TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】サウジアラビアロイヤルC予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】サウジアラビアロイヤルC予想

馬キュレ
覆面馬主・妄想の2号です!

秋セリもだいぶいい感じの売却率で、なかなか盛り上がっていましたね!これは生産牧場的には嬉しいでしょうし、種付け料も回収できない値段で売らされる・・・という最悪の状態からは脱却してきたんじゃないでしょうか?喜ばしい事ですね!

その分、ワタクシのような零細馬主にとってみると、ライバルとの札束の殴り合いがきつ過ぎてKO寸前ではありますが・・・。

さて、実は今週から通常の妄想予想とは別に、地方での馬主暦の長い僕だからこそ出来る企画「地方出身騎手妄想」を始めます!

戸崎、内田、岩田、柴山、このあたりの騎手の乗り馬に関しての妄想診断を行おうと思っています!

題名は1号師匠の「大外の狼」的なコラムの題名にしたいと思い、1号師匠に考えていただきました!

その名も「砂の惑星から来た勇者たち!」

おおおおお!
なんか、カッコイイっすね!

ということで、本日からスタート!
と言いたい所なんですが、日曜日分の予想から始めさせて頂きます。
スミマセン、秋セリでバタバタしておりまして、今日は間に合いませんでした(汗)

明日から公開しますのでお楽しみに!


それでは、通常の妄想予想。

本日はサウジアラビアロイヤルC。

って言いますか、いちょうSのままじゃ駄目だったんですかね?サウジアラビアロイヤルCなんていわれますと、まず、長い・・・。そして、なんだかOP特別的な雰囲気がするんですよね・・・。これ、重賞なの?という違和感に慣れるまでに、5年ほどかかりそうです。若い方たちはこういったことをスムーズに受け入れられる柔軟性があるのかもしれませんが、アラフォー超えると、頭固くなりますよね・・・。

それでは、予想へ。

人気は、イモータルとアストラエンブレムですね。
イモータルの新馬での末脚は見事でしたし、インパクト大でしたよね!
アストラエンブレムに関しても、新潟のマイルで1分35秒を切った上に、末脚32秒6という破格の内容。

この2頭のレースを見たら、この2頭が人気になるのもわかりますし、そのアストラエンブレムに新馬で快勝したロスカボスの野路菊Sを見れば、新馬のレベルも高かった事が分かるというもので、2頭が中心であることの裏づけにもなりますよね。

しかし、そこは妄想の2号。
こねくり回して、妄想するのがワタクシの使命。

妄想しなければならないのは・・・
アストラエンブレムですよね。

ノーザンファームの生産馬。今回も入厩してから日が浅く、実質2本の追い切り。それはそれで良いんです。調教師や厩舎サイドにしてみれば「それじゃ厩舎の意味が無いじゃないか!」と怒る人が多いのですが、そんなのどうでも良いといったら語弊がありますが、嫌なら預からなければ良いじゃないですか!というだけの話で、大人同士なんだから話し合いで解決してくださいよ!という印象なんです、ワタクシ。

しかし、我々馬券ファンとしては、これは大問題なんです。
実質、2本の追い切りの馬を休み明けの重賞で買えないんです、ワタクシ・・・。
長年週末の競馬新聞の調教欄から様々な妄想を繰り広げて馬券を買ってきたワタクシにとってみれば、入厩10日競馬というのは、いくら強い馬でも、買う根拠をヒモ付けられないんですよね・・・。知ってますよ、ノーザンFで乗り込んできているのは。しかし、時計が手に入るわけでもないですし、映像が手に入るわけでもないんですよね。一口クラブの会員さんには時計の報告くらいはあるでしょうが、メディアにはそんなものは流れませんよね。

つまり、7号さん的に言えば・・・ファン無視なんです。
少ない人材で競馬欄を作っているスポーツ新聞社や競馬専門紙が悪いわけでも無いですし、10日競馬で出走できる以上馬主サイドが悪いわけでもない。しかし、馬券を買う根拠は、明らかに少なくなる。そうなると、馬券の売上は、下がるんじゃないですか?つまり、自分で自分の首を絞めることにはつながりませんか?という事が問題だと思っています。

そういうメッセージもこめて、アストラエンブレムには◎を打ちたくないんです。田辺騎手がぶっちゃけロードクエストより素質は上じゃないか?と言っている事を聞いていたとしても、◎は打ちたくないんです。それが、ワタクシの意地なんです。追い切り動画を見ても、まだまだ重たい動きをしています。しかし、この一追いで変わるのかどうかは、その前にどのような調教を積んできたのかが分からなければ、判断できないんです。悲しいです。7分程度の出来でも楽勝するかもしれないですが、この馬は▲までしか印をつけません!

ま、妄想というより、ただの意地っ張りのようになってしまいましたが、良いんです!あくまで、厩舎サイドと馬主サイドの意思がはかれないケースではえてして落とし穴がありますので、そこに隙が産まれるのでは?と考え、別の馬から入ります。

◎はブレイブスマッシュ!

開幕週の東京ですから、切れ味抜群の2頭には確かに及ばないかもしれませんし、実際に2走前にはアストラエンブレムに完敗しています。しかし、この馬自身もそれほど仕上がっていたわけでもないですし、1戦毎にレース内容もよくなってきていて、そこに鞍上の腕も込みで、狙ってみたくさせてくれる一頭なのか?と考えています。実際に、札幌で勝ちあがったレースは目の前で見ましたし、レース振りも良かったです。トーセンファントム産駒ということで、軽く見られるかもしれませんが、決して馬鹿には出来ませんよ!人気2頭が後ろから悠々とレースを運ぶのなら、この馬のレース経験値の高さが活きる可能性は十二分にあります!

◎6ブレイブスマッシュ
〇12イモータル
▲11アストラエンブレム
☆9ハレルヤボーイ
△4マコトルーメン
△3リセエンヌ
△1トウショウドラフタ

〇のイモータルは距離大丈夫かな?短くないですか?という不安はありますが、いい脚を使うので対抗。アストラエンブレムの▲は上記したとおりの理由。ハレルヤボーイは◎と同じくトーセンファントム産駒、ただ、少し掛かるところがあるのでスロー必死の今回はこの評価まで。マコトルーメンはとにかく良馬場で一回も走ってないので、評価がしづらいですが好きなタイプの馬で、期待したいです。リセエンヌはこれまたオーナーサイドの要望でここを使ってきたと妄想しますが、前走を見る限り、ハマる可能性はゼロではないと見て押さえます。トウショウドラフタに関しては、逃げ馬の居ないレースだけに、最内枠でゲートを出たら、行くんじゃないか?行けば粘りこみもゼロではないな・・・というイメージで押さえます。

買い方
◎からの馬単を印へ

2号以上です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line