TOP > エンタメ・雑学 > 2015年11月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2015年11月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2015年11月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
ゴールドアクターがアルゼンチン共和国杯で重賞初Vを決めた頃、その裏では何が起こっていた!?先週の競馬界を振り返る!
馬キュレ

【新馬戦】アルーアキャロルが7馬身差で圧勝!

inyofu 11月7日、東京競馬場で開催された第6R・メイクデビュー東京(新馬、ダ1600m)は、断然の1番人気に推されていたアルーアキャロル(牡2、美浦・新開)が、道中は好位集団の後方追走から、仕掛けられた直線では別次元の脚を繰り出してあっさり抜け出し、圧勝した。勝ちタイムは1分39秒1(良)で、鞍上は大野騎手。
inyofu 7馬身差の2着は先行策から粘り込んだ6番人気モンスターキング、2着にハナ差の3着は後方から追い上げた2番人気ナンヨーアーミーが入っている。
動画を見る
スタートで出遅れた1番人気アルーアキャロルだが、最後の直線で恐ろしい末脚を発揮し、後続に7馬身差を付け圧勝した。今後、砂のスターホースとして活躍するか、楽しみな1頭だ。

菊花賞馬キタサンブラック 有馬記念出走へ

inyofu 今年の菊花賞(GI、芝3000m)を制したキタサンブラック(牡3、栗東・清水久)が、12月27日に中山競馬場で開催される有馬記念(GI、芝2500m)へ参戦する予定であることがわかった。11月5日、管理する清水久師が明らかにしたもの。
今年の菊花賞馬キタサンブラックが、ジャパンCや香港遠征はパスし、有馬記念に出走する予定となった。中山競馬場では3戦して2勝と好相性、久しぶりの3歳馬による有馬記念制覇なるか、注目である。

昨年の2歳王者ダノンプラチナはマイルCSを回避 次走は香港を目標に

inyofu 昨年の朝日杯FSの勝ち馬であり、先月24日に行われた富士Sを快勝したダノンプラチナ(牡3、美浦・国枝)は、次走に予定していた今月22日のマイルCS(GI、芝1600m)を左前脚ザ石のため回避し、すでに登録を済ませている12月13日の香港マイル(GI、芝1600m)を目標に調整されていくことがわかった。
芝1600mでは4戦して全勝と無類の強さを誇るダノンプラチナだが、マイルチャンピオンシップを回避し、12月の香港マイルを目指す。もし優勝すれば、2005年のハットトリック以来、3頭目の快挙となる。

昨年秋天皇賞V スピルバーグが引退 種牡馬入りへ

inyofu 2014年の天皇賞・秋(GI、芝2000m)を制したスピルバーグ(牡6、美浦・藤沢和)が、現役を引退し、種牡馬入りすることがわかった。同馬を管理する藤沢和師が発表したもの。
2011年10月のデビュー戦で勝利した後は、重賞戦線で活躍するも勝ちきれないレースを続けていたスピルバーグ。だが、2014年の天皇賞(秋)では、ジェンティルドンナやエピファネイアを抑えて堂々の1着とポテンシャルの高さを見せつけた。残念ながら、その後は勝利から見放されたが、これからは種牡馬として優れた産駒を多く残してほしいものだ。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!11月8日の結果発表!

inyofu 福島12R
◎⑬アートフェスタ
○⑫テーオービックバン
▲③コスモアルヘナ
△④フォルシャー
△⑦セルバンテス
△⑤マイネルネーベル
△⑯サトノスティング

混戦の500万。福島は相性が良く、調子も上がっている。このメンバーなら面白い。
inyofu 東京12R
◎⑨チェリーサマー
○⑥トウカイビジョン
▲⑩アキノアッパー
△⑦スールキートス
△⑪ダイワストリーム
△④ナムライチバンボシ
△⑧ショウリノウタゲ

穴ならこれかなぁ、という予想だが、堅く収まりそうなので、基本的には手を出したくないレースかな?
inyofu 京都12R
◎①ムーンエクスプレス
○⑪スナッチマインド
▲⑥ナリタスターワン
△⑬ラインハート
△③アサクサティアラ
△⑨メラグラーナ
△⑫タガノリバレンス

前走は休み明けが原因、桜花賞も出た実力馬。順調ならここにいる馬じゃない。
11月8日の結果は
東京12R
○⑥トウカイビジョン 1着
▲⑩アキノアッパー 3着
とワイド的中!
京都12R
○⑪スナッチマインド 2着
▲⑥ナリタスターワン 3着
と、こちらもワイド的中!

2015年11月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
4つの重賞が行われた先週のJRAだが、
アルゼンチン共和国杯では、1番人気ゴールドアクター
京王杯2歳Sでは、2番人気ボールライトニング
ファンタジーSでは、5番人気キャンディバローズ
みやこSでは、7番人気ロワジャルダン
がそれぞれ制した。
今週末もJRAでは4つの重賞が開催される予定であり、年末までGIラッシュが続くので注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line