TOP > レース > 安田記念へ向けて大激戦!京王杯スプリングカップまとめ
レース

安田記念へ向けて大激戦!京王杯スプリングカップまとめ

京王杯スプリングカップ(GII)の歴代の勝ち馬についての記事やレースをまとめてみた。
馬キュレ

東京芝1400mに未来のマイル王候補が集結!

inyofu 京王杯スプリングカップ(けいおうはいスプリングカップ)は、日本中央競馬会 (JRA) が東京競馬場の芝1400メートルで施行する中央競馬の重賞(GII)競走である。正賞は京王電鉄株式会社賞。京王杯2歳ステークスと同様、優勝杯を提供する京王電鉄から冠名が取られている。京王電鉄は東京競馬場の最寄の駅である府中競馬正門前駅に乗り入れをしている鉄道会社である。

3年連続、外国馬が優勝!?

京王杯スプリングカップは1994、1995、1996年と3年連続で外国調教馬が優勝。1994年はアメリカのスキーパラダイス、1995年はアメリカのドゥマーニ、1996年はアラブ首長国連邦のハートレイクが優勝している。
写真は1994年に優勝のスキーパラダイス(安田記念出走時)

歴代最高の名勝負といえば?

inyofu  大いなる金星の伏線は京王杯スプリングCにあった。そう、エアジハードとグラスワンダーが熾烈な死闘を繰り広げた平成11年の安田記念を振り返るには、両馬が初めて刃を交え、2頭で上位を独占した前哨戦の話が欠かせない。

今度こそ勝つ!!

前哨戦の京王杯スプリングカップではグラスワンダーが鋭い末脚で、エアジハードを含めた前を行く馬をまとめて直線で差し切り優勝。本番の安田記念でも、グラスワンダーは圧倒的な1番人気に支持されていた。これをエアジハードと蛯名騎手のコンビは黙って観ているわけにはいかなかった。
inyofu ――前走と同じ競馬をしたのではグラスワンダーを負かせない。
 そう考えたエアジハードの蛯名正義騎手は、先行した京王杯スプリングCとは一転して思い切った後方待機策を選択。グラスワンダーの背中を見遣(みや)りながらレースを運んだ。
結果は…。エアジハードの見事に後方待機策がハマり、怪物グラスワンダーをハナ差抑え大金星!
動画を見る
京王杯スプリングカップは安田記念の前哨戦として重要な役目を担っている。本レースの歴代の優勝馬には日本が世界に誇る怪物マイラーのタイキシャトルやグランプリ連覇の偉業を成したグラスワンダーの他に、近年では2012年のマイルチャンピオンシップを制し武豊騎手に久しぶりのGIタイトルをプレゼントしたサダムパッテクなどがいる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line