TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】10月12日(月)京都9R・東京9R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】10月12日(月)京都9R・東京9R予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

3日間開催の中日が終了しました。

本日のレースで目に付いたのは、ダートではありませんが、京都5Rの新馬戦を制したアグネススターダム。
その血統は父アグネスデジタル、母アグネスマジカル、母父アグネスタキオンというロマンぶり。
(母母はブラダマンテで、牝馬三冠馬スティルインラヴと同族になります)

昨日のサウジアラビアRCを制したブレイブスマッシュと同様に、こういう血統の馬は無条件で応援したくなりますよね。
(ブレイブスマッシュは父トーセンファントム、母トーセンスマッシュという血統で、馬主はトーセンの島川さんです)

その点、俄然注目を集める?のは、明日の東京4Rでデビューするトーセンイマジゲン産駒のカリーナアスター。
こちらも母はトーセンヘレネーで、トーセンゆかりの血統。馬主は同じく島川さんです。

私も、いつかは『6号血統』で固めたダート馬を作りたいな、と憧れる次第です。。


さて。
月曜日の予想に行く前に、東京メインのグリーンチャンネルCについて少しだけ。
以前にも何度かこのコラムでお伝えしていますが、東京ダート1400mで狙ってみたいのはTapit産駒。
2010~14年のデータでは、このコース(7-3-3-14/27、勝率26%、連対率37%、複勝率48%、回収値単116、複118)という成績で、魅力は十分。
今回出走するTapit産駒タールタンも、このコースは6回走って(②④①①②④着)と崩れ知らず。
みなさまの本命馬のお供に、ぜひ加えてみては如何でしょうか?


それでは、明日の予想に参りましょう。
月曜日のターゲットは、ダート1400mで行われる京都9R『円山特別』(3歳1000万円以下)。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。
京都ダート1400mのスタート地点は2コーナー奥のポケット地点。
阪神1400mや東京ダート1600mのように芝コースからのスタートとなるため、外枠に芝がダメな馬が入ると行き脚がつかない。
また、同じく芝コースからのスタートなる阪神1400mや東京ダート1600mに比べ、京都ダート1400mはそれほど外枠が有利とはならないのが特徴。
これはスタート後のコース形態にあり、外枠が有利となるコースは、芝スタートのあとに坂を下るコース形態。
いっぽうの京都1400mは芝スタート後に坂を登るコース形態なため、芝スタートで得たスピードがそれほど大きなアドバンテージとはならない。 スタートから3コーナーまでの距離が長くテンの3Fが速くなる傾向にあり、京都1200mよりは逃げ切りが難しく、差し馬が届きやすいコースといえる。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★京都ダート1400m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:クロフネ(27勝)
・勝率 :ハーツクライ(約14%)
・連対率:ハーツクライ(約23%)
・単回収:タイキシャトル(回収値226)
・複回収:アフリート(回収値112)

勝ち数は、2位キングカメハメハに8勝差を付けているクロフネがアタマひとつ抜けている。
サンデー系でトップは勝ち数3位のフジキセキ。次いでアグネスタキオン、ゴールドアリュール、ハーツクライ、ネオユニヴァースの5頭がランクインしており好相性。
短距離のわりにサウスヴィグラスが9位と振るっていない。


★☆月曜京都9R・『円山特別』の予想☆★

参考にするのは、この時期に同条件で行われた2012、14年の円山特別。

①傾向
過去2年の馬連配当は、新しい順に11,560円、4,090円。

共に高配当で波乱の傾向。

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2014(4→10人気)
2012(5→1人気)

1番人気は1着、3着と信頼度はマズマズ。
いっぽう、連対のない2、3番人気はそれほどアテにならない。

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2014(牝4_55.0→牡5_57.0)
2012(牡4_57.0→牡4_57.0)

4歳馬が3連対で優勢。

④位置取り
連対馬6頭の4角位置  ※括弧内は左が1着
2014(9→15番手)
2012(2→4番手)

過去2年は傾向がハッキリと異なり、展開次第。

⑤所属
連対馬4頭中3頭が関西馬。

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない。

⑦騎手
複数回連対した騎手はいない。

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
連対馬4頭の前走は、1月、6月、7月、9月と様々。

⑨前走コース・距離
連対馬4頭の前走コースと距離は以下の通り。

京都ダ1400m :1頭
阪神ダ1400m :1頭
中京ダ1400m :1頭
東京ダ1600m :1頭

前走で1400mの距離を使われた馬が3連対で優勢。

⑩前走クラス
連対馬4頭の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。

前走・1000万下 :4頭(1、2、5、2)

連対馬すべてが前走で掲示板を確保していた。

⑪4歳の降級馬に注目
連対馬4頭中3頭は、このレース、または前走で1600万下からの降級初戦を迎えていた。

データは以上。

データは2年分しかなく、信頼度はあまり高くない。
それでも注目したいデータは、⑩前走クラスと⑪降級馬。

データ⑩から、前走1000万で掲示板を確保していた馬が有力で、
今回これに該当するのはキーブランド、スーサンジョイ、リバーソウル、スペシャルギフト、ダイリュウキセキ、アクションバイオの6頭。

この中では、⑪から2走前に降級初戦を走っている4歳馬スペシャルギフトが一歩リードする。

☆京都9R・結論☆

 ◎⑦スペシャルギフト
 ○④スーサンジョイ
 ▲⑬ダイリュウキセキ
 △①キーブランド
 △⑤リバーソウル
 △⑫ガンジー
 △⑭アクションバイオ


今回、本命に推したいのは◎スペシャルギフト。
前走は敗れたとはいえ、勝ったのが3歳馬の中でも指折りの素質馬モーニンならば仕方ない。
少し間隔が空き、馬体重も8キロ増と余裕のある馬体だっただけに、今回は変わり身が期待できる。
また、4走前に現級を勝った際には、現OP馬のフミノファルコンを3着に下しており、1000万条件ならば地力上位といえる存在だ。

鞍上の岩田騎手は、このコース(25-28-19-127/199、勝ち数3位、連対率27%)という成績で、信頼できる。

○は、デビュー以来1度も掲示板を外していない3歳馬スーサンジョイ。
主戦の和田騎手が盛岡遠征のため、このコース得意の武豊騎手に乗り替わる点も興味深い。

▲は、前走でスペシャルギフトに先着しているダイリュウキセキ。

△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑦
 馬単⑦ ⇔ ④⑬①⑤⑫⑭

少額で軸1頭の3連複

 ⑦ = ④⑬①⑤⑫⑭

※実績データは2010/01/01~2015/01/01に行われた京都ダート1400mが対象


-----------------------
★☆おまけ、の月曜東京9R『西湖特別』(3歳上1000万下)の予想☆★

おまけは、東京ダート1600mで行われる『西湖特別』をピックアップ。

このレースで注目したいのは、このコースでノンコノユメやモーニンといった世代を代表するダート馬と凌ぎを削ってきた◎ラテラス。
成績から東京1600mだと少し距離が微妙な感じはするが、僅差の勝ち馬が前記の2頭なら相手が悪かったということだろう。

相手候補筆頭は、こちらも同じく3歳馬○ソルティコメント。

☆東京9R・結論☆

 ◎③ラテラス
 ○⑤ソルティコメント
 ▲⑨スマートラファエル
 ☆②ヤンキーソヴリン
 △④ダノンミシガン
 △⑥キングノヨアケ
 △⑩オリアーナ
 △⑪ロードフォワード

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝③
 馬単③ ⇔ ⑤⑨②④⑥⑩⑪

少額で軸1頭の3連複

 ③ = ⑤⑨②④⑥⑩⑪

⇒注目の交流重賞・マイルCS南部杯の予想はこちら

以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line