

アンビシャス

inyofu 唯一の3歳馬アンビシャスは、M・デムーロ騎手を背にヒストリカル(OP)と坂路で併せた。ゴール前で後れを取ったものの、脚の回転はよく、4ハロン52秒3-12秒9をマーク。 先週よりも4ハロンで1秒3遅いが、音無調教師は「馬場の差もあるからね。今週の荒れた状態とすれば悪くないし、しっかり併せることができてよかった」と納得の表情。

イスラボニータ

inyofu イスラボニータは休養前同様、Wコースの併せ馬で内から抜く最終調整。先行のシャイニープリンスに4コーナー手前で早めに並び、直線はしっかり追われて貫禄の2馬身先着だ。 3週連続で追い切りに騎乗した蛯名は「若干重い感じはするけど、数字(体重)ではなく息がもう少しかな?でも、1週ごとに良くなってはきている。何とか間に合ったという感じ。時計を要する今の馬場でこれだけ時計も出ているので」とストレートに切り出した。

ディサイファ

inyofu ディサイファは、坂路での総仕上げ。ゴール前で仕掛けられると鋭く反応して、4ハロン54秒6-13秒3をマークした。 大きなストライドで終始リズミカルな動きに、手綱を取った小島良助手は「目標(天皇賞)は先だから、物足りないぐらいでちょうどいい。それでも札幌記念のデキよりいい。相手は強くなるが、好勝負にはなる」と納得の表情。小島太調教師も「心身ともにたくましくなって完成の域に近づいている。どんな競馬を見せてくれるか」

ヴァンセンヌ

inyofu ヴァンセンヌは坂路でカレングラスジョー(5歳500万)との併せ馬。4F52秒6~1F12秒8としまいまでしっかり動き、6馬身先着でフィニッシュした。 松永幹師は「いいんじゃないかな。太い感じもしないし、悪くないと思うよ。道悪も上手だしね。久しぶりの千八になるけど大丈夫じゃないかな」と期待していた。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆クラレント・橋口弘師 「追い切りは生き生きした動きだった。1800メートルもエプソムCを勝っているし、一昨年のこのレースでも3着。乗り替わりになるが、誰が乗っても好位につけられる馬だからね」

◆グランデッツァ・平田師 「この馬らしくない追い切りだった。ただ、生ズルくなっているところもあるし、そんなに悲観することはないと思う」

◆ステファノス・藤原英師 「動きはまずまず。叩けば上昇すると思うけど、ある程度は作っているよ。一線級相手に腕試しだね」

◆ダノンシャーク・岩田騎手 「先週より今週の方が動きはよかった。休み明けとすれば悪くない。1800メートルになるが、力はあるのでどこまでやれるか」

◆トーセンスターダム・池江師 「先週、今週といい動き。わりとポン駆けする方だし、休み明けとすれば態勢は整っている」

◆マーティンボロ・大江助手 「長期休養明けでも踏ん張ってこの馬なりの走りだった。ノメって走るような面もなくなってきたし、初戦とすれば仕上がりはいい」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アンビシャス 牡3 54 *M.デム 07日栗坂良:52.3-38.3-12.9:一杯
イスラボニータ 牡4 57 蛯名正義 07日南w良:66.3-51.6-38.4-13.7:一杯
ヴァンセンヌ 牡6 56 *横山典弘 07日栗坂良:52.6-38.3-12.8:一杯
エイシンヒカリ 牡4 56 武豊 07日栗C良:82.9-66.3-50.8-36.7-12.0:強め
クラレント 牡6 56 *三浦皇成 07日栗坂良:52.5-38.8-13.0:一杯
グランデッツァ 牡6 56 *福永祐一 07日栗坂良:53.5-39.5-13.9:一杯
ステファノス 牡4 56 *戸崎圭太 07日栗C良:82.5-66.1-51.3-37.9-11.9:一杯
Bスピルバーグ 牡6 58 *北村宏司 07日美坂良:56.0-40.3-13.3:馬也
ダノンシャーク 牡7 58 岩田康誠 07日栗坂良:52.4-38.1-12.2:馬也
ディサイファ 牡6 57 四位洋文 07日美坂良:54.6-39.4-13.3:強め
トーセンスターダム 牡4 56 *内田博幸 07日栗C良:85.1-68.1-53.1-39.3-11.8:強め
マーティンボロ 牡6 56 川田将雅 07日栗C良:96.2-65.7-51.7-38.3-12.5:強め
リアルインパクト 牡7 58 *ルメール 08日南w良:53.6-38.6-12.8:馬也

うまキュレ班のおススメ好調教馬は、ダノンシャーク、アンビシャス、イスラボニータ、ステファノス、ディサイファ。各馬目標が次走の為、完全に仕上げた馬は見当たらず。その中でもダノンシャークは、7歳馬ながら衰えを感じさせない迫力あるフットワークで仕上げてきた印象。坂路は走るにせよ非常に良い気配で出走できそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line