TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】10月11日(日)東京10R・京都8R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】10月11日(日)東京10R・京都8R予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

本日から4回東京、京都開催が開幕。

初日は馬場の様子見に徹する人も多いと思いますが、みなさま初日の収支はいかがだったでしょうか?

私6号は、早くも初日で万馬券をゲットして、お腹一杯状態w(的中したみなさま、おめでとうございました!)

その予想はこちら

残りの2日はかなり優雅な馬券生活を送れそうです。


それでは、この調子で明日の予想に参りましょう。
日曜日のターゲットは、ダート1400mで行われる東京10R『テレビ静岡賞』(3歳1600万円以下)。
昨年の勝ち馬は、現在のダート短距離界でNo1と目されるダノンレジェンド。今年の勝ち馬にも将来の活躍が期待されるレースです。


まずは、恒例の簡単なコース説明から。

東京1400mのスタート地点は、向こう正面の直線入り口付近。
最初のコーナーまでは約442mあり、下りからのスタートとなるのが最大の特徴。
当然、最初の3ハロンは速くなる傾向にあり、その分上がりがかかるレースになることが多い。
なお、最初のコーナーまで距離があるため、枠番による有利不利は気にする必要はない。
また、1600mほどではないが、逃げ切ることは難しいコース。
脚質は先行、差し馬が優勢だが、ペース次第では先行馬同士、差し馬同士の決着となることも多い。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。
★東京ダート1400m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:サウスヴィグラス(16勝)
・勝率 :スペシャルウィーク(約16%)
・連対率:スペシャルウィーク(約22%)
・単回収:ファスリエフ(回収値369)
・複回収:ファスリエフ(回収値100)

やはり1400mという距離だけあって、1300mの上位種牡馬と1600mの上位種牡馬をミックスさせたような顔ぶれ。
勝ち数1位のサウスヴィグラスと単回収1位のファスリエフは1300mでも優秀だが、1600mでは共に圏外。狙うなら1300~1400mが良い種牡馬だ。v いっぽう、東京1600mで優秀なシンボリクリスエス(3位)、ネオユニヴァース(4位)、キングカメハメハ(6位)といった馬達は、1400mだと勝ち数10位以下になる。距離短縮で出走してくる場合には注意が必要だ。

★☆土曜東京10R・『テレビ静岡賞』の予想☆★

参考にするのは、同時期に行われた過去5年のテレビ静岡賞。

①傾向
過去5年の馬連平均配当は、2,070円
新しい順に830円、1,660円、5,770円、1,270円、780円。
3桁配当が2回あり、比較的平穏な傾向。

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2014(1→3人気)
2013(6→1人気)
2012(4→6人気)
2011(5→1人気)
2010(1→4人気)

1番人は(2-2-0-1/5)、2番人気(0-0-0-5/5)、3番人気(0-1-1-3/5)。

1番人気が4連対で信頼度は高い。
相手はすべて6番人気以内で、7番人気以下は苦戦傾向。

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2014(牡4_57.0→牡4_57.0)
2013(牡5_57.0→牝4_55.0)
2012(牡5_57.0→牡5_57.0)
2011(牡4_57.0→牡4_57.0)
2010(牝4_55.0→牡6_57.0)

4歳馬が6連対で優勢。

④位置取り
連対馬6頭の4角位置  ※括弧内は左が1着
2014(1→4番手)
2013(11→6番手)
2012(10→3番手)
2011(1→6番手)
2010(2→9番手)

5番手以内の馬が5連対、6番手以降の馬が5連対でイーブン。

⑤所属
連対馬10頭中9頭が関西馬。

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない。

⑦騎手
相性の良い騎手は蛯名騎手で1勝、2着1回。

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
連対馬10頭中8頭が、7月以降に前走レースに使われていた。
残りの2頭の前走は5月と6月の東京開催だった。

⑨前走コース・距離
連対馬10頭の前走コースと距離は以下の通り。

阪神ダ1200m :1頭
新潟ダ1200m :1頭
阪神ダ1400m :3頭
東京ダ1400m :1頭
中京ダ1400m :1頭
東京ダ1600m :1頭
新潟ダ1800m :1頭
札幌芝1800m :1頭

前走で1400mの距離を使われた馬が5連対で優勢。

⑩前走クラス
連対馬10頭の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。

前走・1000万下 :2頭(すべて1着)
前走・1600万下 :8頭(3、6、4、4、12、3、2、3)

前走4着以内が8連対で優勢。

⑪1600万下での成績
連対馬10頭すべてが、1600万下で4着以内に入った実績を持っていた。

データは以上。

まず注目したいのは、データ⑩から過去の連対馬8頭が該当する前走4着以内の実績。
今年のメンバーでこれを満たすのは、アンズチャン、キタサンミカヅキ、シグナルプロシード、レッドファルクスの4頭。

この中で、データ⑧から前走が3月の中京開催だったレッドファルクスは減点。
さらにデータ⑨から、前走1400mのレースを使われているアンズチャンとシグナルプロシードが一歩前進となる。

2頭の優劣は、このコースにおける騎手・種牡馬成績を基にジャッジしたい。

---------------
☆東京ダート1400m 成績 ※2010~2014年が対象

三浦騎手 (22-30-20-204/276、連対率19%)
柴山騎手 (8-6-10-105/129、連対率11%)

フレンチデピュティ産駒 (11-11-9-88/119、連対率19%)
メイショウボーラー産駒 (5-5-4-39/53、連対率19%)

---------------
上記を見比べると、騎手成績に差がある印象だ。

☆東京10R・結論☆
 ◎②アンズチャン
 ○⑥アジアンテースト
 ▲①レッドファルクス
 △⑨シグナルプロシード
 △⑩ゲマインシャフト
 △⑪アルボナンザ
 △⑯ノウレッジ

今回、本命に推したいのは◎アンズチャン。
かわいらしい名前で人気を博する同馬だが、その強烈な末脚は祖母のサイレントハピネスを髣髴させるモノがある。
また、全4勝をこの東京ダ1400mで挙げているコース巧者でもあり、3走前にこのコースで1600万下を快勝。さらに2走前にはOPでも小差の2着に入っている。

夏場は休養に充てられてひと息入ったが、仕上がりは万全。
展開不問で最後は良い脚を使えるのが強みで、極端な前残りにでもならない限り、一気に突き抜けてくれるだろう。

○は、このコース3戦3勝の3歳馬アジアンテースト。

▲は、このコースの勝ち数4位のスウェプトオーヴァーボード産駒レッドファルクス。

△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝②
 馬単② ⇔ ⑥①⑨⑩⑪⑯

少額で軸1頭の3連複

 ② = ⑥①⑨⑩⑪⑯

※実績データは2010/01/01~2015/01/01に行われた東京ダート1400mが対象

-----------------------
★☆おまけ、の日曜京都8R『3歳上500万下』の予想☆★

おまけは、京都ダート1400mで行われる『3歳上500万下』をピックアップ。

このレースのポイントは、毎日王冠に騎乗するためトップジョッキーの多くが関東に遠征していること。
京都残留組の中からいかに良いジョッキーを確保するかが、勝負の別れ目になりそうだ。

過去5年のコース別勝ち数TOP10から、今回騎乗予定があるのは以下の4人。
----------
☆京都ダート1400m 騎手データ 2010~14年☆

勝ち数4位 幸騎手
(20-20-23-214/277、勝率7%、連対率14%)

勝ち数5位 秋山騎手
(20-16-18-148/202、勝率10%、連対率18%)

勝ち数7位 和田騎手
(18-27-23-219/287、勝率6%、連対率16%)

勝ち数9位 小牧騎手
(17-23-17-144/201、勝率9%、連対率20%)
----------

まず、上記の中では勝率、連対率の数字が若干低い幸騎手と和田騎手は減点。
秋山騎手と小牧騎手の数字はそれほど差がなく、単純に馬の能力で判断して問題がなさそう。

2人の騎乗馬を比較すると、500万下で二桁着順を繰り返すスマイルフォースはさすがに狙いづらく、本命は前走で小差の4着に踏ん張った◎ブルミラコロの方。

☆京都8R・結論☆
 ◎⑥ブルミラコロ
 ○③コロマンデル
 ▲⑯ベック
 △①スマイルフォース
 △②アダムズアップル
 △⑧ラインシュナイダー
 △⑪アイアムナチュラル

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑥
 馬単⑥ ⇔ ③⑯①②⑧⑪

少額で軸1頭の3連複

 ⑥ = ③⑯①②⑧⑪

※実績データは2010/01/01~2015/01/01に行われた京都ダート1400mが対象

-----------------------
★☆巻末の付録・データ館☆★
昨日に続き、今回は東京ダートコースの種牡馬成績を載せておきます。
ただし、今回も平場オンリーのデータなので、特別戦は含めません。是非ご活用ください。

☆東京ダートコース・距離別種牡馬データ☆
※データは2010/01/01~2015/01/01の東京ダート平場レースが対象

☆1300m
1位 ファスリエフ
 (7-3-5-33/48)
勝率15%、連率21%。回収値単74、複73

2位 キングヘイロー
 (6-6-11-29/52)
勝率12%、連率23%、回収値単78、複139

3位 タイキシャトル
 (5-4-6-33/48)
勝率10%、連率19%、回収値単86、複123

☆1400m
1位 サウスヴィグラス
 (14-9-15-107/145)
勝率10%、連率16%、複勝率26% 回収値単97、複83

2位 クロフネ
 (13-14-7-158/192)
勝率6.8%、連率14%、複勝率18% 回収値単57、複77

3位 ゴールドアリュール
 (13-8-6-132/159)
勝率8.2%、連率13%、複勝率17% 回収値単47、複61

☆1600m
1位 クロフネ
 (31-18-18-194/261)
勝率12%、連率19%、回収値単78、複81

2位 シンボリクリスエス
 (21-18-16-180/235)
勝率8.9%、連率17%、回収値単74、複56

3位 ネオユニヴァース
 (21-9-18-142/190)
勝率11%、連率16%、回収値単86、複111

☆2100m
1位 キングカメハメハ
 (8-6-7-43/64)
勝率13%、連率22%、回収値単55、複83

2位 シンボリクリスエス
 (6-6-0-57/69)
勝率8.7%、連率17%、回収値単30、複45

3位 ハーツクライ
 (6-2-4-20/32)
勝率19%、連率25%、回収値単166、複122
-----------------------

以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line