TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】10月18日(日)京都12R・東京6R・秋華賞予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】10月18日(日)京都12R・東京6R・秋華賞予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

秋のGIシリーズもいよいよ本格化。
明日は、京都競馬場で牝馬三冠の最終戦・秋華賞(GI)が行われます。

豪華出走メンバーを見て、まず思ったことは、

『ミッキークイーンの大外枠は大丈夫なの?』

1番人気の大外枠は、不安になりますよね。

そこで、さっそく調べてみました。


------------
☆京都芝2000m、1~3番人気馬だけが対象のデータ☆
※2010~2014年のレースが対象

☆枠番別成績
1枠(13-11-12-20/56、勝23%、連43%、回単86、複104)
2枠(15-10-13-31/69、勝22%、連36%、回単64、複81)
3枠(16-13-15-30/74、勝22%、連39%、回単100、複94)
4枠(16- 8- 8-27/59、勝27%、連41%、回単89、複79)
5枠(17-16-10-32/75、勝23%、連44%、回単83、複90)
6枠(18-14- 9-30/71、勝25%、連45%、回単72、複83)
7枠(23-10-15-36/84、勝27%、連39%、回単91、複82)
8枠(21-20- 4-43/88、勝24%、連47%、回単74、複82)

意外に平たい印象。外枠自体は問題なさそう

------------
☆4角位置
1番手  (19-12-12-14/57、勝33%、連54%、回単125、複120)
2~5番手(87-56-41-116/300、勝29%、連48%、回単93、複89)
5番手以下(50-46-37-143/276、勝18%、連35%、回単69、複76)

人気馬とはいえ、やはり後ろから行く馬に有利なコースではなさそう

------------
☆騎手 ※今回有力馬に乗る騎手のみ
岩田  (17-6-5-25/53、勝32%、連43%、回単78、複70)
浜中  (9-4-6-14/33、勝27%、連39%、回単124、複94)
武豊  (7-5-8-14/34、勝21%、連35%、回単63、複81)
ルメール(3-4-4-12/23、勝13%、連30%、回単40、複66)

昨年までの成績なので、ルメール騎手の成績は参考までに

------------
☆種牡馬 ※今回有力馬が出る種牡馬のみ
ディープインパクト(26-18-18-41/103、勝25%、連43%、回単82、複91)
キングカメハメハ (15-6-7-11/39、勝39%、連54%、回単128、複99)
ステイゴールド  (12-4-1-10/27、勝44%、連59%、回単163、複89)
マンハッタンカフェ( 7-4-7-10/28、勝25%、連39%、回単86、複95)

牡馬産駒も含まれるデータですので、ご注意ください
------------

以上、1~3番人気馬だけが対象のデータですので、くれぐれもお間違いのないように。

かえって迷ってしまったよ!なんて人も多そうですねw
ぜひ、明日の予想にお役立てください。


それでは、明日の予想に参りましょう。
日曜日のターゲットは、ダート1200mで行われる京都12R『藤森ステークス』(3歳1600万円以下)。
個人的に期待していた3歳馬ブルドッグボスは抽選で敢えなく除外。
いっぽう、ここは権利取りで次週の新潟狙いだったアースゼウスが、まさかの当選。。
これがどういった結果をもたらすでしょうか?要注目の一戦です。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。
京都ダート1200mのスタート地点は、2コーナー過ぎ、向正面の入り口付近。
スタートから3コーナーまでの距離は400mほどあり、コーナーまでは緩やかな登り坂となっている。
そして3コーナーから4コーナー手前までは下り、4コーナーから最後の直線は平坦になる。
スタート直後が登りでペースはそれほど速くならず、直線も平坦なこともあって前がなかなか止まらないコース。
4コーナーで先行勢がセーフティリードを作ってしまえば、行った行ったの決着になりやすい。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★京都ダート1200m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:サウスヴィグラス(21勝)
・勝率 :アグネスタキオン(約15%)
・連対率:キングカメハメハ(約26%)
・単回収:サウスヴィグラス(回収値138)
・複回収:キングカメハメハ(回収値102)

勝ち数1位はサウスヴィグラスだが、2位のクロフネ、ゴールドアリュールも20勝を挙げており、この3頭が拮抗している。
キングカメハメハは勝ち数は5位だが、複勝率が37%を越えており、アタマひとつ抜けている(2位は29%)。
複回収値もTOPで、特に複勝圏内でオススメできる種牡馬だ。

★☆日曜京都12R・『藤森ステークス』の予想☆★

参考にするのは、同時期に行われた過去3年の藤森ステークス。
ただし、2014年のみハンデ戦で行われている。

①傾向
過去3年の馬連平均配当は、15,670円
新しい順に19,980円、1,430円、25,590円。

万馬券が2回出ており、波乱の傾向。

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2014(6→10人気)
2013(1→3人気)
2012(10→8人気)

1番人は(1-0-1-1/3)、2番人気(0-0-0-3/3)、3番人気(0-1-0-2/3)。

人気馬の信頼度はそれほど高くない。
また、10番人気が2回連対しており要注意。

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2014(牡5_56.0→牡5_54.0)
2013(牝4_55.0→牡5_57.0)
2012(セ5_57.0→牝5_55.0)

5歳馬が5連対で優勢。

④位置取り
連対馬6頭の4角位置  ※括弧内は左が1着
2014(4→7番手) 良
2013(6→11番手) 良
2012(8→7番手) 良

6番手以降の差し馬が5連対で優勢。

⑤所属
連対馬6頭中5頭が関西馬。

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない。

⑦騎手
相性の良い騎手は川田騎手で2連勝中。

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
連対馬6頭中4頭が、8月以降に前走レースに使われていた。
残りの2頭の前走は6月だった。

⑨前走コース・距離
連対馬6頭の前走コースと距離は以下の通り。

阪神ダ1200m :3頭
新潟ダ1200m :1頭
阪神ダ1400m :1頭
東京ダ1600m :1頭

前走で阪神1200mの距離を使われた馬が3連対で優勢。

⑩前走クラス
連対馬6頭の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。

前走・1000万下 :2頭(すべて1着)
前走・1600万下 :4頭(14、9、3、13)

前走1600万下組は着順は不問。

⑪ダート1200mでの成績
連対馬6頭中5頭が、ダート1200mで2勝以上の実績を持っていた。

⑫京都ダート1200mでの成績
連対馬6頭中5頭が、京都ダート1200mで勝利、もしくは1000万クラス以上で3着内の実績があった。
残りの1頭は、京都ダート1200m未経験だった。


データは以上。

過去の配当と連対馬の人気を見る限り、なかなか一筋縄ではいかない印象だ。

まず、データ⑪からダート1200mで2勝以上の実績がない馬は割り引き。
今回、これに該当する7頭は軸馬候補から脱落。

次に、データ⑫から、京都ダート1200mの勝利実績、もしくは1000万クラス以上で3着内実績をチェックすると、
この実績のないアンナミルト、メイショウロフウ、ワディ、エイシンローリンは一歩後退。

これで残ったのは5頭。
最後にデータ⑨の前走コースから、このレースと相性の良い前走阪神ダート組を探すと、該当するのはパーティードレスだけとなる。

☆京都12R・結論☆

 ◎7枠⑭パーティードレス
 ○7枠⑬コリンブレッセ
 ▲6枠⑫ワディ
 ☆1枠②アースゼウス
 ☆4枠⑦エイシンローリン
 △1枠①アンナミルト
 △2枠③ジェネシスロック
 △8枠⑯フクノドリーム

今回、本命に推したいのは◎パーティードレス。
前走は、中団から直線で外に持ち出されると、目の覚めるような末脚で先行勢を一蹴。
勝ちパターンに持ち込んだ2着馬を、見事に差し切ってみせた。
京都ダートコースは、これまで2戦2勝の好相性で、共に上がり最速の脚で差し切り勝ち。
アースゼウスとジョリーアップが先手を譲らない展開ならハイペースは必至。
差し馬が台頭する過去のレース傾向からも、豪快な差し切りが期待できそうだ。

○は、このコース(31-21-11-87/150、勝ち数2位、連対率35%)と得意にしている武豊騎手が乗るコリンブレッセ。
武豊騎手は、本日もこのコースで2勝。明日も好騎乗を見せてくれそうだ。

▲は、ダートで13戦して掲示板を外したことがない堅実派のワディ。

☆と△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は単勝と、本命・対抗が入った7枠からの枠連

 単勝⑭
 枠連7 = 1、4、6、7

少額で軸1頭の3連複

 ⑭ = ⑬⑫②⑦①③⑯

※実績データは2010/01/01~2015/01/01に行われた京都ダート1200mが対象


-----------------------
★☆おまけ、の日曜東京6R『3歳上500万下』の予想☆★

おまけは、東京ダート1600mで行われる『3歳上500万下』をピックアップ。

このコースで狙うべきは、過去このコラムで何度か紹介しているエンパイアメーカー産駒とタピット産駒。

今回、注目を集めるベイビータピットと同じタピット産駒は、このコース(4-1-1-11/17、連対率29%、回収値単186、複100)という成績。
東京ダート1400mほどではないが、やはり積極的に狙ってみたい種牡馬だ。

よって、このレースで本命に推したいのは◎ベイビータピット。
2走前に0.3秒差の接戦を演じたソルティコメントは、すでに500万下を卒業。先週行われた1000万下特別でもハナ差2着に好走した馬だ。
その比較からベイビータピットも500万下に留まるような馬ではなく、スムーズな競馬さえ出来れば連勝も可能だろう。

相手本線は、休養明けだが実績No1の○ラジオデイズ。

☆東京6R・結論☆

 ◎①ベイビータピット
 ○⑭ラジオデイズ
 ▲⑬シェーンメーア
 △②マリーナベイ
 △⑧アバオアクー
 △⑨レッツゴースター
 △⑪ディアグリスター

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝①
 馬単① ⇔ ⑭⑬②⑧⑨⑪

少額で3連単フォーメーション(10点)
 1着 ①
 2着 ⑭
 3着 ⑬②⑧⑨⑪

 1着 ⑭
 2着 ①
 3着 ⑬②⑧⑨⑪

※実績データは2010/01/01~2015/01/01に行われた東京ダート1600mが対象

以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line