TOP > 競走馬 > 【2015年菊花賞】負けん気が強く闘争心を持つジュンツバサ
競走馬

【2015年菊花賞】負けん気が強く闘争心を持つジュンツバサ

これまで経験したレースはわずか4戦のジュンツバサだが、2連勝で挑んだセントライト記念はインを突き3着を確保。菊花賞に何とか間に合った形となったが、内に秘める素質は光るものがある。そんなジュンツバサについてまとめてみた。
馬キュレ

ジュンツバサの血統!気性的不安はない!

inyofu 父はステイゴールド、母父はアフリートだがアフリートはミスプロ系でも比較的長距離系を出す種牡馬だしズブズブでステイヤー色強い競馬をしているし少なくとも気性的な不安はないかなと感じている。

【3歳未勝利】長い末脚を披露し、素質馬を退け快勝!

動画を見る
道中は中団後方を進み、1000m通過は1.00.6とミドルペース。直線で外に持ち出されると、長い末脚で素質馬サトノメサイアとの叩き合いを制した。

【3歳以上500万以下】古馬相手でもその末脚は通用!

動画を見る
コスモボアソルテが引っ張るペースは1000m通過が1分ちょうどとミドルペース。直線ではポッカリと空いたインを突き、そこから鮮やかに突き抜け2連勝を決めた。

【セントライト記念】インでの我慢が功を奏し菊の権利取り!

動画を見る
道中は先行集団の後ろのインに位置取る。直線に入ってからスペースが狭かったが、持ち前の勝負根性でインから抜け出し3着争いを制した。
inyofu 3着 ジュンツバサ(石橋脩騎手) 「いいモノを持っています。調教に乗っていいなと思いました。これから良くなる馬ですし、メンバーが強い中、外から競馬をしてはきついので、内枠で良かったです。内で詰まれば仕方がないと思っていました。最後は根性を出して狭いところを割ってくれました。走る馬です。今後も楽しみです」

【菊花賞1週前追い切り】軽いフットワークでシャープな体つきに!

inyofu ジュンツバサの1週前追い切りは南ウッド4ハロンからサッと流す程度で53・4―39・0―12・8秒。素軽いフットワークで追いかけて併入した。前走(セントライト記念)後も順調に乗り込まれている。
inyofu 勢司調教師「この馬のセールスポイントは勝負根性。前走で3着に押し上げたのはその証し。中間はさらに体つきはシャープになっているが、気合乗りも目立つ。基本的に長距離タイプではないので、その点は少し心配。このままテンションを上げることなく本番を迎えたい」

好走には過去3走での連対数が重要!

inyofu 過去10年の出走馬について、過去3走以内の芝のレースでの連対数を調べると、優勝馬10頭はすべて過去3走以内に芝のレースで2回以上連対していた。連対数が1回以下のグループからも5頭の2着馬が出ているが、好走率では2回以上のグループと1回以下のグループとの差は歴然としている。近走での連対数もチェックしておきたい項目だ。
過去3走3連対のジュンツバサにとってはこれ以上にない強みになるデータである。

まだ4戦しかしていないが、逆に言えば他馬より伸びしろの面では大きく期待できる。ここまで大事に育ててこられた中でようやく手に入れた菊花賞の権利。ここで好レースを、そして今後いくつもの大レースに羽ばたく姿を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line