TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】10月10日(土)東京10R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】10月10日(土)東京10R予想

覆面馬主 巨乳の3号
皆様こんばんは、【巨乳3号】です。

さて、今週からいよいよ「東京」「京都」に開催が替わりますね!今開催はここから11月末までで、その間に菊花賞だとか天皇賞だとかジャパンカップだとか、注目レースが目白押し!

春先(5月頃)にもこうした『GIラッシュ』になる時期があり、確かにオークス、ダービーなどなど重要なレースは多いのですが、基本的に中心になるのは『3歳馬』です。一応古馬戦があるとはいえ牝馬限定だったり、出走する層がかなり限られる超長距離だったり・・・・・。
個人的には宝塚記念以外にも春先に古馬中距離GIがあれば良いのになぁと思うんですけど、増えないということはあまり需要が無いのでしょうか。いや、逆に需要があり過ぎて「新設したら天皇賞(春)に馬が集まらなくなってしまう」なんてことに・・・・・?

その反面秋は3歳クラシックGIがそれぞれ1鞍で、他は古馬戦と牝馬限定戦、12月に入るとダートGIや2歳戦などなど。こちらはこちらで2000mから2400mあたりまでの範囲のレースがかなりの比率を占めていますが、1200m戦やマイル戦、ダート戦などもよりどりみどりですし、何より古馬中距離GIの間隔が「この順番に出て下さい」みたいに、しっかり計算されている感があるのが良いですね。

まぁお陰で最近、GI3連戦(天皇賞、JC、有馬記念)を全て使うため「とりあえず天皇賞はぶっつけ本番」のようなところも出ているわけですが、逆にこれはこれで『それなりの実力の馬』がGI馬になれる大チャンスに。
天皇賞(秋)に関しては最近マイラー寄りの馬が多く勝っていますし、マイルの古馬GI自体中央では春秋2鞍(牝馬は3鞍)のみ。賞金の高いジャパンカップを本気で目指す面々はぶっつけ参戦、マイルがベストの馬はマイルCSへ・・・・・ということで、ここを本気で狙ってくる層は案外限られますからね。

そして「叩き2戦目で天皇賞」という馬向けに、開幕週の今週は『毎日王冠』や『京都大賞典』が開催されるわけですし、他のレースも開幕週の良い馬場を狙った馬がズラリ。 土曜日はそんな中の1頭、「東京10R 本栖湖特別」に出走する⑩アルバートを紹介いたしましょう!

前走は8月末なので約1ヶ月少々前の話になりますが、この時500万下で負かした相手は先週土曜に紹介し、単勝160円の断然1番人気に応えてしっかり勝利を収めたシュヴァルグランでした。

先週のシュヴァルグランは2着に2馬身差、3着に更に2馬身差という完勝で、「500万下で負けるような馬じゃない」と思えるほどだったわけですが、それを負かしたのがこのアルバート。おまけに2馬身半差という、当時のシュヴァルグランが休み明けだったことを差し引いても圧倒的な着差でした。

ちなみに前走で手綱を取ったのは、この週の札幌で開催されていた『ワールドオールスタージョッキーズ』を、対象4鞍中2勝2着1回というダントツの獲得ポイントで優勝したモレイラ騎手でした。
前評判が高かったため他のレースの騎乗依頼も多く、土日の24鞍のうち、上記イベントの対象だった4鞍を含む合計20鞍に騎乗。たった2日で7勝2着4回3着1回という大暴れっぷりは記憶に新しいです。

その7勝のうち1勝が、アルバートの500万下でした。7番人気の伏兵馬でも勝っていたような鞍上にとって、当時3番人気だったこの馬での快勝は朝飯前だったのかもしれませんが、倒した相手が先述の強豪シュヴァルグランでしたからね・・・・・。
おまけに圧勝した後に「多分距離が合わないと思う(前走は2000m)、もう少し長い方が良い」と、陣営に進言までしたとのこと。
昇級初戦の今回いきなり2400m戦を使うのは、この話があったからこそ。「2日であれだけ勝っていった騎手が言うことなんだから間違いない!」とレースを吟味し、2週前の中山戦(九十九里特別)と両睨みした結果、『開幕3週目の馬場で直線に急坂のある中山より、開幕週で実績のある東京の方が良い』と、こちらに狙いを定め仕上げられてきました。

2週前の出走が検討対象だったように、札幌帰りでも疲労残りなどは無く、状態面は至って順調。元々1000万下でも3着の実績があるため、昇級初戦のハンデ戦の割に56キロとそれなりの斤量が課されましたが、500万下を強豪相手に強い内容で勝ってきている実力馬。加えて名手の見立てどおりなら、この距離で更に強さを見せてくれて何ら不思議はありません。個人的には『モレイラ騎手の進言』という点に特に期待しています、ホントあの週の大暴れっぷりは尋常じゃなかったですからね・・・・・(汗)。

印の方は

◎⑩アルバート
〇⑥エイシンアロンジー
▲④テスタメント
△⑤ポトマックリバー
△②レイトライザー
△⑨タケルラムセス

で、◎軸の馬単と3連単1着固定を購入しようと思っています。
ちなみに⑤ポトマックリバーは前走時(2週前の九十九里特別)に『菊花賞に行くため負けられない勝負!』と紹介しましたが、そこで敗れてしまい、今回は中1週。コース替わりと53キロは好材料ですが、正直なところ今回改めて推せるだけの材料には欠ける感じです。
仮に勝っても今から菊花賞は少々厳しいですし、「なんで前走で勝てなかったんだ!」という気持ちも強くなりますし・・・・・複雑ですね(苦笑)。

以上、3号でした!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line