TOP > レース > 【第76回菊花賞】予想家的中結果まとめ
レース

【第76回菊花賞】予想家的中結果まとめ

2015年10日25(日)京都競馬場で行われた【第76回菊花賞】うまキュレ班御用達の予想家ブログから予想結果を追いかけてみた。
馬キュレ

菊花賞はキタサンブラックが優勝

inyofu 菊花賞(GI、芝3000m)は、先団の内ラチ沿いからレースを進めた5番人気キタサンブラック(牡3、栗東・清水久)が4コーナー出口で最内に進路を取り、直線半ばから1番人気リアファルとの激しい追い比べに。これをグイッとひと伸びし抜け出すと、最後は外から2番人気リアルスティールの強襲にあったもののわずかに封じ、歓喜のゴールに先頭で飛び込んだ。勝ちタイムは3分3秒9(良)で、鞍上は北村宏騎手。クビ差の2着は中団から脚を伸ばしたリアルスティール、2着に半馬身差の3着は積極策から渋太い脚を見せたリアファルが入っている。なお、ダービー2着だった3番人気サトノラーゼンは勝ち馬から0秒5差の5着に、条件戦連勝からここに駒を進めた4番人気スティーグリッツはスタートの大出遅れが最後まで響き11着に敗れた。

▽配当
単勝4 1340円
馬連4-11 3870円
馬単4-11 9960円
3連複4-11-17 4640円
3連単4-11-17 3万8880円
(4.キタサンブラック、11.リアルスティール、17.リアファル)

【少年は競馬場で推理する】

inyofu ◎ベルーフ
○ワンダーアツレッタ
▲サトノラーゼン
△タンタアレグリア
△レッドソロモン
△ブライトエンブレム

◎ベルーフ
父は欧州ノーザンダンサー系のL系種牡馬で、同馬はLC系あたりか。 相性悪いセントライト記念組(過去20年〔1-5-3-71〕)だが、同馬は同厩のキロハナの為に 本来神戸新聞杯に行くところをセントライト記念に回ってきたという事情がある。 よって相性の悪いローテだから消しと単純に決め付けるのは早計と言えるのではないか。 しかも2走前にポテンシャルを証明しつつ、軽い凡走後という臨戦もこれ以上無い。 母はステイゴールドの妹で同馬もドLの父の割にはC要素も保有。内に拘る浜中で一発。
Mの法則(競馬予想家である今井雅宏氏が発見した競走馬の法則)をメインに馬券を組み立てるブライト氏のブログ。本命は7番人気のベルーフ。母方の血統から菊花賞向きと言われるも6着。直線追い出しも遅れる等、道中も気性の難かしさが前面に出てしまったような結果だった。

【やはり勝負は3連単!~競馬予想~】

inyofu ◎スティーグリッツ
土曜日の京都でハービンジャー産駒が3連勝、とやな感じもするんですけどね(^_^;) この産駒の馬はは力を要す馬場をドカドカ走る、というイメージなんですが、レースや調教の動きを見るとあんまりそんな感じでもないんですよね。これまでのマクリ気味のレース内容から長く橋を使えるタイプのようですし、スローだった前走で出遅れながらもキッチリ折り合うなど長丁場のレースは向きそうな感じ。

ただ、力関係が?な割にはちょっと人気になり過ぎているような気もします。
inyofu ◎スティーグリッツ
〇人気ブログランキングへ
▲タンタアレグリア
☆サトノラーゼン
△リアルスティール
△リアファル
△ブライトエンブレム
△ベルーフ
△レッドソロモン
タイトル通り3連系を中心にハイリターンを求めて中央・地方の重賞レースを中心に予想する斉藤氏のブログ。本命は4番人気のスティーグリッツ。ゲートが開く直前に立ち上がって大出遅れ。1頭だけ取り残され、最後方から徐々にポジションを上げたが11着が精いっぱいだった。

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎3タンタアレグリア
○2サトノラーゼン
▲7スティーグリッツ
☆5べルーフ
△4、9、11
inyofu 本命は、タンタアレグリア
前走は本数、時計的にもまずまずと言った感じで、動きを見ても、いかにも休み明けと言った仕上げでした。 今回は早めに栗東に入って、中間の負荷もぐっと上げてきましたし、前走からの上積みには十分期待! 前走の追いきりは、直線で追い出されると、力んで走っていて、上手く体を使えてなかった印象でしたが、今回の1週前追いきりでは、すごいリラックスして走れていて良い意味で力を抜いて走れていました。 直線で外から併せ馬とは関係ない別の馬に抜かれても、ムキにならずに、しっかり自分のテンポで走れていましたし、長い距離も上手にこなしてくれると思います
独自の好走調教データを持っているタレント天童なこの予想ブログ。本命は6番人気のタンタアレグリア。中団追走から直線はしぶとく伸びたが、上位3頭には及ばず4着。それでも重賞馬達を差しおいて掲示板に持ってくるなど力は示したといえるだろう。

【中穴狙いの競馬予想】

inyofu ◎ スティーグリッツ
〇 リアファル
▲ ミュゼエイリアン
△ リアルスティール
× レッドソロモン
× タンタアレグリア
× ミコラソン
豊富な展望予想なおかつ、注目予想家の中でも断トツの的中率を誇るたいせー氏のブログ。同氏も軸馬はスティーグリッツ。出遅れは仕方ないが、その後の騎乗捌きも全くダメだったと内田騎手が自ら非を責めてるコメントが印象に残った。

今週の馬キュン!は?

動画を見る
今週の馬キュン!は、本命キタサンブラック推しメンバー不在も、秋競馬絶好調のUmajin岡井社長がリアルスティール軸で馬連的中。芸人予想バトルで勝ち抜いた【地面】もリアファルの複勝で的中。更に馬キュンカードでキタサンブラックが買いの一頭と判断。今週は大勝利で幕を閉じた。

【こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!】

1号の予想
inyofu ◎5 ベルーフ
〇7 スティーグリッツ
▲6 レッドソロモン
☆10ブライトエンブレム
△8 ミュゼエイリアン
△17リアファル
△2 サトノラーゼン
△11リアルスティール
2号の予想
inyofu ◎3タンタアレグリア
〇17リアファル
▲5ベルーフ
☆11リアルスティール
△4キタサンブラック
△7スティーグリッツ
△10ブライトエンブレム
穴15ジュンツバサ
7号の予想
inyofu 今回は7頭選んでのくるくる3連単BOXを発動させたいと思う。

選ぶのはズバリこの7頭!

3タンタアレグリア
4キタサンブラック
5ベルーフ
7スティーグリッツ
8ミュゼエイリアン
10ブライトエンブレム
15ジュンツバサ
8号の予想
inyofu ◎⑦スティーグリッツ
○⑪リアルスティール
▲⑰リアファル
☆④キタサンブラック
△⑮ジュンツバサ
△⑧ミュゼエイリアン
△②サトノラーゼン
ブログ記事から一転、うまキュレサイトで予想することになった覆面馬主達の予想コラム。今回はなんと本命馬が全て着外と珍しく4人とも馬券につながらなかった。
↓↓↓他の覆面馬主達の予想結果の詳細はこちら↓↓↓


今年は絶対的な人気馬が不在。未知の距離もあってみんな捻りながら予想を展開したが、上位馬の殆どがトライアルの上位馬、又は重賞で好走実績のあった馬で結果は堅く収まった印象。距離や血統背景にこだわりすぎたか。レース自体は楽しめたものの、予想家達としては煮え切らない結果に終わった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line