TOP > 競走馬 > 「タッチングスピーチ」直線の長い外回りは、いい条件!【エリザベス女王杯】
競走馬

「タッチングスピーチ」直線の長い外回りは、いい条件!【エリザベス女王杯】

世界的良血馬タッチングスピーチがエリザベス女王杯に出走する。昨春のクラシックには乗り遅れたものの、昨秋のローズSでは豪脚を見せミッキークイーンに完勝。エリザベス女王杯でも3着に食い込み素質の高さを見せつけた。今年に入ってからは牡馬との戦いで苦戦が続いているが、エリザベス女王杯が行われる京都2200mでは2戦してエリザベス女王杯3着、京都記念2着と相性抜群。得意舞台で末脚が炸裂するか。そんなタッチングスピーチについてまとめてみた。
タッチングスピーチ
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【2015年エリザベス女王杯】切れる末脚を見せ3着!

スタートしてすぐに位置をスッと下げたが、中団よりやや後ろ、前走より前目の位置でレースを進める。エンジンがかかるまでに時間がかかり追い出しが遅れたものの、最後の直線では馬群の間を縫いながら怒涛の追い上げを見せ、優勝したマリアライトとタイム差なしの3着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 3着 タッチングスピーチ(C.ルメール騎手) 「今日は本当のタッチングスピーチを見られた気がして、嬉しいです。最後の100mは本当に素晴らしい脚を使ってくれて、力を証明できました。ただ、4コーナーから直線に至るまで加速に時間がかかった分、届きませんでした。この馬は素晴らしく、今後GIを勝てる能力を秘めています。そのときを楽しみに待ちたいと思います」

【京都記念】道悪を克服し2着!

好スタートを決めると、荒れた馬場の内側を避けて中団よりやや後ろの好位置でレースを進める。3コーナーからレースの流れが速くなり、鞍上の福永騎手も盛んに手を動かすシーンがあったが、最後の直線ではエンジンがかかり馬場の7分どころから末脚を繰り出し2着に入った。
動画を見る
inyofu 2着 タッチングスピーチ(福永祐一騎手) 「イメージ通り、スタートよく出て、いい位置で流れに乗りました。ズブい面があって、3コーナーから手を動かす形でしたが、最後までしっかり伸びてくれました。ただ、前に1頭強い馬がいましたね。タフな馬場で牡馬相手にこれだけやれるのですから、力をつけていますね」

【宝塚記念】後方のままで惨敗・・・

続く大阪杯、目黒記念では掲示板にも載れず、豪華メンバーが揃う宝塚記念をブービー人気で迎える。レ-ス前半は行きっぷりが悪く、最後方で末脚を溜める競馬に。4コーナーの仕掛けどころで大外に持ち出し追い込みを図ったが、末脚も不発に終わり12着に敗れた。
動画を見る
inyofu 12着 タッチングスピーチ(浜中騎手) 「前半からついて行けない感じ、気持ちもあまりなく、この馬らしさがなかった感じです」

【エリザベス女王杯】直前情報!上半期の疲れは大丈夫

inyofu 坂路で古馬1000万と併入。鞍上のゴール前の叱咤に応えて力強く末脚を伸ばした(4ハロン53・4―12・7秒)。
inyofu (前走後の調整について) 「あの結果で厩舎に置いておくわけにはいかないので、放牧に出しました。しばらくしたら体の痛い所などが出てきまして、やはり振り返ってみたら疲れがあったのだなと思いました。  距離のある所を使う馬ですから、はっきりとは感じませんが、しっかりと攻め馬をやれています。良い状態で来られています」
inyofu (坂路での最終追い切りを振り返って) 「牝馬ですし、ずっとやり過ぎないようにと思ってやってきました」

【騎手】すんごい脚を引き出す!R.ムーア

タッチングスピーチに騎乗するのはイギリスの名手であるライアン・ムーア騎手。スノーフェアリーとのコンビで2010,11年のエリザベス女王杯を連覇しており日本でもお馴染みのジョッキーだ。今年もドバイターフでリアルスティールに念願のGⅠタイトルをもたらすと、ファウンドで2度目の凱旋門賞制覇、そして日本ではモーリスで天皇賞(秋)を制するなど世界を股にかけて活躍している。そんなムーア騎手の京都競馬場での勝率は2割を超えているが、複勝率は34%(日本で騎乗経験のある5つの競馬場で最低)と相性はそれほどいいものではない。しかし、京都競馬場での脚質別成績を見ると、中団からの競馬では(10・2・1・16)、勝率34.5%、複勝率44.8%、単勝回収率349%となかなかの数字を叩き出している。神出鬼没の差し戦法は秋深まる淀でも炸裂するか。
動画を見る

宝塚記念以来4か月半ぶりの出走となるが、上半期に2000m以上のレースを使い続けた疲れはとれ、動きも好調時のものに戻ったようだ。そしてパートナーにR.ムーア騎手を迎え、彼女にとってはこれ以上ないGⅠ制覇のチャンスが巡ってきた。得意の外回りコースを生かし、加速したら止まらない末脚でライバルを一蹴する。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line