TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】サウジアラビアロイヤルC予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】サウジアラビアロイヤルC予想

馬キュレ
7号だ。

それにしても、秋セリで5頭買えるほどロックキャンディ(オフレコ馬券)で儲かった!と言ったが、舐めてたわ・・・。5頭どころか、セリ負け連発で1頭も買えなかったわ。予算はあるんだが、気に入らない馬に気に入らない値段で購入するのも嫌だったから、完全に諦めたわ・・・。ま、この世代はそこそこラインナップも揃ってるし、無理してまで買う必要も無かったしね。

そして、またまた俺のコラムについて色々とご意見を頂いたぞ。

覆面7号【不定期コラム】「またまた、素晴らしいご指摘いただきましたよ!」

ま、色々な考え方が世の中にはあるってことだな(笑)
いきさつは上記コラムを見てもらえれば分かるが、前言撤回して、有馬記念まではうまキュレ内にて「オフレココラム」と「重賞コラム」の2本立てを続ける事にしたわ。


さーてそうとなれば予想だ!

ひっちゃかめっちゃかだった中山・阪神開催も終わったし、東京・京都開催でガッツリ巻き返したいね~!とは思っているんだが、俺自身馬場のエアレーション作業の影響をまだ捕らえ切れてないと言う事実がある。そのあたりで、中山・阪神は玉砕されてしまったわけだが、今回の東京と京都もしっかり見極めないと、同じ轍を踏む事になりかねないからね。

では、サウジアラビアロイヤルC。

ポテンシャルで言えば、アストラエンブレムなんだろうが、調教の動きが重く見えるんだよな・・・。その調教の動きを見るまではどこまで行ってもアストラエンブレムで決まりだろ・・・とは思っていたんだが、あの動きを見ると◎までは打ちづらくなる。2号からメールが来て、今回のコラムでは7号さんのようなことを書いてしまいました・・・と連絡あったから、先ほど見てみたが、概ね同じような意見かな、俺も。ただ俺は、それでも、アストラエンブレムの動きが良かったら◎は打つつもりだったけどね。

2号のコラム

しかし、どうなんだろうね、アストラエンブレム。
前回もすがるい動きではなかったから、攻め馬ではそういう動きしか披露しないタイプの馬なのかもしれないし、まだ2戦しか見てないとなると中々判断に迷うところだよな。ま、この2戦を見れば、このメンバー内でのポテンシャルは1番である事は分かりきった事だから、重い印は打つけどね。

ただ、レースはスローで流れるだろうね。
となると、切れ味と位置取りとの勝負になるよな。

切れ味でいうと、イモータルとアストラエンブレムか。
位置取りはイモータルの方が良い位置取りを取れそうなタイプか。とはいえ、前走はドスローだったし、距離が縮まる今回はあの切れ味を再現できるのか分からないよな・・・。うーん難しいな・・・。

こうなれば、あの馬から入るしか無さそうだ。

◎マコトルーメン!

前走の新潟2歳Sでは8人気の低評価だったが、期待をこめて◎を打った。そしてそれはあくまで荒れ馬場に合いそうだ!と言う思惑での◎だった。しかし、その荒れ馬場で出遅れながらも33秒5の脚で3着に食い込んだ。これには想定外過ぎて俺もびっくりした。函館の2戦では共に上がり最速をたたき出しているが、流石に荒れてきているとはいえ、新潟で速い脚は使えないか?と思ったら、33秒5。こうなったら次は良馬場でも狙ってやろうじゃねーか!と思わせてくれたよな。ましてや、今までのイメージと違って、エアレーション作業後の馬場はカチコチパンパンって訳じゃないからこの馬でも対応出来るかもしれないしな!この馬ががどの程度のレース内容とラップを踏むか?で、東京の馬場状態を確かめられるし、馬券も狙い撃ちしようと思う。

と言う事で、柳の下の2匹目のどじょうを狙いに行く!

◎4マコトルーメン
〇11アストラエンブレム
▲6ブレイブスマッシュ
☆12イモータル
△9ハレルヤボーイ

◎マコトルーメンからの馬連4点勝負!

ぶっちゃけ、後ろから行く馬というより、トモが甘くてゲートがかったるい・・・という馬だが、このメンバーならそこそこの位置取りで競馬できるんじゃねーかな?ゴリゴリ行く馬もいないし、折り合いにも問題は無い。ただ、このトモの甘さが原因で、坂でバッタリ・・・と言う事はあるかもしれない・・・。そこを分かった上で、行ってみる!マコトが駄目なら、印をまわした4頭の競馬だろうね。ハレルヤボーイは掛かるから、〇▲☆の3連複1点も押さえるかな。

7号以上だ。

ちなみに、ご存知の通り、開幕週の初日は、オフレココラムは無い。
様子見を含めて、レースを眺めて研究する日だからな。

日曜・月曜分のオフレココラムは書くぞ!

と言う事で、本日は以上だ!


じゃーな!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line