TOP > コラム > 全力一点少年=素イチスイッチ【11月7日(土)版】
コラム

全力一点少年=素イチスイッチ【11月7日(土)版】

馬キュレ
今週もスイッチ入りました!
先週日曜日からスタートさせた「全力一点少年=素イチスイッチ」ですが、企画初回から良い結果をお届け出来て良かったです。

3本推奨した一点勝負ですが、東京6Rが馬連1点での推奨も1着・5着の結果で不的中、東京7Rがファドーグ⇒アルファアリエスの馬単での推奨が裏をくらって、1着アルファアリエス2着ファドーグで不的中、このままでは全敗か?と思われた福島10Rのきんもくせい特別にて推奨した4人気ケルフロイデと5人気ダンツプリウスの2頭が、目論見どおりの好走で1着・2着!

ワイドで730円、なんと馬連では3900円も付いていました!

詳しくはコチラ⇒「全力一点少年=素イチスイッチ(11月1日版)」


今週も引き続き、先週のような結果を出せればと思っているしだいです!
とはいえ、東京7Rで欲をかいて馬単で推奨してしまった事は反省しなければならないですよね。
2頭推奨して1・2着で来ているのに不的中・・・やはり、一点勝負では攻めたとしても「馬連」「3連複」までとし、単・複・ワイドを合わせて5つの券種で勝負したいと思います!

さて、先週、なぜか一点勝負したい、一点勝負したい・・・とうなされるような感じでこの企画を始めたんですが、今気が付きました・・・。企画初日は11月1日だったんですね・・・。1並びの日。何かに導かれて、始めたような錯覚に陥っていましたが、タダ単に日付が1並びだっただけという、非常に単純な事が刷り込まれていただけだったんですね(苦笑)

とはいえ、まずは上々の滑り出しですし、この先も一点勝負にこだわったこのコラムを充実させていこうと思っています。

さて、11月7日土曜日の一点勝負推奨レースは、2本!


■1本目
東京1R

◎5スプリングガール
〇4サンドルトン

初戦かなり太めで新馬4着に来たレッドリッジ、距離短縮していいところが出たトモジャポルックスの2頭は正直怖いのですが、相手関係的にそれほど強いメンバーだったか?と考えると別馬に触手が伸びます。その中でも、スプリングガールのスピードはこの距離でこそ活きるのでは?と思わせるもので、ここでは中心視できます。
そして、対抗ですが、穴っぽいのですがサンドルトンを指名します。おなじみ加藤信之オーナーと松岡騎手の組み合わせ。牧場時代には中々の背中だという評判だったのですが、結果が出てないですね。前走は逃げて物見しまくっていましたし、まだまだ気性が子供なのかもしれないですが、だからこそ今回のチーク着用が一変の期待を増幅させてくれます。血統を見ても完全にダート馬。芝で降ろして、連闘したのも、使いながら仕上げる算段だったのでしょう。前走の惨敗で人気を落としているなら、なおさら狙いたい一頭です。
4-5のワイド一点勝負!


■2本目
京都10レース 長岡京ステークス

推奨する2頭は
◎10オースミナイン
〇6ブレークビーツ

まず、人気になりそうなミッキーオリビエですが、ダートで勝ち上がり、小回り小倉で連勝し、阪神外回りで3連勝とここまで全く違う条件で勝ってきていますが・・・準OPのマイルでは疑ってかかろうと思っています。500万下での小倉2000mでは力が上でしたが、基本的にパワー型に見えるので京都のマイルが合うようには見えないんですよね。実際に新馬の時のマイル戦では全然付いていけなかったわけで、いくら逃げ馬が居ないとはいえ、マイルで先行抜け出しといったレースが出来るかには疑問符が残ります。となると、蹴って美味しい!と考え、上記2頭のワイド一点勝負で行こうと思います。

ブレークビーツは平坦巧者。前走も直線で窮屈になるシーンがありながらも上がり最速で差のない競馬。平坦での伸び脚にルメールの手腕込みで再度馬券圏内の確率は高いと見ます。
オースミナインに関しては既にこのクラスは勝っており、金杯2着の実績馬。ノド鳴りがヒュイヒュイ鳴ってる状況でここ2走は惨敗しましたが、基本的な性能はこのメンバー随一。出来も悪くないですし、その上今まで苦しかった喉鳴りが快勝されたとなれば、休み明けでも好走してくれると見ました!

先行も出来るカバーストーリーが復調気配を見せているので、馬連だと紛れもあるかと考え、6-10のワイド1点で行きます。


素イチスイッチ以上です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line