TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月12日(月)グリーンチャンネルC予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月12日(月)グリーンチャンネルC予想

馬キュレ
引き続き、データの8号です。

※京都大賞典の最終結論はコラム下部にリンクがございます。そちらからどうぞ!


↓↓↓

■東京11R グリーンチャンネルカップ
ダート1400m
コース分析ができれば馬券は当たる!【東京ダ1400m】
3歳上オープン

※データは10月開催の東京ダ1400m戦(OP)
※09年~13年のペルセウスS(08年まではハンデ戦)
※14年のエルコンドルパサーメモリアル

●傾向

1、配当と人気

馬連の平均配当3,688円。最高は11年13,670円。最低は14年890円。三桁配当は2回。万馬券1回。3連単の平均配当141,805円。最高は11年378,160円。最低は09年10,160円。100,000円以上の配当は2回。

過去6年で1番人気~3番人気が計5勝。残り1頭は8番人気。基本的に上位人気の信頼度は高いです。また、過去6年の馬券対象馬18頭中11頭は5番人気以内。6番人気を含めると14頭。二桁人気で馬券対象になったのは1頭のみで18頭中17頭は8番人気以内。人気上位が好成績で、時々中穴程度の人気が馬券対象になっています。

2.前走条件

前走クラス別で、過去6年の合計出走頭数95頭中55頭を占めるのが前走OP特別組で成績は(2,2,2)。ただ、前走1600万下組は合計12頭の出走で計3勝2着2回。勝率25%。連対率と複勝率も約42%で、前走クラス別では最も成績が良いです。また前走重賞組も計16頭が出走して、馬券対象馬は5頭。前走1600万下組に次いで連対率と複勝率で高い数値を残しています。データからは前走1600万下組、次いで重賞組が好成績です。

3.前走距離

前走出走距離なら、1400m組が(5,4,4)。出走頭数が多いのもありますが、計16頭が出走している前走1200m組から馬券対象馬が1頭も出ていませんので、1400m組が好成績なのは間違いありません。また出走した頭数は少ないですが、前走1700m組は8頭中2頭が、1800m組は5頭中2頭が、2000m組は2頭中1頭が、それぞれ馬券対象になっています。前走1400m以上なら狙えるデータでしょう。

4.前走着順

前走着順で、勝率、連対率、複勝率が最も高いのは前走1着。次いで前走2着がこれに続きます。前走6着~8着も複数頭が馬券対象に。ただ、前走10着以下は過去6年で馬券対象2頭。基本的に前走好走馬を狙うのがベターでしょう。

また、馬券対象馬で前走1着~2着は計10頭。残りの8頭は全て5着以下ですが、8頭中7頭は前走重賞組(地方含む)。残りの1頭はOP特別6着。つまり、1頭例外はいますが、前走OP特別や1600万下組で3着以下から馬券対象になった馬はほぼいません。当然ですが、昇級戦の前走1600万下は勝っていること、また、OP特別組は前走で連対していることが望ましいデータでしょう。

5.厩舎(東京ダ1400mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

勝利数(2勝以上)
5勝・武市康男厩舎
3勝・安田隆行厩舎
2勝・吉村圭司厩舎
2勝・矢作芳人厩舎
2勝・橋田満厩舎

複勝率(出走数5回以上)
1位・日野哲也厩舎
2位・庄野靖志厩舎
3位・橋田満厩舎
4位・吉田直弘厩舎
5位・吉村圭司厩舎

6.騎手(東京ダ1400mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

勝利数(15勝以上)
23勝・内田博幸騎手
20勝・北村宏司騎手
20勝・戸崎圭太騎手
17勝・横山典弘騎手
17勝・柴田善臣騎手

複勝率
1位・内田博幸騎手
2位・横山典弘騎手
3位・北村宏司騎手
4位・戸崎圭太騎手
5位・柴田善臣騎手

7.血統(東京ダ1400mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

勝利数(6勝以上)
11勝ゴールドアリュール
8勝クロフネ
8勝フジキセキ
6勝ケイムホーム

複勝率(出走数10回以上)
1位タピット
2位ハーツクライ
3位フサイチコンコルド
4位メイショウボーラー
5位ネオユニヴァース

以上を踏まえ、最終的な結論は…

◎タイセイファントム

前述した通り、前走で連対していた馬に良績が集まるレースですが、今回の出走馬で前走連対実績があるのはOP特別2着タイセイファントムと1600万下1着のナンチンノンの2頭。過去6年間で連対率や複勝率などで好成績を残すのは前走1600万下組や重賞組ですから、そこに焦点を合わせるとナンチンノンが本命候補になります。

しかし、ナンチンノンの前走は1200m。前述の通り1200m組は過去16頭が出走して馬券対象が0頭のローテです。直近5走も全て1200mを使われていますし、やはりその点で積極的に狙い難い所があります。

一方、タイセイファントムは前走1400mを使って2着。データ的にはこちらが合致。また今回は乗り替わりですが、鞍上は勝利数と複勝率で上位の戸崎くん。ここは魅力的です。手綱捌きの確かな乗り役ですし、それらを考慮すると、本命をタイセイファントムにするのはベターな判断だと思います。

次に名前を上げるのはタールタン。前走4着はデータから外れる着順ですが、今回の出走メンバーは前走連対馬が2頭のみ。4着は十分に評価できるでしょう。また父タピットは今回出走する馬の種牡馬の中で複勝率が最も良い種牡馬。東京ダ1400mで好成績ですし、更に騎乗する北村宏くんも、この条件に強い乗り役。前走着順の評価でタイセイファントムより名前をあとに出しますが、データとの合致度は高いと判断しています。

ナンチンノンは好成績を残す前走1600万下組。データからは怖い1頭ですが、前走出走距離のデータから、この位置の判断。またガンジスとレッドアルヴィスは前走同じOP特別に出走して同タイムの3着と4着。先着したガンジスを先に出しますが、どちらが上という判断ではありません。

以下、ニシケンモノノフ、キクノストームまで。

ニシケンモノノフは前走OP特別5着ですが、父メイショウボーラーは好成績ですし、庄野先生もこの条件に強いのは魅力。キクノストームは前走10着ながらデータ好成績の重賞組。同じレースで12着のアドマイヤサガスや芝千直重賞のセイコーライコウより、重賞組ならキクノストームを選択する判断です。

◎⑪タイセイファントム
○⑦タールタン
▲②ナンチンノン
☆⑮ガンジス
△①レッドアルヴィス
△③ニシケンモノノフ
△⑤キクノストーム

≪買い方≫
単複


馬連
⑪-⑦②⑮①③⑤

3連単1頭軸マルチ
⑪-⑦②⑮①③⑤


10月12日(月)京都11R予想はこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月12日(月)京都大賞典予想

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line