TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【10月25日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【10月25日版】

馬キュレ
勇者…
確かに勇者ではあるんですが、土曜日は人気を裏切って人気薄で持ってくるというなんとも言えない一日に。
天然系のタイプが多い惑星の勇者だけに、人気馬の時よりも人気薄の時の方が気楽に自分の感性に頼れるのかもしれないですね。そういう意味では、僕の読みもまだまだ甘いという事ですね。

さて、日曜日の勇者たちですが、柴山騎手祭が東京で巻き起こりそうな予感です。

京都で菊花賞があるという事で、東京はほぼ裏開催。
ここは11鞍騎乗で3勝以上できそうなラインナップ。


1R
セイカマルカート
ここはウォーミングアップか。馬券圏内は難しそう。

2R
◎シュペルミエール
頭鉄板という程の馬ではないが十分勝ち負けを意識できる馬。ここで勢いに乗りたいところだろう。

3R
〇ウォリアーズクロス
堀厩舎のストロングバーズのもまずまずの馬だが、頭鉄板というほどのレベルには無い。となればこの馬にもチャンスは十分にある。

4R
◎ルナディミエーレ
正直気性に難点あり。しかし、能力はかなりある。掛かって沈没…という危険もあるが、単勝10倍前後なら一か八か狙いたい。こういう馬で結果を出すと、厩舎は高く評価する。柴山の腕の見せ所。

6R
▲ダンガンコゾウ
前走は本調子に無い状態だったが、それにしても負けすぎ。大分調子は上げてきてはいるが、一変とまで言えるかどうか。とはいえ、メンバーもこれと言った中心馬がおらず人気にもなりそう。馬券的には静観していた方が良いレースか。

7R
◎ミュゼダルタニアン
こういう馬こそ狙いたいですね。内田騎手がそもそも乗り味を褒めていた馬ですし、一発狙って乗ってくるでしょう。一度叩いた上積みもありそうですし、人気もそれほどないとなれば先物買いしたい一頭です。

8R
△ショウナンラムジ
準OPで2着したのは2年半前。能力は有るのだが気が悪くてこの成績に。徹底先行する馬も少なく、展開も向かない可能性が高く、押さえの押さえ程度で良いのではないか?

9R
△ダノンキャップ
秘めた能力は有りそうですが、ここで勝ち負けになるか?というと微妙。
押さえ程度の評価で。

10R
△シャドウウィザード
前走2着も同じシャドウの別馬にミルコは乗った。その馬には先着したものの騎手が感じた能力はそこまでのものではなかったという事だろう。元々勝ち味に遅いタイプだけに、休み明けでは△が妥当だろう。

11R
▲カゼノコ
地方の雄ハッピースプリントをジャパンダートダービーで下したインパクトは忘れてはいけない。休み明けでも、展開がハマれば一発の力は秘めている。常識的には一度使ってからだろうが、パドックの気配次第では押さえても良いと思う。

12R
◎マジックタイム
準OPの上位常連。このメンバーなら休み明けでも負けられない。
追い切りでの動きもよく、ここは星勘定に入れているはずだ。

12レースに確勝級のマジックタイムが居るので、2R、4R、7Rは思い切って乗ってほしい。
2R,4R,7Rで柴山の単複馬券を買って、負けても最終で取り返す!と言う買い方をしてみようと思います。

以上です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line