TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】武蔵野S
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】武蔵野S

馬キュレ
第20回
武蔵野ステークス(GIII)
ダート1600m
コース分析ができれば馬券は当たる!【東京ダ1600m】
3歳上OP

※05年~14年の10年間のデータ

●傾向

1、配当と人気

過去10年の馬連の平均配当3,940円。最高は09年の15,370円で最低は05年の420円。3連単の平均配当は156,536円。最高は09年の648,270円。最低は13年の14,010円。

過去10年の馬券対象馬30頭で、人気別は、1番人気2勝、2番人気2勝、4番人気1勝、5番人気2勝。1番人気は(2,4,1)と連対率60%、複勝率70%。6番人気以下は(3,2,8)と計13頭が馬券対象。伏兵勢から馬券対象になる馬も少なくありません。ただ、10番人気以下の馬券対象は2頭のみ。極端に人気薄の好走は少ないデータ。

2.前走条件

前走条件別で、最多4勝は重賞組(地方含む)とOP特別組。馬券対象は、重賞組(4,6,5)、OP特別組(4,4,4)。重賞組とOP特別組で(8,10,9)と大半を占めます。ただ、出走頭数は少ないですが、複勝率は前走1600万下組が最もいいデータ。

3.前走距離

前走距離別の勝利数は、1400m組が最多3勝。馬券対象は(3,2,2)。また馬券対象を多く出しているのは、前走1600m組(1,4,2)と1800m組(1,2,4)。

なお、複勝率が25%を超えているのは、1800m組、2000m組、1600m組。一方、1400m組や1200組などは10%台。前述の3距離に比べて低いデータ。

4.前走着順

前走着順別は、1着組が(5,4,2)。2着組(2,2,2)と好成績。なお、1着馬は前走オープンクラスに出走していた馬が(3,4,1)。下のクラスに出走していた1着馬は(2,0,1)。

複勝率では、前走オープンクラスに出走していた1着馬と2着馬の数値が高く、前走で下のクラスに出走していた1着馬はやや下がるデータ。

ただ、前走オープンクラスに出走していた3着以下より、前走で下のクラスに出走していた1着馬の方が複勝率は高いデータです。

5.穴馬激走パターン

過去10年の馬券対象馬30頭で、前走3着以内(7,7,4)と大半を占めます。一方、前走4着以下から巻き返した12頭は以下の通り。

前走GI(地方含む)・3頭
前走GI以外・7頭
前走芝の重賞・2頭

GI組3頭は、内1頭は前年12月以来の09年3着ワイルドワンダー。ただ、この馬は08年フェブラリーS3着や重賞勝ち実績のあった馬。残り2頭は、ともに前走5着。ダートGIで上位の走りを見せています。

GI以外の重賞組7頭は、全馬前走で4番人気以内の支持を集めていた馬。また、7頭全ての前走は1600m以外の距離に出走。支持を集めながら、距離適性の差で本来の走りができなかったのかもしれません。

芝の重賞2頭は、10年3着ブラボーデイジーと12年3着ダノンカモン。2頭とも、それ以前にダートの勝ち鞍がありました。特にダノンカモンは、この時既にダート重賞で連対実績のあった馬。

前走4着以下の馬を狙うなら、上記のデータに合致する馬を狙いたいところです。

以上を踏まえ、推奨馬は!

推奨馬
タガノトネール
ノンコノユメ
モーニン


他の重賞データはこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】エリザベス女王杯
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】デイリー杯2歳S
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】福島記念

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line