TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】11月1日(日)カシオペアS予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】11月1日(日)カシオペアS予想

馬キュレ
覆面8号です。
続いて京都メインのカシオペアSの最終結論です。
最終的に本命としたのは3つのデータ項目がズバリとはまるあの馬です。

↓↓↓

■京都11R カシオペアS
芝1800m
コース分析ができれば馬券は当たる!【京都芝1800m】
3歳上OP

※データは05年以降の10年間

●傾向

1、配当と人気

馬連の平均配当2,387円。最高は05年の9,230円。最低は10年の250円。3連単の平均配当72,674円。最高は09年の311,670円。最低は08年の3,410円。

過去10年で1番人気5勝、2番人気2勝。勝ち馬の大半は1番人気~2番人気。また、1番人気の複勝率70%、2番人気の複勝率80%。

配当が平穏なら上位入線馬も当然人気サイド。

2.前走条件

過去10年で最多5勝は前走重賞組。馬券対象馬も(5,7,3)。複勝率でも前走OP特別組を上回っています。強いメンバーとの対戦から、相手関係がラクになったと考えれば納得のデータでしょう。

しかし、前走OP特別組の複勝率18%、前走重賞組の複勝率22%を大幅に上回るのは、前走1600万下組。過去の出走頭数は6頭と少ないですが、馬券対象馬は4頭。複勝率は約67%。今年の出走馬にいないのは残念ですが、来年以降に覚えていたいデータです。

3.前走距離

過去10年で最多5勝は前走2000m組。次いで3勝は前走1600m組に2勝の前走2400組。勝ち馬を出しているのは、この3つの距離から。反対に不振は前走1800m組。過去25頭の出走で0勝。複勝率も16%。前述の3路線は低くても20%台の複勝率ですので、1800m組の不振は否めません。なお、出走頭数は計5頭と少ないですが、前走2200m組の複勝率は60%で高い数値。

4.前走着順

前走の着順別なら高い数値は前走1着馬。複勝率は60%超。次いで前走2着から3着へと、前走着順が低いほど複勝率も下がっています。

ただし、このレースは過去10年の馬券対象馬30頭で12頭が前走二桁着順。その内8頭は前走重賞組。残り4頭中2頭は前走ポートアイランドS組。

前走好走組が成績の良いデータですが、前走重賞組やポートアイランドS組は着順に関係なく注意が必要かもしれません。

5.厩舎(京都芝1800mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

複勝率(出走数10回以上)
1位・大久保龍志厩舎
2位・池江泰寿厩舎
3位・河内洋厩舎
4位・北出成人厩舎
5位・鮫島一歩厩舎

6.騎手(京都芝1800mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・和田竜二騎手
2位・藤岡康太騎手
3位・小牧太騎手
4位・秋山真一騎手
5位・松山弘平騎手

7.血統(京都芝1800mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位ディープインパクト
2位キングカメハメハ
3位マンハッタンカフェ
4位ダイワメジャー
5位ステイゴールド

複勝率は産駒の出走数が10回未満は除いています。産駒出走数が6回のロージズインメイ、7回のスクリーンヒーローを入れた場合は、名前を出した順番でいずれもディープインパクトの上に入ります。

以上を踏まえ、最終的な結論は…

◎ウインプリメーラ

人気サイドの決着が多いレースですが、前述のデータを素直に信頼すれば、狙いたいのは前走重賞組、距離2000m、着順も好走した馬。
今回の出走馬で、それぞれのデータに合うのは、前走重賞の小倉記念(2000m)に出走して、3着と好走しているウインプリメーラでしょう。管理する大久保龍先生は、このコースは今回管理馬を出走させる調教師の中で2012年11月以降の3年間は最も良い複勝率ですし、騎乗する和田くんもコース成績で複勝率の非常に高い乗り役。

休み明けですが仕上がりもいいそうで、好成績を残す京都コースのここは、とても魅力的な1頭と判断しました。

次に名前を上げるのはトウシンモンステラ。こちらも前走重賞組。10着でしたが、宝塚記念でしたので、それほど着順は気にしなくてもいいでしょう。むしろ複勝率の高い前走2200m組という点に魅力を感じます。今年に入ってから重賞に出走するようになり、4戦で京都記念の6着が最先着ですが、14年の1年間は自己条件に9戦出走して馬券対象に8回。この安定感を加味すると、重賞からOP特別になる今回は食指の動く1頭です。父もコース成績の良いキングカメハメハですし、巻き返しを期待しています。

トーセンスターダムは前走毎日王冠5着。重賞上位の戦績はやはり魅力的です。過去25頭の出走で0勝、複勝率16%の前走1800m組ですので、この順番に名前を出しますが、父は京都コースに強いディープインパクト。乗り役も騎乗回数は5回と少ないですが、過去3年で京都芝1800mの複勝率が40%のシュタルケ騎手ですので、上位に来る可能性は十分と判断しています。

以下、ハギノハイブリッド、ダノンメジャー、グァンチャーレ、コスモソーンパークまで。

単複と馬連を本線に3連単は軽め

◎⑦ウインプリメーラ
○⑨トウシンモンステラ
▲②トーセンスターダム
☆③ハギノハイブリッド
△⑧ダノンメジャー
△⑩グァンチャーレ
△⑤コスモソーンパーク

≪買い方≫
単複


馬連
⑦-⑨②③⑧⑩⑤

3連単1頭軸マルチ
⑦-⑨②③⑧⑩⑤


11月1日(日)東京11Rと新潟11Rの予想はこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】11月1日(日)天皇賞(秋)予想
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】11月1日(日)福島民友C予想

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line