TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~東京編~【11月14日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~東京編~【11月14日版】

馬キュレ
先週の日曜は、推奨したナンゴクロマンスが1着、アールブリュットが2着!素晴らしかったね!やはり東京のダートは、ミスプロ系が強いな。

さて、明日も激走馬を探してみよう!


■東京3レース!2歳未勝利戦!
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京芝1800m】

◎9 フェイズベロシティ

スペシャルウィーク肌のキングカメハメハ産駒。ノーザンファームの生産馬。新馬戦が強かったのにはビックリしたね。あり得ないところから、2着にまで来たからな。さすが優等生のキンカメ産駒。一度叩いて調教でもしっかり手前を変えて伸びたみたいだし、ここは、確勝級だろうな。


■東京5レース!2歳新馬戦!
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京ダ1400m】

◎7 ハイデンガールズ

この血統みてビックリしたな。トワイニングが母父、父がサウスヴィグラス。ってことはだよ、フォーティナイナーの3×3、ミスタープロスペクターの4×4ってことだわな。一般的に、インブリードで最も成功事例が多いのは、4×3である。つまり、4代前の馬(6.25%の血量)と3代前の馬(12.5%の血量)が共通の馬ってことだから、足すと、18,75%となる。これが、良しとされてるのだが、時として、3×3が、とんでもない怪物を産む。例えば、フサイチコンコルド。この馬、ノーザンダンサーの3×3。牝馬の三冠馬スティルインラブは、ヘイルトゥリーズンの3×3。ただ、リスクも多く、虚弱体質だったりするケースもあって、避ける人も多い。 で、このハイデンガールズ、あんまり見たことのない、フォーティナイナーの3×3、ミスプロ4×4。明らかに、東京のダート1400mが合っていそうだし、ちょっと狙ってみても面白い気がする。


■東京11レース!武蔵野ステークス!
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京ダ1600m】

◎10ノンコノユメ

出た!トワイニングの最高傑作!今回、58キロという斤量を背負わされるが、未来のG1馬、この程度で泣かないはず。ま、馬券を買うっていうより、どんなレースをするのか、観たいね!

以上。


11月14日(土)京都と福島の「抱きしめて!ミスターP」はこちら↓↓↓
抱きしめて!ミスターP~京都編~【11月14日版】
抱きしめて!ミスターP~福島編~【11月14日版】

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line