TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】秋華賞
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】秋華賞

馬キュレ
第20回
秋華賞(GI)
芝2000m 
コース分析ができれば馬券は当たる!【京都芝2000m】
3歳OP

※05年~14年の過去10年のデータ

●傾向

1、配当と人気

過去10年で馬連の平均配当3,909円。最高は08年の23,080円で最低は05年の180円。万馬券は08年1回。三桁配当4回。08年は例外で基本的に馬連は平穏。特に近3年は連続して三桁配当。

3連単の平均配当は1,132,874円。最高は08年の10,982,020円。最低は05年の3,580円。平均配当が100万円を超えていますが、08年の1000万馬券が押し上げています。08年を除くと100,000円を超えたのは13年の1回。他の年は3,000円台~30,000円台で、3連単の配当としては比較的平穏でしょう。

人気別は、過去10年で1番人気(2,2,3)、2番人気(5,2,1)、3番人気(2,1,0)。08年の11番人気1着以外の9年は1番人気~3番人気が1着。また、過去10年の馬券対象馬30頭で、1番人気~3番人気は18頭。5番人気以内なら22頭。つまり、馬券対象馬の70%以上は前走5着以内。基本的に上位人気が好成績で、また本命候補は3番人気以内がベターなデータです。

2.前走条件

過去10年の馬券対象馬30頭で、前走重賞組(9,8,8)と大半。特にGII組は(7,8,5)で好成績。GI組は(1,0,1)、GIII組は(1,0,2)。GI組14頭、GIII組16頭に比べて、GII組は計81頭の出走と多いですが、勝率、連対率、複勝率、いずれもGII組が最も良いデータです。一方、重賞以外のローテは、前走OP組の馬券対象馬1頭、前走1600万下組1頭、前走1000万下組2頭。中でも前走OP特別組は36頭が出走して馬券対象は1頭で、14年に紫苑Sから出走した1着ショウナンパンドラのみ。なお、この年の紫苑Sは例年の中山開催ではなく新潟開催です。データからは前走重賞組、特にGII組でしょう。

3.前走着順

過去10年の勝ち馬は、前走1着5頭、前走2着2頭、前走4着2頭、前走15着1頭。また馬券対象馬30頭の場合、前走1着(5,4,3)、前走2着(2,4,2)。前走で連対した馬が(7,8,5)と30頭中20頭を占めています。前走3着馬も入れると(7,10,7)。つまり、過去10年の馬券対象の80%は前走で3着以内に好走しています。

また、前走4着以下の6頭は、07年3着で前走8着(宝塚記念)のウオッカはダービー馬。08年1着で前走15着(ローズS)のブラックエンブレムはGIIIフラワーC1着。10年1着で前走4着(ローズS)のアパパネは春の牝馬二冠。13年1着で前走4着(ローズS)のメイショウマンボはオークス馬。13年3着で前走18着のリラコサージュはオークストライアルのスイートピーS1着。この5頭は春の時点でGIや、または1800m以上の距離で一定以上の成績を残していました。加えて、08年3着で前走16着(シリウスS)のプロヴィナージュも関東オークス(2100m)2着の実績があります。

4.前走距離

過去30頭の馬券対象馬で、前走1800m組は(7,8,4)。前走2000m組(2,2,4)。この2つの距離で(9,10,8)。これ以外の距離から参戦した馬券対象馬は前走1600m組1頭、前走2200m組1頭、前走2400m組1頭。この内、1600m組と2200m組は過去の出走数が5頭以下と少ないですが、反対に前走2400m組は、全てオークス組12頭の出走で馬券対象は06年1着のカワカミプリンセス1頭のみ。中にはオークス馬サンテミリオンも含まれていますし、オークスからの直行組には厳しいデータでしょう。

5.5着以内率

過去10年の1着馬で、デビュー以来の競走成績で「5着以内率」は、10頭中8頭は100%。また2着馬も同様のデータを調べると、10頭中5頭が100%。また90%以上のアサヒライジングとアニメイトバイオを加えると7頭が該当します。デビュー以来、安定して高いパフォーマンスを示す馬が好成績を出しています。

6.厩舎(京都芝2000mの過去3年データ)

(※登録馬の厩舎に限定)

勝利数(4勝以上)
8勝・池江泰寿厩舎
4勝・友道康夫厩舎
4勝・角居勝彦厩舎
4勝・石坂正厩舎

複勝率
1位・友道康夫厩舎
2位・池江泰寿厩舎
3位・矢作芳人厩舎
4位・松永幹夫厩舎
5位・角居勝彦厩舎

7.血統(京都芝2000mの過去3年データ)

(※登録馬の種牡馬に限定)

勝利数(5勝以上)
23勝ディープインパクト
12勝ハーツクライ
11勝キングカメハメハ
7勝ステイゴールド
5勝マンハッタンカフェ

複勝率(出走10回以上)
1位ディープインパクト
2位ハーツクライ
3位キングカメハメハ
4位マンハッタンカフェ
5位クロフネ

以上を踏まえ、現時点における評価

本命候補
タッチングスピーチ
トーセンビクトリー
ミッキークイーン

対抗候補
シングウィズジョイ
ディープジュエリー
レッツゴードンキ

穴候補
アンドリエッテ
クインズミラーグロ
クイーンズリング
ディアマイダーリン
ホワイトエレガンス


府中牝馬Sのデータはこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】府中牝馬S

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line