TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月17日(土) 府中牝馬S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月17日(土) 府中牝馬S予想

馬キュレ
最後に府中牝馬S!



狙います!


↓↓↓

■東京11R
第63回
府中牝馬S(GIII)
芝1800m
3歳上OP

【コース分析】
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京芝1800m】

【レース分析】
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】府中牝馬S
3歳OP

※05年~14年の過去10年のデータ

各分析を踏まえ、最終結論へ。

週中のデータで残った本命候補は3頭
イリュミナンス
シャトーブランシュ
レッドリヴェール

◎イリュミナンス

週中の【レース分析】から本命候補として狙いたい条件は、前走重賞組。過去10年の馬券対象馬30頭で(9,9,7)と計25頭。ただ、前走GI組は計19頭の出走で馬券対象は1頭のみですので、GII組とGIII組を高く評価します。

前走着順なら、馬券対象馬30頭中で、前走1着~3着は計17頭。幅広い着順から馬券対象が出ていますが、基本的には前走好走組を狙うのがベターでしょう。

なお、前走が牝馬限定戦の重賞の場合、馬券対象馬13頭中12頭は前走で5着以内ですので、このグループは掲示板に載っていた馬を評価します。一方、前走が牡馬混合の重賞の場合、馬券対象馬12頭中で8頭は4着以内、1頭は6着、3頭は9着以下で、内2頭は二桁着順。前走二桁着順を狙うなら牡馬混合の重賞を使っていた馬でしょう。また、前走で重賞を使っていない馬券対象馬5頭中で3頭は1着、1頭は4着ですので、OP特別以下のクラスなら好走していることが条件になりそうです。

そして、これらの条件から本命候補は、GIIIクイーンS3着イリュミナンス、GIIIマーメイドS1着シャトーブランシュ、GIIIクイーンS2着レッドリヴェールの3頭。

最終結論として、本命はイリュミナンスです。

イリュミナンスとレッドリヴェールは甲乙付け難いですが、イリュミナンスの父マンハッタンカフェは、2012年10月以降の3年間で、このコースで計8勝。レッドリヴェールの父ステイゴールは計10勝を上げていますが、出走数の関係で勝率はマンハッタンカフェ産駒が上ですし、また、複勝率も僅かですが、マンハッタンカフェ産駒が上回ります。

一方、騎手の違いなら、2012年10月以降に東京芝1800mで、イリュミナンスに騎乗する横山さんは計12勝。レッドリヴェールに乗る戸崎くんは計11勝。勝率なら横山さんが上で、複勝率なら僅かに戸崎くんが上です。どちらも僅かな差ですが、今回は、種牡馬、騎手、いずれも勝率の高いイリュミナンスを上にする判断で決めました。

また、レッドリヴェールは輸送に心配がある点もネックです。

この2頭に次ぐのは、データに合致するシャトーブランシュ。今回は4ヶ月半振りです。2ヶ月半振りのイリュミナンスとレッドリヴェールとは、この点が違いますので、より久々の分だけ、こちらを後にします。続いてマーメイドSでシャトーブランシュの3着だったパワースポットが4番目の判断です。

以下、カフェブリリアント、ケイアイエレガント、スイートサルサまで。

カフェブリリアントは前走が牡馬混合重賞で7着。父ブライアンズタイムはコース成績も良いですし、管理する掘先生は、2012年10月以降の3年間で、このコースの勝利数と複勝率は、管理馬を出走させる調教師の中でトップは魅力的です。

ケイアイエレガントは前走安田記念5着。ヴィクトリアマイルも2着と実力があるのは間違いありませんが、過去19頭が出走した前走GI組の成績が芳しくないデータがありますので、今回はこの順番の判断です。

◎⑬イリュミナンス
○③レッドリヴェール
▲②シャトーブランシュ
☆⑪パワースポット
△⑰カフェブリリアント
△①ケイアイエレガント
△⑫スイートサルサ

≪買い方≫
単複


馬連
⑬-③②⑪⑰①⑫

3連単1頭軸マルチ
⑬-③②⑪⑰①⑫


10月17日(土)京都11Rと新潟11Rの予想はこちら↓↓↓

出走馬の過去データのみならず、厩舎データからもこの馬が◎!
京都11R・清水S予想

前走500万下1着組より高確率のデータに当てはまるのは“あの馬”だけ!
新潟11R・飛翼特別予想

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line