TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】10月31日(土)福島9R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】10月31日(土)福島9R予想

覆面馬主 巨乳の3号
皆様こんばんは、【巨乳3号】です。

先週の菊花賞は、まさかの母父サクラバクシンオー!キタサンブラックが見事勝利を収め、馬主の北島三郎氏は公約どおり『まつり』を熱唱して下さいましたね。

「勝ったら歌う」という話は前々からありましたし、実は私も「あわよくば生ライブが見られるかも」と京都にいたんですが(笑)、まさか本当に勝つとはねぇ・・・・・。

まぁ春の二冠馬が不在となれば、『皐月賞3着』『セントライト記念勝ち』という実績の持ち主に相応の注目が寄せられるのは当然ですが、やはり気になるのは母父の欄に燦然と輝く名スプリンターの名前でしょう。

「血統的には長距離向きなのに、気性が激しすぎるため短距離へ」というタイプのスプリンターの産駒なら、産駒に長距離向きが多くなることもありますが(このパターンはディクタス系が有名ですね)、サクラバクシンオーは自身も産駒も筋金入りのスプリンター傾向。

母系がこれでも、父がとんでもないスタミナ血統だったりすればまだ話は解りますが、全弟のディープインパクトやオンファイアの産駒まで含めても、芝3000m以上の勝ち馬は過去に無し。確かにあまりレース数が多いわけではない距離ではありますが、伏兵から単勝1倍台まで合計50回近く挑んで0勝では、決して得意とは言えないでしょう。

もし仮に自分がこの血統でこのぐらいの実力の馬を持っていたら、ほぼ間違いなく菊花賞を避けてマイルチャンピオンシップか、長くても天皇賞(秋)あたりまでで狙っていっただろうなぁ・・・・・とか、そもそも春先の時点でクラシック路線ではなくNHKマイルカップを狙っていたかも・・・・・などと思ってみたりもしますが、仮に競馬関係者全員が全員似たような『常識』に縛られてしまうと、こうした意外性のある出走が全く無くなったり、そもそも生産の時点で特定の傾向のみに一極集中して『このレース、出走馬の血統がどれもこれも4分の3(父と母父)同じでは』みたいなことになったり。

まぁ実際サンデーサイレンスの全盛期は『母父ノーザンテースト』が結構多く、東西のトレセンに4分の3同血の馬がひしめき合っていたわけですが、残る4分の1の違いで短距離馬になったり長距離馬になったりダート馬になったりしていますからね。
頭では解っているんですが、やっぱり『母父サクラバクシンオーの菊花賞馬』は・・・・・。
こういった先入観は冷静な狙いに影響が出てしまいがちですし、なるべく改善していきたいところです。

というわけで土曜日ですが、「福島9R 3歳以上500万下」に出走する⑩ドラゴンキングダムを紹介いたしましょう!

今回ここが約1年4ヶ月ぶりという4歳牡馬で、『普通に考えれば相当厳しい条件の、狙いにくい馬』ですが、能力的には一級品。恐らくまともに使えていれば、今頃準OPあたりまで出世していたんじゃないでしょうか。

一応休養理由は『脚部不安』となっていますが、別に骨折や屈腱炎、靭帯の炎症など「これといった特定の病名」は無く、仕上がりかけては疲労が取れず、休んで厩舎に戻してまた仕上げようとすると疲労が溜まり・・・・・と、体質の弱さが主な理由。

かと言ってじっくりじわじわ仕上げようにも、気性の悪さが災いし、追い切りで気を抜いたり暴れて余計に疲労を溜めたりという一筋縄ではいかないタイプ。2走前の競走中止も、コーナーで他に寄られたとたん「走りながら後ろ脚で立ち上がって威嚇しようとした」ことが主な原因という、筋金入りの気性難です(苦笑)。

もっともこれらは全て、まだまだヤンチャな3歳時の話です。長い休養のお陰か体質が強化され、気性も安定し、ようやく出走できる見通しが立ったのが今回のこのレース。何しろ1年以上の休養明けですので課題が無いわけではありませんが、ポリトラックで1000万下クラスの馬と比べても遜色が無いほどの動きを見せており、1700m戦でも息持ちの心配は無さそうです。

何より、当時同じレースに出走させていた馬の関係者が、口々に「ドラゴンキングダムはかなり強い」「うちの馬もそれなりに強いけどかなわないかもしれない」と、能力を褒めていたのが印象的です(実際、調教の動きがかなり飛び抜けていましたし)。体質にも気性にも難が無ければ、恐らく「ローカルの500万下」とは無縁の競走生活だったことでしょう。

印の方は

◎⑩ドラゴンキングダム
〇⑫ヴィータアレグリア
▲④シェーンメーア
△①ツクバイーメーカー
△⑦アイアムナチュラル
△②コスモナチュラル

で、◎の単複(複勝厚め)と馬連を購入する予定ですが、今回はどちらかと言えば能力を買っての『先物買い』。500万下ならいきなり勝てるだけの力はありますし、ここで勝っても負けても数走は特に注目しておきたいところです。

以上、3号でした!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line