TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】富士S
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】富士S

馬キュレ
第18回
富士S(GIII)
芝1600m 
コース分析ができれば馬券は当たる!【東京芝1600m】
3歳上OP

※05年~14年の過去10年のデータ

●傾向

1、配当と人気

過去10年で馬連の平均配当11,107円。最高は09年の25,590円で最低は11年の2,320円。万馬券は4回。三桁配当0回。10回中4回で万馬券。平均配当も万馬券と荒れています。3連単の平均配当は548,028円。最高は09年の2,192,750円。最低は11年の33,270円。100,000円以上の配当は7回。100万円以上の配当も2回。こちらも馬連同様に荒れています。穴党にオススメのレースです。

人気別は、1番人気~3番人気で計5勝、5番人気以内で計8勝。荒れているレースの割に上位人気から勝ち馬が出ています。しかし、馬券対象馬は、上位人気勢の他に人気薄からも出ていて、過去10年の馬券対象馬30頭中で、10番人気以下から9頭。対象馬は幅広い人気から出ています。

2.前走条件

前走クラス別で、前走がオープン競走(10,10,8)と計28頭。複勝率は前走GIII組が最も良く、続いて、GII組、OP特別組。前走GI組は計23頭の出走で馬券対象馬は2頭のみ。狙いは前走GI組以外が良さそうです。

4.前走距離

距離別なら、前走1600m組(7,7,4)。延べ出走頭数は多いですが、馬券対象馬の中心はこの路線でしょう。また、過去の出走数は少ないですが、前走2200m組も狙い目。計7頭の出走で、馬券対象馬3頭。複勝率は40%を超えています。反対に、前走1400m以下は、計16頭が出走して、馬券対象は2頭。いずれも3着ですので、この路線を検討するなら押さえ程度がベターでしょう。

3.前走着順

前走着順別なら、前走で5着以内(8,5,5)。前走6着~9着(1,2,4)。前走10着以下(1,3,1)。基本的には前走好走組を狙った方が良さそうです。

なお、前走1600万下組の馬券対象馬は2頭いて、いずれも前走1着。前走1600万下組を狙う場合は、格上挑戦ではなく、あくまでも昇級戦の馬を狙った方が良さそうです。

また、前走OP特別組の馬券対象馬は計8頭いて、前走二桁着順は1頭のみ。OP特別組はある程度好走している方がいいでしょう。同様に、前走重賞組も概ね好走していて、馬券対象馬20頭中で、前走二桁着順は4頭のみ。しかも、その内2頭は前走GI組。残り2頭も、過去に重賞を勝っているマルカシャンクとリアルインパクトの2頭。

特にリアルインパクトの場合GI馬でしたので、前走がGI以外の二桁着順でも、過去に実績のある馬は要注意でしょう。ちなみに、この時のマルカシャンクは11番人気、リアルインパクトは9番人気。高配当に一役買っています。

5.厩舎(東京芝1600mの過去3年データ)

(※登録馬の厩舎に限定)

勝利数(5勝以上)
10勝・国枝栄厩舎
9勝・藤沢和雄厩舎
9勝・堀宣行厩舎
5勝・戸田博文厩舎

複勝率(出走数10回以上)
1位・藤沢和雄厩舎
2位・堀宣行厩舎
3位・手塚貴久厩舎
4位・畠山吉宏厩舎
5位・田中剛厩舎

6.血統(東京芝1600mの過去3年データ)

(※登録馬の種牡馬に限定)

勝利数(5勝以上)
36勝ディープインパクト
20勝ダイワメジャー
11勝キングカメハメハ
9勝ステイゴールド
5勝クロフネ

複勝率
1位スズカフェニックス
2位ディープインパクト
3位ダイワメジャー
4位ステイゴールド
5位フジキセキ

以上を踏まえ、現時点における評価

本命候補
グランシルク
サトノアラジン
マイネルホウオウ

対抗候補
フルーキー
ヤングマンパワー
ロゴタイプ

穴候補
アルバタックス
クラリティスカイ
ダノンプラチナ
ヤマカツエース


菊花賞のデータはこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】菊花賞

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line