TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】JBCスプリント予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】JBCスプリント予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

さて。今度は最速のスプリント王決定戦。

2レース目は、明日大井競馬場で行われる交流重賞『JBCスプリント(JpnI)』を予想します。
レディスCの表彰式で剛力サン(プレゼンター)を見ていると、こちらのパドックが見れなくなりますので、お気をつけくださいw

まずは、恒例の大井競馬場の簡単な説明から。

☆コース☆
JBCスプリントが行われる1200mのスタート地点は、2コーナーの終わり、向正面の入り口付近。
向正面を一杯につかうコースで、3コーナーまでは距離があるため、内外の有利不利はほとんどない。
ただし、ダッシュがつかない馬が内に入ってしまうと包まれる危険性があり、時にこれが波乱を演出することもある。
直線の長い外回りコースで最後の直線は386m。スピードで一気に押し切れる距離のため、多少のハイペースでも基本的には逃げ先行馬が有利。


それでは、ここから『JBCスプリント(JpnI)』のデータ。
対象は、過去5年の連対馬10頭。

①傾向
過去5年の馬連と三連複の配当は以下のとおり。
   馬連 - 三連複
2014:7,190円-15,000円
2013:1,600円- 2,050円
2012: 260円- 870円
2011: 460円- 1,200円
2010:1,330円- 1,440円

昨年を除く4回は堅い決着だった。

②性齢
過去5年の連対馬の性別と斤量は以下のとおり。
※左が優勝馬
2014:7歳牡 → 6歳牡
2013:8歳牡 → 6歳牡
2012:5歳牡 → 6歳牡
2011:5歳牡 → 5歳牡
2010:5歳牡 → 4歳牡

5歳馬が4連対でやや優勢。
ただし、近年では6歳以上の高齢馬が5連対と活躍しており軽視は禁物。

③人気
人気馬の成績は、1番人気(3-1-0-1/5)、2番人気(2-1-0-2/5)、3番人気(0-0-2-3/5)。
また、過去5年の連対馬の人気は以下のとおり。
※左が優勝馬
2014:2人気 → 6人気
2013:1人気 → 5人気
2012:2人気 → 1人気
2011:1人気 → 2人気
2010:1人気 → 6人気

過去5年は、連対馬はすべて6番人気以内。
1番人気か2番人気が必ず連対している点に注目。

④3角位置
過去の連対馬の3角の位置取りは、以下のとおり。
※左が優勝馬
2014:2番手 → 2番手 重
2013:1番手 → 4番手 不良
2012:1番手 → 5番手 良
2011:10番手 → 3番手 良
2010:1番手 → 2番手 良

開催年毎に競馬場が異なるので、あまり参考にはならない。
大井で行われた2011年は、差し馬→先行馬の決着だった。

⑤所属
過去5年の連対馬の所属は以下のとおり。
※左が優勝馬
2014:J → 浦
2013:J → J
2012:J → J
2011:J → J
2010:J → 船

JRA所属馬が8連対で圧倒。
地方馬で連対した2頭は、共に6番人気だった

⑥血統
過去5年で複数の連対馬を出している種牡馬はキングカメハメハで1勝、2着1回。

⑦騎手
過去5年ではJRAの岩田騎手が1勝、2着1回、3着1回で好成績。

⑧前走レース
前走レース(着順)
 東京盃     :8(2、6、2、3、1、4、1、4)
 南部杯     :1(1)
 スプリンターズS:1(6)

例年、競馬場も距離も異なるので、それほど参考にはならない。
しかし、連対馬10頭中8頭は前走東京盃組で、圧倒的シェアを占める。

⑨前走距離
 大井ダ1200m :8
 盛岡ダ1600m :1
 中山芝1200m :1


データは以上。

持ち回りで行われるJBCでも、過去の開催距離が1000m~1400mと最もバラエティに富んでいるのがこのスプリント。
それでも、データ⑧から前走東京盃組がローテーションで圧倒していることは、やはり注目に値する。
さらに、今年はレディスCと同様に前哨戦と本番が同コースで行われるため、例年以上に関連性は高そうだ。

過去にJBCが大井競馬場で行われたことは5回。
その年のデータは以下の通り
-----------------
☆大井でJBCが行われた年のスプリント優勝馬と前哨戦成績☆
2011年 スーニ     ← 東京盃1着

2007年 フジノウェーブ ← 東京盃不出

2004年 マイネルセレクト← 東京盃1着

2003年 サウスヴィグラス← 東京盃2着

2001年 ノボジャック  ← 東京盃1着
-----------------
前哨戦に出走していなかった地方馬フジノウェーブを除く4頭が、前哨戦で連対を果たしていた。
余程のことがない限り、今年もこの傾向は続くだろう。

☆★最終結論★☆

 ◎ ⑥ダノンレジェンド
 ○ ⑭ドリームバレンチノ
 ▲ ⑦ノーザンリバー

今回、本命に推したいのは◎ダノンレジェンド。
昨年末にカペラSを制した後の成績は素晴らしく、唯一3着に敗れた3走前は出遅れて後手を踏んでしまったレース。
それでも最後は良い脚で勝ち馬に迫っており、負けて強しの内容だった。
近走の充実振りと、過去の東京盃優勝馬と本番との好相性から、連勝への期待は当然高まる。
ただし、人馬共スタートに若干の不安があることは否めず、内目の6番枠を引いたことで、他馬にも多少は付け入るスキがありそうだ。

相手筆頭は、毎年この時期に調子を上げる東京盃2着馬○ドリームバレンチノ。

3番手は、昨年の失敗を顧みて、敢えて前哨戦をパスした▲ノーザンリバー。

馬券の本線は馬連

 ⑥ = ⑭⑦

ここも無理をして三連単に手を出す必要はないと思うが、
買うとしたら以下の10点

 ⑥ → ⑭⑦ → ⑭⑦②③⑧⑩

さぁ、次は最後の大一番ですよ!


残りの2レースへは、以下のリンクから
JBCクラシックはこちら
JBCレディスCはこちら

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line