TOP > エンタメ・雑学 > 2015年10月第2週の週刊競馬ニュースまとめ週刊うまとめニュース!
エンタメ・雑学

2015年10月第2週の週刊競馬ニュースまとめ週刊うまとめニュース!

2015年10月第2週の週刊競馬ニュースまとめ週刊うまとめニュース!
天皇賞(秋)の前哨戦決着!その裏では何が起こっていた!?
馬キュレ

【天皇賞(秋)】優先出走権を得たのは!?

【京都大賞典】ラブリーデイが快勝!
inyofu 10月12日、京都競馬場で開催された第11R・京都大賞典(GII、芝2400m)は、1番人気ラブリーデイ(牡5、栗東・池江)が、道中中団待機から直線で力強く脚を伸ばしゴール前で抜け出し、勝利を収めた。勝ちタイムは2分23秒6(良)で、鞍上は川田騎手。
inyofu 1馬身1/4差の2着は好位から長くいい脚を使った2番人気サウンズオブアース、2着に半馬身差の3着は道中2番手から粘り込んだ5番人気カレンミロティックが入っている。なお3番人気のラキシスは後方から直線脚を伸ばしたが4着だった。
動画を見る
【毎日王冠】エイシンヒカリが逃げ切り重賞連勝!
inyofu 10月11日、東京競馬場で開催された第11R・毎日王冠(GII、芝1800m)は、大外枠から好スタートを切った1番人気エイシンヒカリ(牡4、栗東・坂口)が楽にハナへ立つと、前半1000mを59秒9のマイペースに落として直線へ。各馬これをとらえに追撃態勢に入るも、エイシンの脚色はまったく衰えず、最後まで前を譲らぬまま鮮やかな逃げ切りで重賞連勝を決めた。勝ちタイムは1分45秒6(良)で、鞍上は武豊騎手。
inyofu 1馬身1/4差の2着は馬群を割って鋭く伸びた4番人気ディサイファ、2着にクビ差の3着は好位から渋太く食い下がった7番人気イスラボニータが入っている。なお、2番人気アンビシャスはスタートで後手を踏むロスが影響してか6着に、3番人気ヴァンセンヌは直線半ばで手応えをなくし9着にそれぞれ沈んだ。
動画を見る
優勝馬にGI天皇賞(秋)の優先出走権が与えられるGII毎日王冠とGII京都大賞典 は、エイシンヒカリとラブリーデイが、それぞれ勝利をおさめた。特にエイシンヒカリは、天皇賞・秋への出走には賞金加算が最低条件とされていたが、優先出走権を与えられたことにより、文句無しで出走可能となった。

重賞4勝トウケイヘイローが屈腱炎発症で引退!種牡馬入りへ

inyofu 札幌記念(GII、芝2000m)などを制したトウケイヘイロー(牡6、栗東・清水久)が右前浅屈腱炎を発症したことが本日10月8日、JRAより発表された。9カ月以上の休養を要するとの診断が下され、このまま近日中に競走馬登録を抹消し現役を引退、北海道新ひだか町のアロースタッドで種牡馬入りする見込みだ。
4歳時に、GIIIダービー卿CTで重賞を初制覇すると、GIII鳴尾記念、GIII函館記念、GII札幌記念とこの年だけで重賞を4勝し、同年のサマー2000シリーズ覇者となったトウケイヘイローの引退・種牡馬入りが決まった。父ゴールドヘイロー、父父サンデーサイレンス、母父ミルジヨージという血統は面白く、サンデーサイレンス系牝馬との交配もあるかもしれない。

ディープインパクト産駒が史上最速でのJRA通算1000勝を達成!

inyofu 東京競馬第5R・メイクデビュー東京でラベンダーヴァレイ(牝2)が1着となり、ディープインパクト産駒はJRA通算勝利数1000勝を達成した。JRA史上17頭目の記録となり、5年3カ月23日での達成はキングカメハメハ産駒の6年1カ月6日を大幅に上回る史上最速の快挙となっている。
英雄ディープインパクトがまたも新記録を達成した。JRA通算産駒勝利数1000勝は、史上17頭目の記録である。また、JRA重賞勝利記録も100勝に王手がかかっており、達成すれば、サンデーサイレンス・ヒンドスタンに続く、史上3頭目の快挙となる。

ワークフォース産駒クィーンズベストが鮮やかな逃げ切り勝ち!

inyofu 10月11日、東京競馬場で開催された第5R・メイクデビュー東京(新馬、芝2000m)は、好スタートからハナを主張した2番人気クィーンズベスト(牝2、栗東・大久保)が、前半1000m通過64秒8と道中をスローペースに落とし、隊列変わらぬまま12頭を従えて直線へ。最後の追い比べは内クィーンズ、中ジャガンツ、外ウムブルフが広がっての攻防となったが、前半にアドバンテージを築いたクィーンズベストがそのまま押し切り、デビュー戦を勝利で飾った。勝ちタイムは2分4秒5(稍重)で、鞍上は岩田騎手。
inyofu 3/4馬身差の2着は外から懸命に脚を伸ばした1番人気ウムブルフ、2着に1馬身1/4差の3着は2頭に遅れる形で7番人気ジャガンツが入っている。結局、先団を形成した3頭による決着となった。
動画を見る
ワークフォース産駒であり、叔父は重賞2勝のマーティンボロ、近親にGI馬ヴィルシーナがいるクィーンズベストがデビュー勝ちを決めた。ワークフォース産駒は、今年JRAで新馬デビューとなり、どのような旋風を起こすか、要注目だ。

2015年10月第2週の週刊競馬ニュースまとめ週刊うまとめニュース!
GI天皇賞(秋)の前哨戦である二つのレース。
GII毎日王冠では、1番人気エイシンヒカリが GII京都大賞典でも、1番人気ラブリーデイが勝利を決めた。
共に1番人気で、2着馬に1馬身差以上つけて快勝しており、天皇賞(秋)の優勝候補に名乗り出た。 本番の天皇賞(秋)ではそこに安田記念を制したモーリスなどが加わる予定であり、例年以上に白熱したレースが楽しめそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line