TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月24日(土) 富士S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月24日(土) 富士S予想

馬キュレ
では最後に週中公開した通り、過去10年波乱傾向の東京メイン「富士S」です。

■東京11R
第18回
富士S(GIII)
芝1600m
3歳上OP

【コース分析】
コース分析ができれば馬券は当たる!【東京芝1600m】

【レース分析】
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】富士S

※05年~14年の過去10年のデータ

各分析を踏まえ、最終結論へ。

週中のデータで残った本命候補は3頭
グランシルク
サトノアラジン
マイネルホウオウ

上記3頭の本命候補の種牡馬成績を見るとやはりディープインパクトを父にもつサトノアラジンを本命とするのが良さそうですが、気になったのは単回収値と複回収値。共に100を切る数値であり、単回収値に関しては52。無難な的中を狙うのであればサトノからというのがデータからの推奨ですが、舞台は波乱決着の多い富士Sです。ここは、単回収値114のステイゴールド産駒グランシルクでいきます。

なお、単回収値だけでいえば、スズカフェニックス産駒のマイネルホウホウに軍配があがりますが、同馬のNHKマイルCでの成績がけん引している数値(311)。複回収値も128で連対率・複勝率共に36.4%という数値ですが、東京1600mを得意とするウインフェニックスが好走してきたのが要因の一つ。

更に、前走を振り返るとどうしても展開が向いた上での好走に見えてしまいます。
一方のグランシルクは、前走プラス12キロで出走。成長分を差し引いたとしても流石に太目残りだった前走で、それでも4着に来るのですから能力はあり。

気になるのはコース。

仲の良い関係者の方に聞いたところ、この点は陣営サイドも気にしているようで、もし今回結果が出なければ東京をしばらく使わないなんて話もあるそうです。

ということは、追い切りを見るまでもなく、今回はメイチの仕上げの可能性大。

余力残しでこの東京1600mを使い、結果が出なかったでは、

体調面の問題でダメなのか

コースの問題でダメなのか

がわかりませんからね。

コースがダメという判断をするためには、余力を残さずに仕上げるというだけでなく、他の不安材料を取り除いた上で出走するのが仮説検証の最短ルート。

その頭がある中で見た追い切りでは…見事な動きを披露。仕上がり万全です。

これまで何度かお伝えしている通り、今年の3歳馬はハイレベル。NHKマイルCの結果が影響しているのか、想定人気は④~⑤人気。

人気の盲点になりそうですし、この馬から手広く勝負します。

◎⑮グランシルク
○④マイネルホウオウ
▲⑪サトノアラジン
☆⑤ヤングマンパワー
△⑯フルーキー
△⑭ロゴタイプ
△⑫アルバタックス
△⑧ヤマカツエース

≪買い方≫
単複


馬連
⑮-④⑪⑤⑯⑭⑫⑧

3連複F
1頭目⑮
2頭目④⑪⑤
3頭目④⑪⑤⑯⑭⑫⑧


10月24日(土)京都11Rと新潟11Rの予想はこちら↓↓↓

⇒京都11R 室町S予想
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月24日(土) 室町S予想

⇒新潟11R 妙高特別予想
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】10月24日(土) 妙高特別予想


side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line