TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月18日(日) アイルランドT予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月18日(日) アイルランドT予想

馬キュレ
続いて、データの8号の東京メイン「アイルランドT」の最終結論です。

馬主サイドと厩舎サイドの思惑が若干ズレている可能性も否定できませんが、データ的にはこの馬からが正解でしょう!

↓↓↓

■東京11R アイルランドトロフィー
芝2000m
コース分析ができれば馬券は当たる!【東京芝2000m】
3歳上OP

※データは08年以降の7年です
※07年以前は芝1600m

●傾向

1、配当と人気

馬連の平均配当792円。最高は09年1160円。最低は10年500円。三桁配当は7年間で5回と堅め。平穏な年が続いています。3連単の平均配当35,751円。最高は10年157,190円。最低は14年2,730円。100,000円以上の配当は1回。10年以外は最高でも30,000円台。馬連と3連単はどちらも平穏です。

単勝人気は、過去7年で1番人気3勝。残りの4勝も全て6番人気以内。特に1番人気は過去7年で7頭が連対。つまり連対率は7年間で100%。2番人気でも複勝率は40%超と好成績。また、過去7年の馬券対象馬21頭中で、5番人気以内の馬券対象馬は16頭と76%を占めます。一方、10番人気以下で馬券対象は2頭のみ。

2.前走条件

過去7年の合計出走数は86頭。前走重賞組は(2,5,5)。前走OP特別組(0,1,1)。ただ、最多5勝は前走1600万下組で、計7頭の出走で(5,1,1)と勝率70%超、複勝率なら100%。狙うなら前走1600万下組のデータでしょう。

3.前走距離

過去7年で最多4勝は前走2000m組。残りは1600m組、1800m組、2400m組が各1勝。この4つの距離で出走数が10頭以上は1600m~2000m組で、勝率は高い方から、2000m、1800m、1600mの順。ただ、複勝率なら、1800m、2000m、1600mの順番になります。また馬券対象馬は、前走1600m~2600mの範囲内で出ています。主な中心は前走1800m~2000m組になりそうです。

4.前走着順

過去7年の全出走数86頭中で、前走1着だったのは6頭。その内5頭は、このレースで馬券対象(1着4頭2着1頭)になっています。また前走5着以内はいずれも複勝率30%以上で、前走好走組の信頼度は高そうです。ただ、前走6着以下も10頭が馬券対象になっていて侮れません。この6着以下は、10頭中7頭が前走重賞組、残り3頭は前走OP特別の芝2600m組、前走1600万下組の芝1600m組と芝1800m組が各1頭です。

5.厩舎(東京芝2000mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

勝利数(3勝以上)
4勝・藤沢和雄厩舎
3勝・角居勝彦厩舎
3勝・小島太厩舎

複勝率(出走数5回以上)
1位・藤原英昭厩舎
2位・角居勝彦厩舎
3位・加藤征弘厩舎
4位・小島太厩舎
5位・矢作芳人厩舎

6.騎手(東京芝2000mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

勝利数(5勝以上)
15勝・戸崎圭太騎手
13勝・蛯名正義騎手
7勝・北村宏司騎手

複勝率(出走10回以上)
1位・戸崎圭太騎手
2位・蛯名正義騎手
3位・北村宏司騎手
4位・田辺裕信騎手
5位・田中勝春騎手

7.血統(東京芝2000mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

勝利数(5勝以上)
22勝ディープインパクト
7勝マンハッタンカフェ
6勝ゼンノロブロイ

複勝率(出走10回以上)
1位ディープインパクト
2位ブライアンズタイム
3位マンハッタンカフェ
4位ゼンノロブロイ
5位シンボリクリスエス

複勝率は産駒の出走数が10回未満は除いています。産駒出走数が2回のジャイアンツコーズウェイを入れた場合はディープインパクトの上に入ります。

以上を踏まえ、最終的な結論は…


◎ライズトゥフェイム

本命はライズトゥフェイムに決めました。

ただし、この馬はほぼ中山専用でしょうし、恐らく加藤先生の見立てもそうでしょう。それでも東京で使う訳ですが、こういった場合は往々にして馬主サイドの意向が働いているものです。馬券的にその辺りをどう判断するかは難しいところですが、それでも使う以上は勝って欲しいと思うのは大半の馬主の性。こればかりは私を含めて仕方ないと思いますw。

とは言え、その辺りの話はともかく、過去7年の合計出走数86頭中で、最多5勝を上げるのは前走1600万下組。そして、前走1600万下組は86頭中7頭が出走して(5,1,1)と勝率も複勝率も高確率のデータ。今回の出走馬で該当するのはライズトゥフェイムです。

また、前走出走距離も、馬券対象馬は1600m~2600mの範囲で出ていますが、狙いの中心は前走1800m~2000m組。これにもライズトゥフェイムは該当します。更に過去7年で前走1着馬は6頭が出走し、内5頭が馬券圏内。もちろん、昇級戦のライズトゥフェイムは前走1着です。

データ上でここまで合致しますので、いくら中山専用でも無視はできませんし、やはり、調べたデータからは、この馬が本命の判断です。

別に穴馬を意識的に狙っている訳ではありませんが、「結果的に穴馬が本命になる」のはデータ予想の難しい所ですし、また、それ以上に面白い所でしょう。

ライズトゥフェイムが東京で絶対に走らないとも言い切れませんし、ジキルとハイドのように今までと全く違った姿を見せてくれて、上位に突っ込んでくるかもしれません。

次に名前を上げるのはファントムライト。前走1600万下組に次いで好成績の重賞組。距離も2000mに出走。また、前走好走組の信頼度が高いデータから判断すると、前走3着は高評価です。管理する藤原先生は2012年10月以降の3年間の東京芝2000mで好成績のデータがありますし、また騎乗する戸崎くんもデータからコース相性の良い騎手。今回も期待できそうです。

◎⑧ライズトゥフェイム
○⑥ファントムライト
▲⑦ヒストリカル
☆⑫アロマカフェ
△④ステラウインド
△②エックスマーク
△③メドウラーク

≪買い方≫
単複


馬連
⑧-⑥⑦⑫④②③

3連単1頭軸マルチ
⑧-⑥⑦⑫④②③


10月18日(日)京都11Rと新潟11Rの予想はこちら↓↓↓

⇒京都11R・秋華賞予想
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月18日(日) 秋華賞予想

⇒東京11R・信越S予想
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月18日(日) 信越S予想

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line