TOP > 予想/馬券 > 【第152回天皇賞(秋)】予想家的中結果まとめ
予想/馬券

【第152回天皇賞(秋)】予想家的中結果まとめ

11日1(日)東京競馬場で行われた【第152回天皇賞(秋)】うまキュレ班御用達の予想家ブログから予想結果を追いかけてみた。
馬キュレ

天皇賞(秋)はラブリーデイが優勝

inyofu 天皇賞・秋(GI、芝2000m)は、スローな流れの中を好位の内ラチ沿いで我慢した1番人気ラブリーデイ(牡5、栗東・池江)が、直線入り口でうまく外に持ち出され鞍上からゴーサインが送られると、それに瞬時に反応し鋭伸。坂上で単独先頭に立った後も脚色は衰えず、ゴール手前で10番人気ステファノスら後続勢の強襲にあったものの、最後まで凌ぎ切り、今年の宝塚記念に続く2つ目のビッグタイトルを掴んだ。勝ちタイムは1分58秒4(良)で、鞍上は浜中騎手。半馬身差の2着は中団待機から直線で鋭く脚を伸ばしたステファノス、2着に3/4馬身差の3着は6番人気イスラボニータと5番人気ショウナンパンドラで際どくなったが、イスラボニータがハナ差この争いを制している。なお、2番人気に支持されたエイシンヒカリは2番手からレースを進めたものの、勝ち馬に並ばれたときには余力が残っておらず、9着に沈んでいる。

▽配当
単勝8 340円
馬連8-14 7340円
馬単8-14 1万390円
3連複8-14-16 2万4850円
3連単8-14-16 10万9310円
(8.ラブリーデイ、14.ステファノス、16.イスラボニータ)

【少年は競馬場で推理する】

inyofu ◎人気ブログランキング
○アンビシャス
▲ダービーフィズ
△ラストインパクト
△クラレント
×ステファノス
×ヴァンセンヌ

◎人気ブログランキング
父は欧州ノーザンダンサー系のL系種牡馬で、同馬はLC系あたりか。
この文章、先週の菊花賞と全く一緒じゃないか(笑)。
ディープ産駒が18頭中9頭占める一戦。血の異端を考えても同馬しかいないだろう。
3歳馬の鮮度と休み明けなら馬群を割れる集中力の持ち主。
休み明けの弥生賞で強い内容。毎日王冠を使わなかったのがプラスに出ると見て。
Mの法則(競馬予想家である今井雅宏氏が発見した競走馬の法則)をメインに馬券を組み立てるブライト氏のブログ。本命は7番人気のサトノクラウン。好位で競馬しつつも直線で反応見せず17着と大敗。さすがに休み明け古馬GIは無理があったか。

【やはり勝負は3連単!~競馬予想~】

inyofu 本命◎はラブリーデイ
この馬に関しては軽視する方向で考えてたんですが、ソコソコいい枠を引いたので掌を返すように見直しました。戦績からもあまり条件は問わず走っていますし、京都大賞典でいつもよりは後ろからのレースで勝ち切る強い競馬。完全に負けパターンだったレースを僅差でモノにする、というのは名馬にしかできない業だと思うんですよね。それが「休み明けの前哨戦」なら尚更の事。

東京が全くダメという感じでもありませんし、ソフトな仕上げだった前走からも更に上積みアリ。やや人気が割れ加減の1・2人気ならお買い得と見ます(笑)
inyofu ◎ラブリーデイ
〇人気ブログランキングへ
▲ディサイファ
☆アンビシャス
△スピルバーグ
△ショウナンパンドラ
△ラストインパクト
△エイシンヒカリ
タイトル通り3連系を中心にハイリターンを求めて中央・地方の重賞レースを中心に予想する斉藤氏のブログ。本命は1番人気のラブリーデイ。対抗はステファノスと伏兵馬に警戒しつつここまで完璧の予想だったが、3着イスラボニータを入れておらず不的中。それでもGIで久しぶりに満足できる予想だったのではないだろうか。

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎14ステファノス
○1ディサイファ
▲8ラブリーデイ
△2、7、9、15、16、17
inyofu 本命はステファノス!
中山記念までの調教映像と見比べてもらえればすぐ分かりますが、前走の毎日王冠でも追いきりの動きが以前とは違っていて、これは成長ぶんの良さだろうと! こっからさらに状態が良くなったらどんな動きになるんだろうと楽しみにしていましたが、実際に追いきり映像を見て、鳥肌が立ちました。 スピード感、躍動感、キレ味と全てが完璧で、いつも調教の動きが素晴らしかった、調教番長のエイシンフラッシュを思い出したくらいです。 追走して、軽々と併せた相手を突き放していますが、2歳未勝利の馬とかじゃなく、準OPのトーホウストロングが相手でしたからね。 特にラストのキレ味は素晴らしかったです。
前走は、立ち遅れたアンビシャスに0.1秒負けてしまいましたが、メンバー中2位の上がりタイム
前走以上の今回は恐らくメンバー中、最速の上がりを使えると思います。
となれば、3年連続上がり最速の馬が勝っていて、6年連続馬券圏内と速い上がりが使える馬が活躍するこのレースは絶好の舞台!! 枠はちょっと外に入ってしまいましたが、この状態、この条件なら勝ち負けになると思い本命にしました。

ワイド(3点)
14ー1、7、8
馬単マルチ(6点)
14⇔1、7、8
馬連(8点)
14ー1、2、7、8、9、15、16、17
3連複フォーメーション(18点)
14ー1、7、8ー2、7、8、9、15、16、17
3連単フォーメーション(14点)
14ー1ー2、7、8、9、15、16、17
14ー2、7、8、9、15、16、17ー1
動画を見る
独自の好走調教データを持っているタレント天童なこの予想ブログ。本命は鳥肌立つほどの追い切りと早い上がりが使えると見越して10番人気ステファノスを本命。その予想通り上がり最速(33秒4)で2着に食い込み、馬連、馬単、ワイド、三連複と総取り!さらに同ブログの穴馬予想も的中。最近GIには手が届かなかったが、見事一撃で回収した。

【中穴狙いの競馬予想】

inyofu ◎ アンビシャス
〇 ディサイファ
▲ ラブリーデイ
△ エイシンヒカリ
× スピルバーグ
× ステファノス
× イスラボニータ
豊富な展望予想なおかつ、注目予想家の中でも断トツの的中率を誇るたいせー氏のブログ。本命は4番人気のアンビシャス。道中スローで掛かってしまってその分直線では弾けず5着。すんなりいけば馬券圏内もあっただろう。

今週の馬キュン!は?

動画を見る
今週の馬キュン!は、アンビシャス、アドマイヤデウスの生産者である辻牧場の辻助(たすく)氏がスペシャルゲスト登場。予想も辻氏とUmajin代表・岡井社長がラブリーデイを本命。馬券対決は空振りだったが、個人で馬連的中するなど、秋競馬は絶好調の模様。上記で取り上げた天童なこも、ステファノス軸で馬券をゲットした。

【こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!】

1号の予想
inyofu ◎ 3 サトノクラウン
〇 16イスラボニータ
▲ 9 エイシンヒカリ
☆ 14ステファノス
△ 8 ラブリーデイ
△ 17スピルバーグ
△ 2 アンビシャス
△ 1 ディサイファ
大穴12ダービーフィズ
2号の予想
inyofu ◎1ディサイファ
〇8ラブリーデイ
▲17スピルバーグ
☆9エイシンヒカリ
△16イスラボニータ
△15ショウナンパンドラ
△3サトノクラウン
穴6カレンミロティック
7号の予想
inyofu ◎8ラブリーデイ
◯1ディサイファ
▲16イスラボニータ
☆17スピルバーグ
△11ワンアンドオンリー
△3サトノクラウン
△18アドマイヤデウス

これでいく。

ラブリーデイの唯一の不安は激走後の2走ボケ。2走ボケだけは何ともよくわからない現象で、俺自身も良く引っかかっちまう。ディサイファは前走の毎日王冠はお釣り残しの仕上げ。それでいて、最後エイシンヒカリを追い詰めたのはここにきて充実急な証。逆転可能だ。ていうか、今の出来で勝ち負け出来なけりゃ、GIでは一生馬券対象に入ることは無いだろう。
8号の予想
inyofu ◎⑮ショウナンパンドラ
○⑪ワンアンドオンリー
▲⑯イスラボニータ
☆⑰スピルバーグ
△⑨エイシンヒカリ
△①ディサイファ
△③サトノクラウン
ブログ記事から一転、うまキュレサイトで予想することになった覆面馬主達の予想コラム。今回もそれぞれ異なる本命馬を挙げるも馬券に結びつかず。唯一ラブリーデイ本命に押した7号が救いだ。
↓↓↓他の覆面馬主達の予想結果の詳細はこちら↓↓↓


今年もスローペースで上がり勝負の中、今年飛躍的に成長を遂げたラブリーデイが快勝。1番人気で軸にはしやすいが、的中の決め手はやはり2着のステファノス。昨年の予想家まとめでも注目したが、やはり安定して上がりが使える馬は東京2000mでは買いだ。今年海外除いた3走は、ほぼ上がり最速なので来年もこのデータで風穴空ける馬を狙いたいところだ。また、うまキュレ班は、この度ラブリーデイから3連複的中に成功。たまにしか当たらないが是非目を通して頂きたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line