TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月17日(土) 清水S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月17日(土) 清水S予想

馬キュレ
続いて京都メインの「清水S」

↓↓↓

■京都11R 清水ステークス
芝1600m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都芝1600m(外)】
3歳上1600万下

※データは05年以降の10年です。

●傾向

1、配当と人気

馬連の平均配当11,164円。最高は07年83,590円。最低は12年410円。三桁配当は4回。3連単の平均配当212,582円。最高は07年1,407,450円。最低は14年2,290円。100,000円以上の配当は3回。07年を除けば馬連万馬券は05年の16,000円のみ。ヒモ荒れのケースはありますが、比較的平穏な年が多いです。

単勝人気別は、過去10年で1番人気4勝、複勝率60%。2番人気2勝、複勝率50%。3番人気0勝、複勝率70%。過去10年の馬券対象馬30頭で、3番人気以内18頭。5番人気以内で22頭。10番人気以下の馬券対象馬は2頭。

2.前走条件

過去10年の合計出走頭数は141頭。内100頭は現級の前走1600万下組(3,7,8)。ただ、出走頭数も多いですから、勝率、連対率、複勝率は、いずれも前走1000万下組より低いデータ。前走1000万下組は合計26頭出走で(2,2,2)。

一方、最も好成績を残すのは前走重賞組。合計12頭の出走で(5,1,0)と6頭が馬券対象。勝率41.7%。複勝率50%。前走クラス別の狙いは、出走しているなら前走重賞組。それに次ぐのは前走1000万組のデータ。なお、前走OP特別組の出走は過去10年で05年6着のキョウワスプレンダの1頭。この時は1番人気6着。

3.前走距離

過去10年で、最多4勝は前走1600m組。3勝は前走1800m組。2勝は前走2000m組。残る1頭は前走2200m組。2200mから出走したのは1頭で12年1着のサンレイレーザーがセントライト記念からのローテ。出走1頭の2200m組以外で、勝率が最も高いのは2000m組。これにほぼ近い数字で1800m組が続きます。ただ、連対率と複勝率は1800m組が上。

馬券対象馬は前走1200m組~前走2200m組まで幅広く出ていますが、2200m組を除くと、複勝率が20%を超えているのは前走1500m~2000m組。なお前走1400m組の複勝率は10%強。基本的には前走1500m~2000m組を狙うのがベターでしょう。

4.前走着順

過去10年の馬券対象馬30頭で、前走1着~3着は14頭と約半数。5着までを含めると計18頭。前走重賞組で馬券対象になった6頭は、2頭が前走5着、1頭が前走8着、残り3頭は二桁着順。重賞組の前走は気にする必要はないでしょう。前走1000万下組で馬券対象の6頭は全頭1着。

また前走が現級1600万下組の馬券対象馬18頭中で、14頭は前走9着以内。残り4頭は二桁着順から巻き返し。この4頭の前走は1800m組2頭、1400m以下が2頭。つまり、前走が今回と同じ1600mで二桁着順だった馬の巻き返しは0頭。

5.厩舎(京都芝1600mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

勝利数(2勝以上)
6勝・藤原英昭厩舎
5勝・橋口弘次郎厩舎
2勝・松田博資厩舎
2勝・矢作芳人厩舎
2勝・清水久詞厩舎

複勝率(出走数10回以上)
1位・藤原英昭厩舎
2位・橋口弘次郎厩舎
3位・清水久詞厩舎
4位・松田博資厩舎
5位・鈴木孝志厩舎

6.騎手(京都芝1600mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

勝利数(4勝以上)
8勝・浜中俊騎手
8勝・池添謙一騎手
5勝・福永祐一騎手
4勝・武豊騎手

複勝率
1位・福永祐一騎手
2位・武豊騎手
3位・浜中俊騎手
4位・池添謙一騎手
5位・四位洋文騎手

7.血統(京都芝1600mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

勝利数(3勝以上)
16勝ディープインパクト
6勝ダイワメジャー
3勝キングカメハメハ

複勝率(出走数10回以上)
1位ディープインパクト
2位ダイワメジャー
3位スズカマンボ

複勝率は産駒の出走数が10回未満は除いています。産駒出走数が1回のハービンジャーを入れた場合はディープインパクトの上に入ります。産駒出走回数が8回のチチカステナンゴを入れた場合はダイワメジャーの上に入ります。

以上を踏まえ、最終的な結論は…


◎ドラゴンストリート

本命はドラゴンストリートです。前述の通りクラス別で最も好成績を残すのは前走重賞組と前走1000万下組。出走馬で前走1000万下組はドラゴンストリートとテイエムゲッタドン。ただ、前走1000万下組で馬券対象になっていた馬は全て前走1着ですので、前走8着のテイエムゲッタドンは候補に入りません。前走1着のドラゴンストリートは好走馬のデータに該当します。

また重賞組は、前走NZT13着のエイシンライダー。重賞組の着順は気にする必要はありませんので、エイシンライダーも候補の上位です。

ただ、それでも過去10年の馬券対象馬30頭で、前走1着~3着は14頭と約半数。また5着までを含めると計18頭。今回の出走馬に前走で3着以内の好走組は少ないですから、やはり前走で好走していた実績は高く判断します。そのためドラゴンストリートを上の判断にしました。

更に、ドラゴンストリートを上にした別の理由。それは管理する藤原先生が前述の通り対象コースで素晴らしい成績を残していること。また、騎乗する福永くんも複勝率トップ。しかも、ドラゴンストリートの父はディープインパクト。対象コースの種牡馬成績は素晴らしいです。

いくつかのデータからドラゴンストリートが本命の判断です。

タガノエトワールは前走が距離別で最も勝率の高い2000m組。しかも前走着順は4着と過去の馬券対象馬の大半の部類に入ります。ヴィクトリアMの後に休養を挟んで復帰戦の前走は4着。二走目の上積みも期待できると思いますし、データからも狙えそうです。ただ、前走1600万下組ですので、最初の2頭よりは後に名前を出しています。

以下、ロードフェリーチェ、プリンセスジャック、ブレークビーツ、キョウエイバサラまで。

◎⑧ドラゴンストリート
○⑪エイシンライダー
▲④タガノエトワール
☆⑨ロードフェリーチェ
△⑩プリンセスジャック
△⑥ブレークビーツ
△①キョウエイバサラ

≪買い方≫
単複


馬連
⑧-⑪④⑨⑩⑥①

3連単1頭軸マルチ
⑧-⑪④⑨⑩⑥①


10月17日(土)東京11Rと新潟11Rの予想はこちら↓↓↓

人気馬に危険データずらり!狙うは伏兵からの高配当!!
東京11R・府中牝馬S予想

前走500万下1着組より高確率のデータに当てはまるのは“あの馬”だけ!
新潟11R・飛翼特別予想

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line